ご覧いただきありがとうございます。ツイッターのフォロワーを増やし中です。ぜひフォローお願いします。

【最強営業マン】訪問販売でバカ売れするコツ4選

みなさん、お疲れ様です!おはようございます!こんにちは!こんばんは!

もちゆうです!!

今回は訪問販売でバカ売れする方法を紹介します!!

広告

1.とにかくお客さんの話を聞け!

訪問販売はいきなりお客さんの家にピンポンを押して商品を売るのが仕事です。ピンポンを押してあなたが現れるまでお客さんはあなたが売ろうとする商品のことを一切考えていません。

 

お客さんは夕飯を何にするか、今日のニュースはなんだろう、子供は何時に帰ってくるか、そなん日常のことを考えて生活しているのです。そんな中あなたがいきなりきて商品の説明などの営業をかけてもお客さんは話しなんて聞いてくれません。

 

流れは簡単です。あなたが何者なのか説明します。本当に一言でいいです。そして何しにきたのか説明します。めちゃめちゃ簡単にです。あとはお客さんと楽しく爆笑しながら話していれば商品を買ってもらえます。

 

重要なのはこの爆笑というのとお客さんの話しを聞くということです。人はみんな話が好きです。自分の話を聞いてくれる人をいい人だと思い信用する人が多いです。

 

あなたのやることはいきなり現れたのでまずお客さんに信用してもらうことです。そのために話を聞きます。とにかく相槌を打ちながら爆笑しながら聞きましょう。ちなみにお客さんが暗い話に持っていった場合は話題を変えるようにしましょう。

 

長々聞いていて契約も取れなかったら時間の無駄だよって思う人もいるかもしれません。心配無用です。一回めで顔は覚えてもらえました。次は必ず契約できるはずです。そして何より売れなかったとしてお客さんとの会話を楽しめていればモチベーションが上がります。言わなくてもわかるかもしれませんが営業マンはモチベーションが大事です!!

 

 

2.契約を迫るな!

お客さんに契約を迫ってはいけません。女の人と同じで、追えば追うほどお客さんは逃げていきます。もしも訪問販売で売りたいのなら追わずにお客さんから買いたいと言ってもらうことが大事です。

 

契約を迫らずにどうやって商品を買ってもらうのか?めちゃめちゃ簡単です。お客さんとの雑談の中で商品のことを少しづつ説明していけばいいのです。

 

そもそもどうやって商品の説明を入れていくのかというと、まずは例えばペットの話や子供の話、お客さんの興味のある話を爆笑しながら聞いていきます。お客さんが楽しそうに話し始めて少ししたら商品の話をします。あなたが会社から教えてもらった極秘トークの導入部分だけを話します。

 

お客さんはまだ雑談の話題について話足りないのでまた雑談を話始めます。それを何度か繰り返し商品の説明をしていきます。もちろんお客さんは上の空で始めは聞いているはずですがだんだんとあなたの話をしっかりと聞くよになっていきます。

 

そして雑談も終わりの頃にもう一度最初から商品説明をします。そしたらお客さんは真剣に考え始めます。あなたの商品を売るトークに間違いがあったり、お客さんのお金が無いということが起こらない限り高確率で契約が取れます。

 

契約を迫ってはいけません。雑談の中にちょっとずつ混ぜていきましょう!!

 

 

3.断られて人にもたくさん笑ってもらう

断られた人はお客さんじゃないからどっちでもいいや、と思っている営業マンもいるかもしれません。それは大きな間違いです。

 

訪問販売の営業マンなら一度はこう思ったことあると思います。「何も話していないのに断ってくるってなんだよ!」営業マンなら必ず通る道ですよね。笑

 

これは当たり前のことです。いきなり訪問販売の営業マンが来てピンポンを押すのです。お客さんは今やっていることを中断しなくてはなりません。「大丈夫です」と断りたくなるのが普通です。

 

訪問販売というのはインターホンをまずクリアしなくてはいけません。玄関まで出てきてもらって初めてトークが開始できるのですが、インターホンで断られてしまった場合は仕方ありませんが玄関まで出てきてもらった時は必ずお客さんを笑顔にしましょう。

 

もしも話を聞いてくれずに玄関先で断られてとしても絶対にお客さんを笑顔にしてください。少しの雑談でもいいのでまずはあなたが笑いましょう。そしてお客さんの笑顔を引き出しましょう!!

 

すると次の家へ訪問するときもモチベーションが上がり楽しく仕事ができます!!これは本当にオススメです!

 

 

4.売れる人と売れない人の差

これについて悩んでいる営業マンを僕はよく見かけます。これはめちゃめちゃ簡単なことです。

 

それは訪問販売を楽しんでいるのか、楽しんでいないのかその差です。僕は毎日訪問するときにとても楽しく仕事をしています。次はどんな人がくるか、どんな話をしようかな?とかワクワクしながら訪問販売をしています。

 

そして上記でも説明したように僕が訪問した先のお客さんはみんな笑顔にしようと心がけています。でも中には訪問販売を毛嫌いしている人もいるので怒られることもありますがそんなのは気にもしません。

 

もしもあなたが訪問している最中に「いつになったら売れるんだよ!」とか「本当に今日はついていないな」とかネガティブになったらそれをお客さんは敏感に感じ取ります。そう思っている時はあなたから負のオーラが全開です!

 

こうして売れない営業マンが出来上がっていき、次の日も売れない、上司に怒られる、という悪循環になり「俺は訪問販売に向いていないんじゃないか」と思い始めます。

 

売れる人はポジティブなので楽しそうに次の家次の家へと訪問します。そしてお客さんとも打ち解けやすく簡単に商品が売れていきます。たったこれだけの差で売れる人と売れない人が出来上がってしまうのです!

 

ぜひ明日からポジティブにいきましょう!!そして本気で笑いましょう!!

 

 

5.もちゆうの感想

正直訪問販売ってメンタルが強くないと大変な仕事ではあります。ただ1つ言えるのがこの世で売れない人は誰一人としていないということです。誰でも絶対に売れるます!!

 

ただ努力は必要です。たくさん勉強して、勉強会に参加して、本を読んで、自分のモチベーションを上げていく必要があります!

 

訪問販売は孤独ですが仕事以外の時間でいかに自分おモチベーションを上げられるかが大切になってきます。なんでもいいです。本を読んでもいいし、彼女と美味しいご飯を食べてもいいし、なんでもいいので自分のモチベーションを上げていきましょう。

 

今回は僕がモチベーションを上げるために何度も読んだ本を紹介します。この本を読めば必ずモチベーションは上がります!デール・カーネギーの道は開けるです!

 

内容紹介

邦訳300万部突破の世界的ベストセラー。
悩みを克服するための方法が具体的で説得力豊かに綴られた不朽の名著。

『人を動かす』と並ぶカーネギーの二大名著。
人が生きていく上で誰もが直面する「悩み」の原因を客観的に自己分析し、
心の持ちようや習慣を改め、心身の疲れを取り除く等の方法で
具体的かつ実践的に解き明かす。
苦悩するすべての人を心の闇から救いだし、行動と自己変革への勇気を与え、
新しい人生を切り開くための座右の書。
1944年の初版刊行以来、時代に合わなくなった部分を修正するなど、
折々に改訂が施されてきた現行の公式版。

引用元:amazon


道は開ける 新装版
 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

コメントで質問も受け付けてます!

よかったらシェアもお願いします!!

sales-door-to-door-sales
最新記事をチェックしよう!
広告