ご覧いただきありがとうございます。ツイッターのフォロワーを増やし中です。ぜひフォローお願いします。

少年院にホモ事情とは

みなさん、お疲れ様です!おはようございます!こんにちは!こんばんは!

もちゆうです!!

今回は”少年院にホモはいるのか”について書いていきます。

 

少年院というと言うと男ばかりなのでホモがたくさんいると思ってる方が多いと思います。

また映画などの影響によって少年院はホモがたくさんいる場所、そんなイメージを持っている方が多いです。

この記事を書いている僕、もちゆうは実際に少年院に3回入りました。

なので実際に自分の目で見てきた現状の少年院を書いていきたいと思います。

大体3分程度で読める記事となっていますので最後までお付き合い下さい。

 

 

広告

少年院にホモはいるのか

マッチョな男性

 

冒頭でも書いたように少年院にはホモがいると思ってる方が多いです。

なので本当に少年院にはホモがいるのか、少年院のホモ事情について書いていきます

 

 

少年院のホモ事情

 

皆さんがイメージする少年院のホモ事情はこんな感じだと思います。

 

・寝てる時に襲われる

・下腹部をなめさられる

・風呂などでいたずらされる

・先生の目を盗んで襲われる

・少年院の中でホモに目覚める

 

映画や漫画ではこのようなシーンが多く描かれているので仕方ないことかもしれません。

しかし実際は上記のような事は何一つとしてありません。

それはルールで決まっていたりするからです。

ルールにいては次で説明します。

 

もちろん中にはホモもいますがそれをわざわざ公言する人はいません。

ですがある程度一緒に生活しているとなんとなく分かってきます。

ですがそれを本人に直接確認したりなどの意地悪いことはしません。

みんなそれくらいの判断はできるのです。

 

また僕自身はホモには目覚めませんでした。

中にはホモに目覚める人もいるかもしれませんが、それは個人の自由なのでここでは特筆しません。

 

 

ルールで決まっている

 

少年院ではルールというものがあります。

その中でホモ行為を禁止するようなルールもあります。

そのルールをまとめました。

 

・同衾(どうきん、1つの布団に一緒に寝ること)禁止

・わいせつ行為禁止

・下腹部をみだりに露出するのが禁止

・トイレをする時は人の便器を覗き込まない

 

などのルールがあります。

どれもお互いに気持ちよく生活するためのルールです。

もちろんホモだからといって差別を受けるということありません。

 

これはあくまで僕の予想ですが、ホモだと入れる少年院にも限りがあるのではないかと思います。

少年院はそれぞれの適性をみて、全国にある少年院どこにいるか決まります。

しかしホモだと入れる少年院に限りがあったりするかもしれません。

何度も言いますがあくまで予想ですので参考程度に読んでください。

 

 

広告

少年院ではホモに変なことをされないか

 

上記でも書きましたが少年院ではルールがありみんなそのルールを守って生活しています。

なのでホモに変なことをされたりすることはありません。

でも中には

『影でコソコソしたりするんじゃないの?』

なんて思う人もいるかもしれません。

なので、その理由についても書いていきます。

 

 

ホモに変なことをされる事は全くない

 

ホモに変なことをされる事がない理由をまとめました。

 

・ルールで決まっているから

・先生が常に監視してるから(夜も)

・少年同士がお互いに監視しているから

・ルールを破ると少年院にいる期間が伸びるから

・そんな暇がないから

 

上記にまとめたような理由でホモに変なことをされる事はありません。

特に”ルールを破ると少年院にいる期間が伸びるから”という罰則が一番大きな理由だと思います。

少年院に入っている少年はみんな早く少年院を出たいと思っています。

なのでわざわざ自分から少年院にいる期間を伸ばそうとする少年は少ないです。

それが抑止力になっています。

 

 

映画などとは世界とは違う

 

映画などを観て少年院の情報を手に入れたり、人から聞いた話で少年院の情報を手に入れたりするかと思いますが間違ってることが多いです。

よく僕もこんな質問を受けます

『やっぱり少年院に入ると、ホモに襲われたりするでしょ?』

なんで質問を受けます。

 

これは何度も書いていますが絶対にそんなことはありません。

みんな非行をして少年院に入ってきていますがそこらの判断はできます。

なので僕自身、実際にホモを見たことがありません。

もちろん中にはいると思いますが気にしたこともありませんでした。

 

映画や聞いた話が全て正しいわけではありません。

もちろん実際に体験したい人から話を聞けば信憑性はありますが、話を盛る人もいます。

なので少年院という場所がそんなイメージになってしまうのも仕方ないと思います。

ただこの記事では実際は少年院とはどんなところなのか事実を書いています。

 

 

少年院にホモがいたら実際は分かる

 

では実際に少年院にホモがいた場合それは周りにバレてしまうのか、それとも隠し通すことができるのかその

辺りを書いていきます。

 

 

ホモだったらバレてしまうのか

 

先に結果から書きますが、ホモだったらほぼバレてしまいます。

その理由をまとめました。

 

・風呂の時間でバレる

・何となく仕草がそれっぽい

・異様に見つめられる(結構まれ)

・24時間一緒にいるので隠していても何かしらの隙ができる

 

などの理由でバレてしまう事があります。

バレてしまったからと言って差別を受けたり、いじめられたりする事はありません。

その辺は次に書いていきます。

 

 

少年院にホモがいても平等

 

少年院でホモが生活していても平等です。

少年院という場所は世界で一番平等な空間だと僕は思っています。

それほどみんな偏見がないのです。

また、それほど受け入れてくれるのです。

 

 

ホモだとしても少年院でやる事はみんな同じ

 

ホモでも、ホモじゃなくても少年院でやる事はみんな同じです。

目標は社会に出た時に再犯(再び犯罪をしない事)しないように少年院で基盤を作る事です。

そこにホモだからと言うのは全く関係ないです。

 

そして仮に、ホモだとみんなにバレてもみんな接し方は平等です。

いじめられる事もありません。

いじめがない理由については記事を用意しのたでそちらを読んでください。

 

【元非行少年実録】少年院ではいじめが全くない理由

 

 

広告

もちゆうの感想

 

Homosexual今回は少年院のホモ事情について書いてきました。

かなりディープな内容となっていました。

しかし、少年院の実態をしっかりと伝えたいので事実を書いてきました。

少しでも少年院を知ってもらえるきっかけになったら嬉しいです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

よかったらシェアもお願いします!!

最新記事をチェックしよう!
広告