ご覧いただきありがとうございます。ツイッターのフォロワーを増やし中です。ぜひフォローお願いします。

【元非行少年実録】覚醒剤に依存した人の末路

みなさん、お疲れ様です!おはようございます!こんにちは!こんばんは!

もちゆうです!!

今回は覚醒剤を使用した人の末路を紹介します。

 

覚醒剤は人をダメにする薬物です。絶対に使ってはいけません。もしも使っている人がいたら必ずやめさせましょう。

 

広告

覚醒剤に依存した人は幻覚に悩まされる

覚醒剤に依存した人で多いのが一生幻覚症状に悩まされます。

壁に向かってブツブツと永遠と話しかけ続けたり、空中に何かが見えたのか捕まえようとしたりします。

本当にそこに何かがあるように見えたり、目の前にいない人が見えたりするようです。

ここまでくると覚醒剤とは一生縁が切れなくなります。

 

腕からゴキブリが湧きでる幻覚に悩まされる女性


これは実際に覚醒剤の元売人から聞いた話ですが、覚醒剤を売っていた時に常連だった女性がいて、その女性は覚醒剤をやらないと幻覚症状に悩まされるようです。

その幻覚症状も腕からゴキブリが湧きでる幻覚症状のようです。

その女性の腕には掻きむしった跡が残っていたようです。

でも、ゴキブリが腕から湧きでる幻覚症状が治らないのでゴキブリに今度は名前を付けて遊ぶようになったようです。

 

覚醒剤に依存した人は常に勘ぐって生活する

覚醒剤に依存した人は警察に怯えなら生活することになります。

覚醒剤を現在は断ち切っていて、使用していなくても警察に怯えて生活します。

少しでも物音がすれば警察がガサ入れ(家に警察官が来て証拠品を押収すること)に来たのではないかと勘ぐります。

また、友人も警察のまわし者なのではないかと勘ぐって、友人関係も崩壊していきます。

家族でさえも警察関係の人に見えてきてしまい、友人も家族も分からなくなってしまいます。

 

覚醒剤は人の心も体も破壊する


覚醒剤を使うと、情緒不安定になります。突然泣き出したり、笑い出したり、自分で感情のコントロールが取れなくなります。

すると誰に何を言われても話が聞けなくなります。

また、覚醒剤の効果が切れると体がだるくなり何もしたくなくなります。仕事へも行かなくなり1日中覚醒剤の事しか考えなくなります。

他にも、覚醒剤は内臓機能を低下させます。それによって免疫力が落ちてきて様々な感染症にかかる可能性も大きくなります。

心も体も破壊するのが覚醒剤です。

 

覚醒剤に依存した人は几帳面な後遺症が残る

これは珍しい後遺症ですが、めちゃめちゃ几帳面になる人もいるようです。

どんな細かいことも気になってしまい、少しでも何か気になってしまうと永遠とそれをいじり続けてしまうようです。

 

ずっと服の繊維を気にし続ける覚醒剤依存者


これも元覚醒剤の売人から聞いた話ですが、着ている服の繊維を永遠と気にし続ける覚醒剤依存者の先輩がいたようです。

どこかへ出かける時になると、着ている服の目に見えるかどうかの繊維を永遠といじり続けるようです。

よく、セーターとか着ていると糸がほつれたりすると思います。普通ならハサミで切って終わりのはずです。

ただ、彼は違うようです。セーターの糸のような大きめの物ではなくて、めちゃめちゃ細かく目で見えるかギリギリの繊維を手で抜いているようです。

出かけると言い始めてから2、3時間くらいは服の繊維をいじっているようです。

服の繊維をいじっている時は何も話を聞いてくれないようです。それほど集中しているようです。

 

覚醒剤に依存した人は覚醒剤なしでは生きられなくなる

覚醒剤で一番怖いところは覚醒剤に依存してしまい、覚醒剤なしでは生きていけなくなることです。

覚醒剤の効果が切れるとすぐに覚醒剤を欲するようになり、覚醒剤を使わないと何もできなくなってしまうようです。

そして長時間使わないと禁断症状が出てきてしまい、その禁断症状から逃れるためにまた覚醒剤を使うという無限ループに陥ります。

 

そしてこの覚醒剤の依存症は一生物で、覚醒剤が体から抜けたからと言って覚醒剤を欲することがなくなるのではなく、5年覚醒剤を使っていなくてもある日突然、何らかの引き金で覚醒剤を使いたくなる時があるようです。

この引き金は何でもいいのです。周りに使っている人がいるとかではなくて、喉が渇いたから水を飲む、という行為だけでも覚醒剤を再び使う引き金になるようです。

ちなみになぜ水なのかと言うと、水は覚醒剤を注射器で打つ時に覚醒剤を溶かすために使うからです。

ただ水を飲むという行為だけで覚醒ざを使う引き金になってしまうのです。

覚醒剤とどうなるか、依存度について記事を用意しましたので読んでみてください。

【元非行少年実録】覚醒剤を使うとどうなる?

 

もちゆうの感想

今回は覚醒剤を使った人の末路について書きました。

本当に覚醒剤は人生をダメにする薬物です。

一度でも使用してしまうと一生覚醒剤の呪縛からは逃れられなくなります。

覚醒剤を使いたいという欲望は本人の意思が弱いのではなく、睡眠や食欲と同じで抑えきれない欲望なのです。

もしも周りで覚醒剤依存の人がいたらぜひ助けてあげてください。

全国にダルクという薬物依存者専用の施設があります。

リンクを貼っておきますのでもしも周りに薬物依存者がいるのであれば、覚醒剤に限らずダルクに相談してみてください。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

よかったらシェアもお願いします!!

最新記事をチェックしよう!
広告