ご覧いただきありがとうございます。ツイッターのフォロワーを増やし中です。ぜひフォローお願いします。

少年院で出会ったやばい人

みなさん、お疲れ様です!おはようございます!こんにちは!こんばんは!

もちゆうです!!

 

今回は”少年院で出会ったやばい人”について書いていきます。

どれも実体験なのでぜひ最後まで目を通してみてください。

だいたいこの記事は3分程度で読めます。

 

広告

喜連川少年院A君

サングラスをつけた男性

 

喜連川少年院というのは第1種少年院(旧中等少年院)というくくりでだいたい少年院に1、2回しか行かない少年が行くところで、犯罪もまだ可愛いものです。

ここで出会ったA君はとんでもない人でした。

 

すぐに怒り出して椅子とかをぶん投げてしまいます。

 

怒るところもよくわからず、怒り出すと教官がすぐに非常ボタンを押して、たくさんの教官が必死に走って向かってきます。

だいたい20人くらいで制圧しにきます。

※僕は制圧されたことはありません。

 

A君のやばいとこはこれを何度も何度も繰り返していまい、すぐによく映画とかで見る懲罰房のようなとこに入れられます。

少年院では違う呼び方でしたが忘れてしまいました。

こんな感じです。

 

 

本来はベットがありません。

このA君は何か薬を昔やっていたようでした。

その後遺症でしょうか?

ものすごく短気でした。

 

喜連川少年院について知りたい人は記事を用意したのでそちらを読んでみてください。

 

日本で一番厳しい喜連川少年院とはどんなとこ?

 

 

広告

喜連川少年院I君

銃を構える男性

 

喜連川少年院のI君もとても短気でした。

だいたいの人は少年院に入ると1週間ほどは個室で過ごすことになり1週間すぎると集団生活を始めます。

しかしI君は僕が知る限り1年以上は個室で過ごしていました。

個室はこんな感じです。

 

 

鑑別所とほとんど同じです

個室というのは寂しくて本来なら個室での生活は嫌がる人が多いのですが、このI君はすぐに暴れて人を殴ってしまったりするのでずっと個室でした。

個室での生活について知りたい人は記事を用意したのでそちらを読んでみてください。

 

少年院の独房はめちゃめちゃ辛かった【元非行少年】

 

 

東北少年院S君

 

東北少年院は第1種少年院(旧中等少年院)というくくりでだいたい少年院に1、2回しか行かない少年が行くところで、こちらも喜連川少年院とほとんど変わりはありません。

しかし喜連川少年院ほど厳しくはなく教官もすごくいい人たちです。

 

ここで出会ったI君はとても頭が良かったのですがとてもサイコパスでした。

犯罪歴はいきなり人を殴って襲ったり、薬が大好きだったり、します。

僕がいうのもなんですが、この人は社会に出たら絶対に人を殺すと思っていました。

実際ニュースになって現在服役中です。

 

話す内容がとてもサイコパスでなぜ人を殴ったのかと聞いても、暇だったからとかそんな感じです。

しかし、少年院では大人しく物静かでした。

本当に心を病んでいるようです。

 

こういった少年を立ち直らせるのはとても難しいです。

社会の協力が大いに必要になるかと僕は思っています。

 

 

久里浜少年院A君

 

久里浜少年院は第1種少年院(旧中等少年院)と第2種少年院(旧特別少年院)の二つの部類があります。

第1種少年院は先ほど説明したので省略します。

第2種少年院はだいたい2、3回少年院に入ってる人が分類されます。更正の余地がなく運よく少年刑務所に行かなかった人が行くとこですね。

ちなみに僕は第2種少年院でした。

 

ここで出会ったA君はとても頭が狂ってしまっています。

教官が各部屋を見回りをしているとA君が手の上にゴキブリを載せて、『これ僕のペット』と教官に話しかけたようです。

このA君も薬で頭がいかれてしまったようです….

 

あとは、ソフトボールが体育であるのですがこの時にもバットで少年に殴りかかろうとしたりしています。

すごく危ない人ですよね….

 

久里浜少年院について知りたい人は記事を用意したのでそちらを読んでみてください。

 

【元非行少年実体験】久里浜少年院とはどんなところ?

 

 

広告

もちゆうの感想

 

少年院にはこんな人ばかりなのかと思った人もいるかもしれませんが決してそうではありません。

もちろん中にはそんな人もいますがほとんどの人はただの可愛い少年です。

悔しくて泣く人もいれば、すごく真面目に頑張って更正しようと必死な人もいます。

本当にこんな人はごく一部なので安心してください。

そして非行を繰り返してしまってる人はこんなところに入らないようにしてください!!

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。 

コメントで質問も受け付けてます!!

よかったらシェアもお願いします!

 

最新記事をチェックしよう!
広告