ご覧いただきありがとうございます。ツイッターのフォロワーを増やし中です。ぜひフォローお願いします。

少年院に3回入ったもちゆうが語る少年院の裏話

みなさん、お疲れ様です!おはようございます!こんにちは!こんばんは!

もちゆうです!!

今回は”少年院に3回入ったもちゆうが語る少年院の裏話”について紹介します。

 

少年院はとても閉鎖的な空間で、少年院で行われている活動内容があまり表にでることはありません。

なので少年院に3回入った僕、もちゆうが少年院体験談を含めて裏話を紹介していきます。

皆さんは少年院に対してどんなイメージを持っていますか?

この記事を読んだらきっと少年院のイメージが変わるはずです。

 

 

広告

少年院ではいじめが一切ないわけではない裏話

いじめ

 

『少年院でいじめは凄そう』

と思っている人が多いと思います。

しかし。実際は少年院ではいじめはほとんどありません。

その中でも少しはあるのでどんないじめがあるのか裏話を書いていきます。

 

 

少年院ではいじめが少ない

 

冒頭でも書いてように少年院でいじめは少ないです。

皆さんが思っているような、ご飯を取られたりとか、物を隠されたりとか、いきなり殴られたりとかはありません。

 

『でも少年院って悪い人が集まるところだからいじめがあるのが普通でしょ』

って思う人も多いかもしれません。

しかし、本当にいじめは少ないです。

その理由としては

 

少年院でいじめが少ない理由

・いじめをすると少年院にいる期間が延びてしまう

・案外みんな仲が良い

・いじめをするほどみんな暇ではない

・そもそもいじめをする隙がない(先生が常に見張っているので)

・24時間一緒に生活していると嫌いでも仲良くなる

 

この中でもいじめが少ない1番の理由が、少年院にいる期間が延びてしまうという理由です。

少年院には規則があります。

その規則の中にいじめをしてはダメという規則があります。

なのでいじめをしてしまうと、長ければ3ヶ月、短くても半月は少年院にいる期間が延びてしまいます。

なのでいじめは少ないです。

いじめについてもっと知りたい人は記事を用意したので読んでみてください。

 

【元非行少年実録】少年院ではいじめが全くない理由

 

 

その中でもあるいじめ

 

しかし、いじめもゼロでは決してありません。

本当に些細な事などでいじめがある場合があります。

いじめの内容としては

 

少年院であるいじめの内容

・何かあると舌打ちされる

・何かするとすぐに先生に告げ口される

・集会(みんなから助言をもらう時間)の時に嫌味を言われる

・少しからかわれる

・あまり相手にされない

 

こんな感じです。

本当に些細な事でいじめをするという感じです。

上記の内容のいじめでもする人はかなり少ないです。

 

 

少年院によっては上下関係がある裏話

毛づくろいする猿

 

少年院では上下関係が一切ありません。

どこの少年院もそうです。

しかし、とある少年院では上下関係がある程度あります。

その辺の裏話を書いていきます。

 

 

本来少年院では少年同士の上下関係はない

 

少年院では「〇〇さん」とさん付けで呼ぶか、「〇〇くん」とくん付けで呼ぶかのどちらかです。

また、少年院では少年同士で年齢を教え合うのはダメです。

これも規則違反となります。

また、敬語を使って必ず話す事が決まっています。

これは規則で決まっているわけではありませんが、みんな敬語で話しています。

 

少年院では上下関係を作ることを禁止にしています。

なぜなら上下関係ができてしまうと、お互いに指摘し合ったりできなくなってしまうからです。

なので上下関係を作らずにお互い対等な立場になっています。

 

 

それでも上下関係がある少年院がある

 

しかし、少年院によっては上下関係がある少年院があります。

僕が最後に入った久里浜少年院というところでは上下関係がありました。

規則では年齢を教えてはダメと決まっているものの、みんな年齢はオープンです。

 

また、基本はくん付けで呼び合いますが、年下を呼ぶ時は呼び捨てがほとんどです。

なんなら先生にもタメ口で話す人もいました。

 

よく久里浜少年院は特別な場所と聞きますがまさにその通りです。

久里浜少年院について知りたい人は記事を用意したので読んでみてください。

 

【元非行少年実体験】久里浜少年院とはどんなところ?

 

 

少年院で頑張っている人ほど再犯しやすい裏話

手錠

 

意外な事かもしれませんが、少年院で真面目に頑張っている人ほど再犯(再び犯罪を犯す事)をしやすいように思えます。

なのでその辺りの裏話も書いていきます。

 

 

少年院で頑張っている人とは

 

少年院で頑張っている人は意外と多いです。

皆さんのイメージだと適当にやって、先生に反抗したり、少年同士で喧嘩したり、なんてイメージかもしれませんが、みんな結構ちゃんとやっています。

 

例を出すと、規則を破らずに生活したり、先生から与えられて課題をもの凄い書いたり、常に元気でやって大きな声で返事したりなどです。

これらを何ヶ月も続けると少年院にいる期間が縮まったりもします。

凄い人だと3ヶ月くらい縮める人もいます。

 

そんな人がだいたい10人に1人くらいはいます。

なので案外珍しい光景ではありません。

しかし、こうやって少年院で頑張っていても少年院を出た後に生活が乱れて再犯してしまう人が多いです。

少年院での生活を頑張っている人ほど再犯しているように思えるので次で詳しく書いていきます。

 

 

なぜ少年院で頑張っている人ほど再犯するのか

 

少年院で頑張っている人が再犯するなんて矛盾のように思えますが、案外矛盾していないです。

その理由としては

 

少年院で頑張って生活している人が再犯する理由

・少年院で素の自分を殺して生活してしまっている

・少年院を早く出ることを目的に頑張っている

・先生に認められることを目的に頑張っている

・評価されるために頑張っている

 

などの理由で再犯が多いです。

本来の自分を少年院で見つめ直して、考えを改める場所なのに本来の自分を隠して生活してしまっているのが原因です。

 

そして、少年院で色々と我慢してきた分、社会に出てその我慢ば爆発してしまって好き放題やる生活を送ってしまい、生活が乱れて再犯してしまうのかもしれません。

 

 

少年院での喧嘩裏話

喧嘩

 

少年院と言えば喧嘩が頻繁にあって、ボスみたいな人がいると思っている人もいるかもしれません。

映画なんかだとそんな風に描かれていますよね。

でも実際は違います。

 

 

少年院では喧嘩はない

 

驚く人も多いかもしれませんが、少年院では喧嘩する人はほとんどいません。

その理由は

 

少年院で喧嘩がない理由

・喧嘩すれば少年院にいる期間が延びてしまう

・少年院に来てまで喧嘩するほどバカではない

・喧嘩する以前にみんな仲が良い

・そもそも先生が常に見張っているので喧嘩する隙がない

 

上記の理由で少年院では喧嘩がありません。

全くないわけではないので実際にあった例を出しながら次に書いていきます。

 

少年院での喧嘩事情について詳しく知りたい人は記事を用意したので読んでみてください。

 

少年院の喧嘩事情

 

 

少年院であった喧嘩

 

ほとんどない喧嘩ですがさすがに少年院に3回も入っていると喧嘩を見たことは何度かあります。

その中で1つだけ例を出して紹介します。

 

A君とB君の喧嘩

ソフトボールの練習中でした。

A君になぜか怒ったB君がA君に持っていたバットで殴りかかろうとしました。

それを近くで見ていた先生がすぐに止めに入って特に何もありませんでした。

しかし、B君は本気でA君のことをバットで殴ろうとしていました。

本当に殴っていたらとんでもない事になっていたと思います。

 

こんな事が頻繁にあるわけではありません。

でもたまにこういった喧嘩があります。

 

 

もちゆうの感想

 

少しは少年院のイメージが変わったと思ってくれる人がいると嬉しいです。

少年院は皆さんが思っている以上に普通の場所です。

少しでも実際の少年院の事が分かってもらえればと思って書いています。

ぜひ他の記事も読んでください。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

よかったらシェアもお願いします!!

最新記事をチェックしよう!
広告