ご覧いただきありがとうございます。ツイッターのフォロワーを増やし中です。ぜひフォローお願いします。

少年院から出院するまでの流れ

みなさん、お疲れ様です!おはようございます!こんにちは!こんばんは!

もちゆうです!!

今回は”少年院から出院するまでの流れ”について書いていきます。

 

少年院から出院するまでどんな流れなのか、どんな段階を踏んでいくのか実体験をもとに詳しく書いていきます。

刑務所と少年院は全く違う場所になるのでその辺りも書いていきたいと思います。

だいたい3分程度で読める記事となっていますので最後までお付き合いください。

 

 

広告

少年院から出院するまでの流れ

 

まずは少年院に入ってから少年院を出院するまでの流れを書いていきます。

どこの少年院でも次に書く流れは同じです。

 

 

少年院に入ってから出院までの流れ

 

少年院に入るとまず考査期間になります。

 

考査期間とは

考査期間とは、単独寮で生活を行いどんな少年なのかを少年院側が見極める期間です。

様々な課題が出てます。

主に作文が多く、この期間で少年院でどのような指導を少年に行っていくのか決まります。

だいたい1週間となっています。

 

考査期間が終わると次は新入時教育期間となります。

 

新入時教育期間とは

新入時教育期間とは、少年院の中で生活を送るためのルールや基礎体力、基礎学力をつける期間となっています。

その中でも一番重要な教育内容が、行動訓練です。

行動訓練では、気をつけ、前ならえ、行進などの基本動作と呼ばれるものを学びます。

軍隊と同じような感じです。

新入時教育期間はだいたい1ヶ月くらいです。

 

新入時教育期間が終わると次は中間期という流れです。

この頃になると少年院での生活も慣れて、中だるみしやすい時期となります。

 

中間期とは

中間期とは、職業訓練を主にやっていきます。

そして少しずつ生活にも慣れ始めて色々な仕事を任されるようになってきます。

また、中間期になると本格的に非行の反省をし始めます。

たくさんの課題が出されて、被害者の気持ちを考えたり、自分のしてきた事の振り返りなどをします。

中間期はだいたい6ヶ月ほどとなっています。

 

中間期が終わるといよいよ出院に向けた出院準備期となります。

出院準備期になると浮かれてしまう人も多く、規則違反をする人もいます。

 

出院準備期とは

出院準備期とは、出院に向けて社会での生活について具体的に考える期間となっています。

出院準備期になると先生からの信頼も厚くなり、色々なことを任されることが多いです。

主に新しく入ってきた少年に生活を教えたりとか、係活動を仕切ったりとかです。

期間はだいたい4ヶ月ほどです。

 

そして出院となります。

これが少年院に入ってから出院するまでの流れになります。

もっと細かく少年院での生活を知りたい人は記事を用意したので読んでみてください。

 

【元非行少年 実録】少年院での1日の生活

 

 

少年院から出院するまでの期間が延びることがある

 

少年院を出院するまでの流れが分かってもらえたと思います。

しかし、ストレートで少年院を出る人が少ないのが現状です。

多くの人が少年院にいる期間を延ばしてしまいます。

その理由などを書いていきます。

 

 

まずは少年院に入る期間について

 

少年院に入る期間はある程度同じですが、人それぞれやってきた非行の度合いなどによって違います。

短い人だと3ヶ月の人もいれば、長い人だと5年とかの人もいます。

 

少年院に入る期間は家庭裁判所で「少年院送致」と判決を言い渡されたときに一緒に期間も決まります。

期間は以下の3つに別れています。

 

 特修短期処遇


特修短期処遇とは収容期間が4ヶ月以内の処遇です。

 

 一般短期処遇


一般短期処遇とは収容期間が6ヶ月以内の処遇です。

 

 長期処遇


長期処遇は収容期間が11ヶ月以内や2年以上の期間の処遇です。

 

詳しくは記事を用意したのでそちらをご覧ください。

 

少年院に入る期間とは

 

 

少年院にいる期間が延びてしまう理由

 

少年院にいる期間が延びてしまう主な原因は以下の通りです。

 

少年院にいる期間が延びてしまう理由

・規則違反をする

・生活態度が悪い

・真面目に少年院での生活を送らない

・言われたことをやらない(課題など)

 

この中でも多い理由が規則違反をしてしまうことです。

規則違反を1度するとだいたい半月から1ヶ月ほど少年院にいる期間が延びてしまいます。

少年院の規則について詳しく知りたい人は記事を用意したので読んでみてください。

 

【元非行少年】少年院の厳しすぎる規則4選

 

 

逆に少年院から出院するまでの期間が短くなることがある

 

上記で紹介した以外に、逆に少年院にいる期間が短くなることもあります。

その理由などを書いていきます。

 

 

少年院にいる期間が短くなる理由

 

少年院にいる期間が短くなる理由はとても曖昧ですが一応まとめました。

 

少年院にいる期間が短くなる理由

・頑張りを継続している

・努力している

・本気で立ち直ろうとしている

・考え方などに大きな変化があった

 

どれも曖昧な感じだと思います。

なので少年院にいる期間を短くするのはとても難しいことです。

僕が知っているのは3回少年院に入って5人ほどです。

 

だいたい短くなる期間は半月ずつ短くなっていきます。

いきなり1ヶ月とか短くなる人は少ないです。

僕の知っている人で一番期間を縮めた人は3ヶ月短くした人です。

誰もが認めるくらい頑張っていました。

 

 

もちゆうの感想

 

今回は少年院に入ってから少年院を出院するまでの流れを書きました。

色々と少年院側も少年の更生を応援するために教育内容を充実させようと試行錯誤しています。

教育に完璧はありませんが、かなり考えられています。

僕自身も少年院で教育を受けてためになることばかりでした。

なので少しでも少年院のことを知ってくれたら嬉しいです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

よかったらシェアもお願いします!!

湖
最新記事をチェックしよう!
広告