ご覧いただきありがとうございます。ツイッターのフォロワーを増やし中です。ぜひフォローお願いします。

少年院を退院した後の流れ、生活とは

みなさん、お疲れ様です!おはようございます!こんにちは!こんばんは!

もちゆうです!!

今回は”少年院を退院した後の流れ、生活とは”について書いていきます。

 

この記事を書いている僕、もちゆうは少年院に3回入った経験があります。

なので全て実体験となります。

僕の体験談も書いていきますので最後までお付き合いください。

だいたい3分程度で読める記事となっています。

 

 

広告

少年院を退院した後の流れ、生活

ビーチ

 

まずは少年院を退院した後の流れ、次に少年院を退院した後の生活について書いていきます。

どんな生活を送る人が多いかそのあたりも参考程度に紹介します。

決して成功事例ばかりではありません。

失敗する人も多くいます。

 

 

少年院を退院した後の流れ

 

少年院を退院すると以下の流れになります。

 

少年院を退院した後の流れ

1、少年院で退院式をあげる

2、少年院の院長の前で保護観察中の規則を読み上げる

3、晴れて退院

4、退院したら少年が住む地域の保護観察所に行く

5、保護観察官との面接をして終了

 

この中で気をつけたいのが、少年院を退院してその日のうちに保護観察所へ行かないとダメという決まりがあります。

退院した後の流れは少年院で教えてくれるので心配はないと思います。

 

 

少年院を退院したらどんな生活送る人が多いか

 

まず少年院を退院して再犯(再び犯罪をすること)する人の割合はだいたい20%から30%程度と言われています。

決して低くはない数字です。

なので少年院を退院した後にどんな生活を送るのかがとても重要になります。

なのでどんな生活を送っている人がいるのか例を出しながら書いていきます。

 

少年院の再犯率についてもっと詳しく知りたい人は記事を用意しのたで読んでみてください。

 

少年院から出た人の再犯率の実体

 

A君の場合

A君は少年院を17歳で出ました。

A君は少年院で教えてもらったように昔の不良仲間と連絡を取らずに仕事を必死に頑張っていました。

しかし、ある日街中でばったりと昔付き合っていた不良仲間の先輩と会ってしまいました。

そして先輩は「A少年院出てきたのになんで連絡しないんだ」とA君を怒り暴行を加えました。

A君の怪我に気づいた両親が警察署へ行き、被害届を出してA君に暴行を加えた不良仲間の先輩は逮捕されました。

その後A君は真面目に仕事も続けています。

 

こうして真面目にやっていても相手から来ることがあります。

そしてこの場合、A君は暴行を加えられましたが、「〇〇を盗んでこい」という命令もあったかもしれません。

色々な場合が想定されますよね。

なのであらかじめ少年としっかりこういった場面を想像して話し合っておく必要があります。

 

 

少年院を退院してから多くの人がしてしまう失敗こと

木

 

少年院を退院してから再犯をしてしまう人は色々な理由で失敗してしまいます。

どんなことで失敗してしまうのかその辺りを書いていきます。

次に失敗しないための方法も書いていきます。

 

 

少年院を退院してどんな失敗をするか

 

少年院を退院して再犯してしまう理由としては

 

少年院を出て再犯してしまう理由

・不良仲間と再び付き合ってしまった

・お金がなかった

・仕事をしていなかった

・暇を持て余していた

・毎日に刺激がなかった

・遊ぶ友達がいなくなって孤独だった

・職場の人と喧嘩して辞めてしまった

・仕事をサボってしまい、職場の人に言いにくくてそのまま辞めてしまった

・働くのが馬鹿らしくなった

・もっと遊びたくなった

 

などの理由です。

この中でもとても多い理由が”不良仲間と再び付き合ってしまった”と言う理由です。

なぜ不良仲間と付き合ってしまうと再犯してしまうのか、付き合わない方法はあるのか、その辺を次に書いていきます。

 

 

不良仲間について

 

不良仲間と再び付き合ってしまった。

 

僕はこれが原因で3回少年院に入ることになりました。

そして多くの人がこれが原因で再び少年院に入ることになっています。

 

ではなぜ不良仲間と付き合うのがダメか

それは、不良仲間が悪いことをしていればそれに流されてしまうからです。

 

当たり前のことだけど、分かっておらず、または分かっていても遊ぶ仲間がいない孤独に耐えられず、ついつい不良仲間と付き合ってしまうのです。

 

どのようにするのが一番いいのか

それは、地元から離れて新しい環境で新しい人間関係を作る。

 

オススメは同じくらいの歳の人が多い職場を選ぶことです。

地元にいれば不良仲間は近くにいます。

必ず不良仲間と付き合ってしまうはずです。

勇気を出して地元を出ることが1番の対策だと思います。

 

 

少年院を退院した後に大事なこと

和風の家

 

では上記のように失敗しないためにどなことに気をつけるべきか書いていきます。

箇条書きでまとめてあるので項目を確認して、当てはまるかどうか見てみてください。

 

 

少年院を退院した後に大事なこと

 

少年院を退院した後に大事なことをまとめました。

 

少年院を退院した後に大事なこと

・少年院を退院してすぐ遊びばかりに目を向けない

・少年院を退院したらすぐに働く

・お金の管理をしっかりする

・新しい人間関係を作る

・家族関係を良好に保つ

・いつまでも親に甘えさせない

 

上記が少年院を退院した後に大事なことになります。

これからができると生活が安定して、再犯とは無縁の生活が送れるようになるはずです。

 

逆に上記のことが欠けてしまうと再犯の可能性が高まってしまいます。

特に仕事や家族関係はとても大事なことです。

 

 

少年院を退院した僕の場合

雲から差し込む光

 

最後に僕の実体験をもとにして書いていきます。

実体験なので参考程度に読んでもらえると嬉しいです。

 

 

少年院を退院してどんな生活を送っていたか

 

3回目の少年院である久里浜少年院を退院した僕は地元には帰らずNPO法人クラージュという自立支援施設にお世話になりました。

そして、そこで営業の仕事を始めました。

 

NPO法人クラージュには同じように少年院上がりの人が多く、みんなで共同生活をしていました。

24時間、仕事も生活も一緒にするので自然と仲良くなり、仲間ができていきました。

そのおかげで孤独にならず、地元に戻ってしまうこともありませんでした。

これが立ち直れた大きな要因だと思っています。

その後は営業でも成績を残し、今こうしてブログを書いています。

 

 

大事なのは誰と付き合うか

 

僕は先日このようなツイートをしました。

 

 

このツイートの通り、不良仲間と付き合っていれば、非行をします。

逆に、真面目に働いている素晴らしい人と付き合っていれば自分も真面目になっていきます。

なので少年院を退院して一番大事なのは”誰と付き合うか”です。

僕は誰と付き合うかを失敗して3回も少年院に入ることになりました。

なので間違いないと思います。

 

 

もちゆうの感想

 

今回は少年院を退院した後のことについて書いてきました。

実体験をもとに書いているので少しは信頼性があるとは思います。

そして、少しでも僕の体験がお力になれたら嬉しいです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

よかったらシェアもお願いします!!

夕焼け
最新記事をチェックしよう!
広告