ご覧いただきありがとうございます。ツイッターのフォロワーを増やし中です。ぜひフォローお願いします。

少年院に入ると前科は付くのか?

みなさん、お疲れ様です!おはようございます!こんにちは!こんばんは!

もちゆうです!!

今回は”少年院に入ると前科は付くのか?”について書いていきます。

 

この記事を書いている僕、もちゆう自身も少年院に入った経験があり、少年院に入った回数は合計で3回です。

『そこまで少年院を経験していると生きづらいのでは?』なんて言われることもありますがそんなことはありません。

その理由に少年院に入ったことで前科が付くかどうかが関係しています。

なので今回は少年院と前科の関係について書いていきたいと思います。

特に少年院に入ると前科が付くと思っている人は最後までこの記事を読んでもらえるとありがたいです。

だいたい3分程度で読める記事となっているのでお付き合いください。

 

 

広告

少年院に入ると前科は付くのか

 

この記事の題名でもある少年院に入ると前科が付くかどうかについて書いていきます。

また理由も含めて書いていきます。

ぜひ詳しく知ってください。

 

 

少年院に入ると前科が付くのか

 

少年院に入っても前科はつきません!!

 

少年院に入って前科が付くと思っている人が多いですが少年院に入っただけでは前科は絶対に付きません。

もちろん少年でも前科が付くこともあります。

ただ少年院に入っても前科は付きません。

その理由などは次で紹介します。

 

少年院に入っても前科が付かない理由

 

少年院に入っても前科が付かない理由をまとめました。

 

・少年にはまだ更生の余地が大いにある

・少年に前科が付くことで更生の余地があるのに人生を諦めてしまう

・これから生活する上で前科が足かせになってしまう

・そもそも少年院自体が少年に罰を与える施設ではない

 

この中でも大きな理由としては”少年に前科が付くことで更生の余地があるのに人生を諦めてしまう”という理由です。

 

少年はまだ考え方が未熟で必要な教育をすれば更生する余地があります。

そんな少年に前科を付けてしまうと前科者だという自分に絶望してしまったり、自分は犯罪者としてしか生きていけないと思い込んでしまって更生の妨げになってしまいます。

なので少年に前科が付くことはありません。

 

 

広告

少年院に入っても前科は付かないが前歴は付く

 

少年院に入っても前科は付かないと先ほど書いたと思います。

でも前科は付きませんが前歴というのが付きます。

では前科と前歴とでは何が違うのか書いていきます。

 

 

前科と前歴の違い

 

まずは前科と前歴を比べたのをまとめたので見てください。

 

・前科が付くと職業の幅が制限される

・前歴は特に職業の幅が制限されることはない

・前科がつくと取れる資格に制限がされる

・前歴は特に取れる資格に制限はない

・前科が付いて再犯すると罪が重くなる

・前歴は特に関係ない

 

などが主な違いになります。

前科は過去に犯罪を犯して有罪判決を受けた場合に付きます。

前歴は過去に取り調べは受けたけど有罪判決ではなかった場合に付きます。

少年は基本的に有罪判決とかはありません。

なので前科が付くことはありません。

 

『前科が付かないことはわかったけど前歴が付くとどうなるの?』

って思う人が多いと思うので実際に前歴が付くとどうなるのかを次に書いていきます。

 

 

前歴が付くとどうなるのか

 

前歴がついても一切生活に不自由はありません!!

 

もちろん前歴が付くことで警察のデータベースに自身のやってきたことが残りますがそれが表に出ることは無く 、そのデータベースも警察しか見ることはできません。

あえて不自由な点をあげるとすると

 

・警察に職務質問された時が長くなる(細かく持ち物検査などされるため)

・再び犯罪をして捕まってしまった場合は少年院に入る可能性が高くなる

 

この2つくらいです。

別にどちらも悪い事しなければいいだけの話なのであまり関係ありません。

 

 

少年でも前科が残る場合

 

前科や前歴については詳しくわかってもらえたと思います。

しかし、もう1つ知ってもらいたいことがあります。

それは少年でも前科が付くことがあるという事です。

詳しく書いていきます。

 

 

どんな場合に前科が付くのか

 

まず少年が逮捕されると警察の取り調べを受けます。

次に鑑別所と呼ばれる場所に入り、家庭裁判所での判決を待ちます。

鑑別所に入ってから1ヶ月程度で家庭裁判所で審判(大人の場合は裁判と呼ぶ)があります。

そこで判決を受けるのですがこの判決の種類によっては前科が付くことがあります。

判決の種類を以下にまとめました。

 

保護観察処分とは

保護観察処分とは、社会に出て決められた規則を守りながら更生を目指すという処分です。

規則としては仕事をするなどの更生するのに必要な規則が決まっています。

そして、保護司と呼ばれる地元のおじさんなどに月に2回ほど面接をしてもらいます。

ちなみに保護観察中に非行をしてしまうと少年院に入る可能性が高くなります。

 

試験観察とは

試験観察とは、一度社会に戻して更生できるのか試してみて後日処分を判断するという方法です。

試験観察中に非行をすれば間違いなく少年院に入ることになります。

保護観察と同じで規則がいくつか決まっています。

簡単に言うと保釈みたいな感じです。

 

少年院送致とは

少年院送致とはある一定の期間少年院で生活を送り更生を目指す処分です。

期間は人それぞれ違い、非行の度合いやその少年の凶悪性などで決まります。

全て裁判官が決めるので自分でどうこうできる事ではありません。

 

検察官送致とは

検察官送致とは、大人と同じ裁判を受けることを言います。

大きな事件を起こすと検察官送致になることがあります。

検察官送致されるとほぼ懲役刑が確定します。

 

この中で1つだけ少年でも前科が残る判決があります。

それは”検察官送致”という処分です。

 

先ほども書きましたが、検察官送致という処分は大人と同じ裁判を受ける処分です。

なので懲役刑や禁固刑などを受けることになります。

検察官送致という処分を受けた場合に有罪判決ならば必ず前科が付きます。

 

しかし、検察官送致になるのはかなり重大な犯罪を犯した場合です。

殺人事件など人命に関わる事件などを起こした場合はほぼ検察官送致になります。

なので多くの少年が保護観察か少年院送致になります。

 

 

広告

もちゆうの感想

 

今回は少年院に入ると前科が残るかどうかについて書いてきました。

少年院に入ると前科が残ると思っている人が多いのでこの記事をきっかけに少年院に入った場合は前科ではなく、前歴が残ると知ってもらえるとありがたいです。

他にも少年院について知らないことが多いと思うのでぜひ他の記事も読んでみてください。

そしてもっと少年院について知ってもらえると嬉しいです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

よかったらシェアもお願いします!!

最新記事をチェックしよう!
広告