ご覧いただきありがとうございます。ツイッターのフォロワーを増やし中です。ぜひフォローお願いします。

少年院に入ったことは周囲にバレるのか

みなさん、お疲れ様です!おはようございます!こんにちは!こんばんは!

もちゆうです!!

今回は”少年院に入ったことは周囲にバレるのか”について書いていきます。

 

この記事を書いている僕、もちゆう自身も少年院に3回入っています。

僕の体験から先に書いておきますが少年に入っても周囲にバレることありません。

なのであまり気にするところでは無いですが、気になる方が多いようなのでこの記事を書いていきたいと思います。

大体3分程度で読める記事となっているので最後までお付き合い下さい。

 

 

広告

少年に入ったことは職場にバレるか

刑務所

 

少年院に入ったことが職場にバレたくない人が多いと思います、なのでまずは少年院に入ったことが職場にバレるかどうかについて書いていきます。

先に書いておきますが少年に入ったことが職場にバレる可能性は少ないです。

 

少年に入ったことが職場にバレる可能性は少ない

 

先ほども書きましたが少年に入ったことが職場にバレる可能性は少ないです。

その理由をまとめました。

 

・少年院に入った事は前科ではない、なので調べることは難しい

・基本的に自分が言わなければバレない

・職場の人が調べることはできない

・履歴書に少年院に入ったことを書かなくてもいい

 

上記のような理由によって職場に少年院に入ったことをがバレないです。

でもバレる可能性もあります。

それを次に書いていきたいと思います。

 

 

少年院に入ったことが職場にバレる場合

 

少年に入ったことが職場にバレる場合をまとめました。

 

・自分から言う

・不良っぽい人といるのが職場の人にバレる

・親などが職場の人に言ってしまう

・地元の友人、同じ少年院に入っていた人が職場の人に言ってしまう

 

などが主な理由になっています。

ほとんどの場合自分から職場の人に言わなければバレることありません。

なので基本的には安心して職場にいられると思います。

 

 

広告

少年院に入ったことがバレたときの周囲の反応

有刺鉄線

 

次にもし少年院に入ったことがバレてしまった場合の周囲の反応を書いていきます。

なかなかバレることありませんが参考程度に読んでください。

 

 

基本的にはひく人が多い

 

少年院に入る人はやはり少ないので、少年院に入ったと周囲にバレるとひく人が多いです。

それは自分のしてしまったことなので仕方のないことだとは思います。

理由を書くまででもないですが一応少年に入ったことが周囲にばれてしまった場合なぜ周囲の人はひくのか書いていきます。

 

・そもそも少年に入った人が珍しいため

・少年院という場所の偏見

・少年院には凶悪犯罪者しかいないと思っているから

・犯罪を犯した人というのが怖いから

 

上記のような理由で周囲の人はひいてしまうことがあります。

もちろん中にはそんなことを思わない人もいますが、多くの人が少年院に対して偏見を持っています。

なのでバレてしまった場合はひいてしまう人も多いです。

 

 

僕の場合

 

実際に少年院に3回入った僕の場合を書いていきます。

 

僕の場合は、3回目の少年院を出てきたときは多くの友人を失いました。

1回目や2回目のときはみんな温かく見守ってくれましたが、さすがに3回目となると離れていく人が多かったです。

友人は離れていきましたが、周囲には理解のある人が多かったのでひかれる事は少なかったです。

 

もちろん少年院に3回入ったことを話すと多くの人がびっくりします。

ですが、過去を気にする人が少ないので引かれる事はありません。

 

これらは僕の場合ですのであくまで参考程度にしてください。

人によっては先ほども書いたようにひいてしまう人もいます。

なので本来は少年院に入った事を周囲に言わないほうがいです。

 

 

少年院に入ったことがバレたくない人がすべきこと

刑務所

 

少年院に入った事がバレた場合のこと書きましたが、次は少年に入ったことがバレたくな人がする事を書いていきます。

かなり実用的な内容になってるのでぜひ参考にして下さい。

 

 

少年院に入ったことがバレたくない人がすること

 

少年院に入ったことがバレたくない人がすることをまとめました。

 

・少年院に入っていた期間の言い訳を考えておく

・履歴書に書かない

・むやみに周囲に少年院に入っていた事を漏らさない

・不良関係の友人と付き合わない

・普段のしぐさに気をつける

・社会人として相応しいマナーを身に付ける

・目つきを気をつける

 

周囲の人にバレやすい理由として1番多いのは、むやみに周囲に少年院に入っていた事を漏らしてしまうことです。

なので周囲には少年に入っていたことを言わない方がいいです。

 

『この人だけには言っても大丈夫だろう』

と思って言ってしまったら周囲に広がってしまったなんて場合もあります。

 

また少年院に入ったことがバレるということありませんが、目つきなどで昔不良だったことがバレることもあります。

普通の生活を送っていれば目つきは治りますのであまり気にするところではありません。

ですがどうしてもバレたくない人は気にすべきだと思います

 

 

真面目に生きる

 

少年に入ったことがバレたくない人がやるべきこととして一番の方法は真面目に生きることです。

真面目に生きているといろいろと変わります。

変わる内容まとめました。

 

・行動が変わる

・しぐさが変わる

・目つきが変わる

・価値観が変わる

・癖が変わる

・言葉遣いが変わる

 

上記のようなことが変わることで、普通の社会人として見られます。

なので真面目に生きることが一番少年院に入ったことがバレないです。

 

 

少年に入ったことが周囲にバレても恥ずかしくない

刑務所

 

最後は少年院に入ったことがバレても恥ずかしくないという事について書きます。

バレたくない方法を紹介してきましたが、正直バレても恥ずかしくないです。

またバレても問題ないです。

 

 

誰でも失敗はある

 

少年院に入った事は人生の中での失敗です。

誰にでも人生の中で失敗はあるはずですが少年院に入った人は失敗が人よりも大きすぎただけです。

なのでそこまで恥ずかしがる必要もありません。

 

もちろん少年院に入った人は世の中では少ないですが、少年院に入ったことによって自分が変われたと思えるならいいと思います。

少年院に入ったことを気にするよりも大事なのはこれから先どう生きていくかです

またこれから先再犯(再び犯罪をすること)しないことが大事です。

 

 

開き直ろう!

 

少年に入っていた事をいつまでも気にしていても先には進めないので開き直ることが一番です。

開き直ってしまえば少年院に入った過去など自分の人生に関係なくなります。

 

少年院に入った事はあくまで過去のことであり、これから先の人生には関係ないです。

また、少年院に入ったことを開き直ることができれば自分の強みにもなります。

少年院というどん底を経験したからこそこれから先どんな苦難があっても乗り越えていけるです。

なので少年院に入った過去を開き直り自分の強みにしていきましょう。

 

 

広告

もちゆうの感想

 

今回は少年院に入ったことがバレるとどうなるかについて書いてきました。

僕自身は基本的に聞かれれば少年院に入った過去を隠すことありません。

僕自身は開き直って生活しています。

なので周囲にバレる等の心配はなく、のびのびと社会生活を送っています。

あなたも少年院に入ったことがバレるとビクビクして生活を送るのではなく気にせず生きた方が生きやすいです。

もしも周囲の人に少年院に入ったことを暴露するのであれば細心の注意を払うべきだと思います。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

よかったらシェアもお願いします!!

最新記事をチェックしよう!
広告