ご覧いただきありがとうございます。ツイッターのフォロワーを増やし中です。ぜひフォローお願いします。

少年院で本当に更生できるのか

みなさん、お疲れ様です!おはようございます!こんにちは!こんばんは!

もちゆうです!!

今回は”少年院で本当に更生できるのか”について書いていきます。

 

ちなみにこの記事を書いている僕、もちゆうは3回少年院に入っています。

なので少年院で更生できるのかどうかについて実体験をもとにしながら書いていきます。

『少年院3回も入るなんて特殊でしょ』

なんて思う人もいるかもしれませんが、少年院に入った経験がある人なら誰でも少年院に2回や3回入る可能性はあるはずです。

その理由も含めて書いていきますので最後までお付き合いください。

 

 

広告

少年院だけでは絶対に更生できない

有刺鉄線

 

先に結果を書いてしまっていますが、これは事実です。

少年院だけではほぼ更生はできません。

その理由も含めて詳しく書いていきます。

 

 

なぜ少年院だけで更生できないのか

 

少年院だけでは更生できない理由は以下の通りです。

 

少年院だけで更生できない理由

・少年院では社会を想定してしか訓練ができない

・少年院に入ると早く出たいと思って猫を被る人が多い

・素の自分を出せないので先生の指導も難しい

・少年院で抑圧されていた分社会に出てからの反動が大きい

・社会には先生がいない

・何年も同じ考え方で生きてきたのにそれを1年で変えるのは難しい

・少年院の教育も完璧ではない

・少年院の先生も少年の全てを把握できない

 

上記のような理由で少年院だけでは更生できません。

ただ理由の1つで『少年院の教育も完璧ではない』というのは仕方のないことです。

少年院側はできるだけ少年を更生させようと試行錯誤しています。

完璧ではないですが、少しづつ完璧に近づいています。

 

 

では少年院で更生するために何が重要か

 

少年院だけでは更生は難しいと分かってもらえたと思います。

でも少年院がある以上、少年を更生させる必要があります。

では少年院で更生させるために何が重要なのか少年院側・少年側に分けて書いていきます。

 

少年院で更生させるために重要な事

・少年のことをもっと知ること(少年院側)

・少年が社会に出た時のことをもっと考えさせる(少年院側)

・少年に劣等感を与えない(少年院側)

・少年院でも素で生活する(少年側)

・本気で少年院の先生から与えられた課題などの取り組む(少年側)

・猫を被らない(少年側)

 

などです。

どれもメンタル面の話なので目に見えす難しいところでもあります。

なので最初に書いたように完璧は難しいのです。

 

 

少年院で更生できなくてもいい

鉄格子

 

これは極論かもしれませんが、僕は少年院で更生できなくてもいいと思っています。

そもそも少年院でしっかりと生活できたからと言って、更生できたと言うのは間違いです。

少年院はあくまでスタートラインであって、ゴールではありません。

なので少年院で更生するのは不可能です。

ではどうするべきなのか書いていきます。

 

 

少年院での生活はそんなに重要ではない

 

先日僕はこのようなツイートをしました。

 

 

このツイートの通り、少年院で頑張っている人ほど再犯する人が多いように思えます。

それは少年院での生活の目的が少年院を早く出ることになっているからです。

 

このツイートからも分かるように、少年院での生活はそんなに重要ではありません。

それよりも社会に出てどんな生活を送るかが重要になります。

社会に出て重要になりそうな項目を次にまとめました。

 

 

少年院を出た後が重要

 

少年院での生活よりも少年院を出た後の生活の方が重要です。

と言うのは、少年院での生活あくまで準備でしかなく、社会が本番だからです。

 

社会に出てどんな点が重要かまとめました。

 

社会に出て重要なこと

・交友関係(不良との付き合いがないか)

・規則正しい生活を送っているか

・定職に就いているか

・お金の管理ができているか

・自立できているか

 

上記のが主に重要になる事だと思います。

少年院でどんな生活を送っているかよりも重要です。

正直、上記のことができていれば少年院でどんな生活を送っていても更生できます。

 

 

少年院で更生できないなら少年院は必要ないのか

雪の積もる刑務所

 

では少年院で更生できななら少年院は必要ないのでしょうか?

その辺りを書いていきたいと思います。

ちなみに少年院は更生できないけど絶対に必要な場所だと思います。

 

 

少年院が必要な理由

 

少年院が必要な理由をまとめました。

 

少年院が必要な理由

・少年院に入ることで多くのことを学べる

・考え方が変わる

・社会に出るための準備運動としてはとても大事

・勉強ができる

・少年院がなくなったら少年に生き方を教えてくれる人がいなくなる

・少年が更生する機会を失う

 

などの理由で少年院が必要です。

これ以外にも理由はあるかもしれませんが、少年院を経験した僕が思う理由は上記の通りです。

 

 

少年院では多くのことを学べる

 

少年院では多くのことを学べます。

僕は3回も少年院に入りましたが少年院に入る度に学べることがありました。

少年院で学べることを下記にまとめました。

 

少年院で学べること

・考え方が変わる

・社会のから隔離されているのでじっくりと自分と向き合える

・時間が多くあるので普段挑戦しないことに挑戦できる

・新しい自分に気づける

・非行をしていた自分と向き合えて価値観が変わる

・これからの目標ができる

 

人それぞれ学べることは違うかもしれませんが、僕は上記のようなことが主に学べました。

なので体験者からすると少年院が必要です。

また、「少年院に入って良かった」と言う非行少年が多いのも事実です。

 

 

少年院に入っても更生できなかった僕の場合

さびれた有刺鉄線

 

実際に僕の例を出して、なぜ1回で更生できなかったのか、どうすれば良かったのかなど書いていきます。

あくまで僕の例なので参考程度に読んでください。

 

 

なぜ3回も少年院に入ってしまったのか

 

僕が少年院に3回も入ってしまった理由をまとめました。

 

少年院に3回も入ってしまった理由

・社会に出て孤独だった

・なので昔の不良仲間と連絡を取ってしまった

・仕事が長続きしなかった

・仕事を辞めたことで生活リズムが乱れた

・お金の使い方が雑だった

 

上記のような理由で3回も少年院に入ってしまいました。

少年院を出ると毎回、地元から離れて仕事をするのですが、友達がいないので孤独になってしまい、地元に戻ってしまいます。

そして昔の不良仲間と再び非行をしてしまっていました。

 

 

どうするれば3回も少年院に入らなかったか

 

この題名を決めた時からどうすれば良かったか全く思いつきませんでした。

と言うのも、どうしても少年院に3回入る自分が思い出されてしまうからです。

 

人それぞれなので難しことですが1つ言うと、孤独でなかったら再び非行をすることはなかったです。

 

少年院の中では不良仲間と付き合うのはダメと教えられます。

なので社会に出てから不良仲間となるべく付き合わないようにします。

すると必然的に仲間がいなくなってしまいます。

そして孤独になってしまうのです。

 

孤独という問題を解決するのは難しいですが、解決できれば再び非行をすることはないと思います。

しかし、不良仲間と付き合ってはダメです。

一緒に非行をしていた仲間と再び付き合っていいことをするとは思えません。

 

 

もちゆうの感想

 

今回は”少年院では更生できるのか”について書いてきました。

なかなか難しい問題だと思います。

僕も何度も失敗しました。

 

この記事を最後まで読んでくれた人なら分かると思いますが、少年院の中よりも社会に出た後の方が重要です。

なので社会に出てからの周りの協力が大事になってきます。

ぜひサポートしてあげてください。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

よかったらシェアもお願いします!!

最新記事をチェックしよう!
広告