ご覧いただきありがとうございます。ツイッターのフォロワーを増やし中です。ぜひフォローお願いします。

少年院での生活が思った以上に楽しくて驚愕【実体験】

こんにちはもちゆうです。

この記事を書いている僕もちゆうは少年院に3回入りました。

 

少年院での生活と聞くと次のようなイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。

 

・喧嘩ばかりしてそう

・少年院の先生に殴られそう

・めちゃくちゃ治安が悪そう

 

などのイメージを持っている人が多いかと思います。

でも少年院での生活はそんな事はありません。

実際に少年院で生活の実態を書いていきます。

少しだけお付き合いください。

 

 

広告

少年院での生活は楽しい!?

湖

 

『少年院が楽しいなんてあり得るの?』

なんて声が聞こえてきそうですが、少年院は楽しいです。

詳しく説明していきます。

 

少年院での1日に生活

 

少年院ではどんな生活を送っているのか簡単にまとめました。

とある平日の生活は次のような感じです。

 

7:00起床
7:30掃除
8:00朝食
8:30朝食終了 余暇
9:00出寮 朝礼
9:30職業訓練
11:00職業訓練終了 昼礼
12:00昼食
12:30昼食終了 余暇
13:00出寮
13:00体育 職業訓練
16:00職業訓練終了 夕礼
17:00夕食
17:00夕食終了 余暇
18:00余暇
20:00テレビ
21:00就寝

 

休日になると日課が違いますがほぼ変わりはありません。

 

合わせて読みたい

みなさん、お疲れ様です!おはようございます!こんにちは!こんばんは!もちゆうです!!今回は少年院での1日の生活について紹介します!それぞれ少年院によって1日の流れが違いますので参考程度に読んでみてください。 (ads[…]

 

少年院は意外と楽しい

 

世の中の少年院に対するイメージをまとめました。

 

・喧嘩が多そう

・他罰がある

・ご飯の際にデザートとか奪われる

・いじめがある

・喧嘩とか強い奴が仕切っている

・なので逆らうと殴られる

・無秩序

 

こんな声が聞こえてきました。

テレビや映画、聞いた話などでしか少年院という場所を知れないので仕方ないことです。

実際はそんなことありません。

みんなルールを守って更生に向けて必死に生活しています。

 

『でも厳しいのは事実でしょ?』

なんて声も聞こえてきそうです。

厳しいのは事実です。

でもその厳しさがあるから楽しさを感じれます。

本気で何かをやる事の楽しさ、必死に生きる楽しさ、非行少年が味わったことがないであろう事をやるので楽しいです。

 

少年院での生活が楽しい理由

 

少年院での生活が楽しい理由をまとめました。

 

・先生が本気で向き合ってくれるので自分も本気になれる

・必死に生活する事でやりがいを感じるようになる

・できなかった事ができるようになる達成感を感じる

・自分が成長している事に気づいて楽しくなる

・新たな自分を発見できる

・何かに打ち込む事が楽しくなる

 

上記が主な理由です。

みなさんが思っている少年院のイメージと少し違うかもしれません。

これが少年院の実態です。

 

ただどの理由にも共通して言えるのは、少年院で頑張ろうとする人のみが楽しいと感じれるという事です。

いい加減に生活している人や、中途半端な生活をしている人は少年院を楽しいとは思いません。

ただ面倒くさいだけです。

 

もちゆう
少年院での生活は人によっては面倒くさいと感じるだけ何もためにならないと思っている人が多いです。しかし実際に少年院での生活を送ってみると学べることも多くあります。

 

広告

少年院での生活が楽しくないと思うのは前半

草原に差し込む光

 

『少年院での生活は楽しい』と書いてきましたがもちろん楽しいだけではありません。

辛い事もあるし大変な事も多くあります。

でも少年院での生活の前半だけが辛い事が多いのでまずは少年院での生活の前半について詳しく書いていきます。

 

少年院での生活は前半が苦しい

 

少年院に初めて入る人は特に前半は苦しいと思う人が多いです。

苦しいと思う理由についてまとめました。

 

・毎日怒られてばかり

・覚える事が多すぎる

・他の少年と勝手に話す事すら許されない

・孤独

・自由が無い

 

などが主な理由です。

捕まる前は自由に生活できて、仲間もいて孤独ではなかったと思います。

しかし少年院に入ってくればいきなり孤独になり勝手に会話をする事すら許されません。

さらに毎日先生に怒られてばかりです。

 

社会とのギャップに苦しんでいるのに先生にも毎日怒られてばかりでは精神が持ちません。

なので少年院での生活の前半は辛いと感じる人がほとんどです。

 

少年院の生活が苦しいのは前半だけで後半は楽しくなる

 

苦しいのは前半だけです。

後半になれば少年院での生活が楽しくなってきます。

 

前半は少年院の厳しさを知るために怒られてばかりです。

そして先生の信用も無いので何もできません。

しかし後半になると先生からの信用も得てきて色々な責任ある事を任されるようになります。

すると少年院での生活が楽しくなってきます。

 

また、少年院でだいたい3ヶ月くらい生活をすれば慣れてきて環境にも適応できるようになるのである程度のことは我慢できるようになります。

すると不自由なはずなのに不自由さを感じなくなってきます。

 

少年院での生活が楽しいか楽しくないかはやる気次第

冬の湖

 

少年院の前半は苦しいけど後半になると楽しくなると書いてきました。

しかし少年院の生活が一切楽しくなかったという声もきます。

そのあたりの違いについて書いていきます。

 

少年院での生活が楽しくない理由

 

少年院が楽しくないと思う人がいる理由をまとめました。

 

・やる気が無い

・本気になれていない

・成長しようと努力していない

・自分のやるべき事を知っていない

・本気で更生しようと思っていない

 

などが主な理由です。

少年院での生活が楽しくないと思える人が悪いとは思いません。

しかし少年院での生活が楽しいと思えるのは本気で変わりたいと思っているからです。

 

でも実際問題、少年院で頑張って生活している人ほど再犯(再び犯罪をする事)する人が多いように思えます。

なので一概にどちらが悪いとは言えません。

 

広告

少年院での生活は楽しいし勉強になる

 

最後は僕の個人的な意見も入れて書いていきます。

個人的には少年院は楽しかったし勉強になったと思っています。

その辺りを書いていきます。

 

少年院で生活した時間は今までの人生の中で一番密度の濃い時間でした。

その理由をまとめました。

 

・自分の成長を感じれた

・新しい自分を発見できた

・本気になる楽しさを知った

・努力すればなんでもできる事を知った

・自分と向き合う大事さを知った

 

上記からも分かるように新しい事を知れる事や、自分の成長に関する事に楽しさや勉強になったと思えました。

 

どんなに少年院で生活を送っていてやる気がなくても勉強になるのには間違いがありません。

どんな人でも少年院で1年とか生活すれば間違いなく勉強になります。

僕は心から少年院に入ってよかったと思っています。

 

広告

もちゆうの感想

 

少年院での生活は楽しいという事を書いてきました。

題名を見た瞬間に『この人何言ってるの?』

って思った人もいたかもしれません。

しかし、この記事を読んでくれた人なら少年院が楽しい理由が分かってもらえたと思います。

最後に言っておきますが少年院が楽しいのは、娯楽的な楽しみではなく勉強的な楽しみです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

よかったらシェアもお願いします!!

浜辺を歩く父と子
最新記事をチェックしよう!
広告