ご覧いただきありがとうございます。ツイッターのフォロワーを増やし中です。ぜひフォローお願いします。

鑑別所にはいつまでの期間収容されるのか

  • 2019年10月27日
  • 2019年10月27日
  • 鑑別所

みなさん、お疲れ様です!おはようございます!こんにちは!こんばんは!

もちゆうです!!

今回は”鑑別所はいつまでの期間収容されるのか”について書いていきます。

 

鑑別所に子供や彼氏、彼女、友人が入ったけどどれくらいの期間入ることになるの?

鑑別所ではどんな生活を送っているの?

そんな疑問を持っている人に向けて記事を書きました。

この記事を読むと

鑑別所に入っている期間はどの程度か

鑑別所でどんな生活を送るのか

鑑別所で生活する期間を終えるとどうなるのか

審判ではどんな判決が出るのか

が分かります。

だいたい3分程度で読める記事となっているので最後までお付き合いください。

 

 

広告

鑑別所に入る期間はいつまで?

 

まずは鑑別所に入る期間について説明します。

ここでは

どのくらいの期間鑑別所に入ることになるのか。

が分かります。

 

鑑別所にはどのくらいの期間入るのか

 

鑑別所に入る期間はみんな一緒です。

窃盗事件を起こした人は鑑別所にいる期間が短くて、傷害事件を起こした人は鑑別所にいる期間が長いということはありません。

そして鑑別所に入る期間ですが

原則として2週間。

鑑別所が延長すると決めると更に2週間延長されて合計4週間収容されることになります。

多くの場合が2週間延長されるので鑑別所には4週間入ると思ってもらって間違いないです。

 

僕自身は鑑別所に3回入りましたが2週間で鑑別所を出た人は見たことがないです。

鑑別所に入ったら4週間は鑑別所に収容されると思ってください。

 

広告

鑑別所に入っている期間が延長されることはあるのか?

 

では4週間を超えて鑑別所に収容されることはあるのか?

そんな疑問について書いていきます。

ここでは

鑑別所での生活態度が悪いと鑑別所にいる期間が延長されるのか

今までに鑑別所にいる期間が延長された人はいるのか

が分かります。

 

4週間を超えて鑑別所にいる期間が延長されることはあるのか

 

先に結論から書いていきます。

4週間を超えて鑑別所に収容されることはありません。

なのでどんなに鑑別所での生活態度が悪かったとしても、どんなに起こした事件が凶悪だったとしても、どれだけ非行の度合いが酷くても延長されることはありません。

 

僕自身も毎回鑑別所に入ると4週間で鑑別所を出ることになりました。

また、4週間を超えて鑑別所に収容されている人も知らないので必ず4週間で鑑別所生活を終えることになります。

 

4週間を超えて鑑別所に収容されないのには理由があります。

それを次でまとめました。

 

なぜ4週間を超えて鑑別所に収容されないのか

 

4週間を超えて鑑別所に収容されない理由をまとめました。

 

鑑別所は更生させる施設ではない

鑑別所は少年の状態を知って処遇を決める施設である

鑑別所にいる期間を延長させても少年にいい影響はない

 

などが主な理由です。

 

鑑別所はそもそも少年を更生させる施設ではなく、少年を知るための施設です。

なので長期間収容しても少年が立ち直るわけではありません。

だから少年の状態(非行の度合い、考え方など)を知って、次の処遇である少年院や保護観察所に少年の更生を任せます。

そのための材料集めが鑑別所の役割になります。

 

鑑別所に入っている期間は何をするのか?

 

では実際に鑑別所に入っている期間は何をしているのか書いていきます。

ここでは

鑑別所での生活の実態

鑑別所で生活してみた体験談

が分かります。

 

鑑別所での1日

 

鑑別所での1日の生活をまとめました。

7:00起床
7:30掃除
8:00朝食
8:30朝食終了 余暇
9:00図書交換
9:30運動
11:00運動終了
12:00昼食
12:30昼食終了 余暇
13:00読書・面接
17:00夕食
17:00夕食終了 余暇
18:00余暇
20:00テレビ
21:00就寝

これが鑑別所で1日の生活内容です。

もちろん毎日同じ日課ではなく風呂の時間があったり、土日、祝日だと運動がなかったりします。

ほぼ部屋の中で読書や勉強などをして過ごすことになります。

もっと鑑別所での生活について詳しく知りたい人は記事を用意したのでそちらをご覧ください。

鑑別所の生活とは

 

実際に鑑別所で生活してみて

 

実際に鑑別所で生活してみた感想をまとめました。

以下が感想です。

 

鑑別所での生活は案外楽しいです。

運動の時間にはバスケをやったり、卓球をしたり、テニスをしたりもします。

なので運動はめちゃめちゃ楽しいです。

また、テレビの時間も好きなテレビを観れます。

そして土日、祝日は日中映画を観れたりもします。

なので退屈はあまりしません。

 

しかし、平日は体育の時間以外は基本的に読書か勉強などをして過ごすことになるので読書や勉強が嫌いな人にはとても退屈な時間になるかもしれません。

僕自身は読書や勉強が好きだったので退屈はしませんでした。

 

鑑別所に入っている期間を過ぎるとどうなるのか?

 

最後に鑑別所での生活期間を終えるとどうなるのかまとめました。

ここでは

鑑別所での生活期間を終えた後

審判流れと処遇内容

が分かります。

 

鑑別所での生活期間を終えた後

 

鑑別所での生活を終えると審判が待っています。

審判(正式名称は少年審判)とは、大人で言う裁判のことです。

ここでどんな処遇になるのか決まります。

※審判の流れや処遇内容は次にまとめました。

 

そして審判の結果次第で鑑別所を出れるのか、それとも少年院に行くことになるのか決まります。

なので少年もその親も審判ではかなり緊張しています。

 

審判の流れと処遇内容

 

まずは審判の流れからです。

まず、弁護士が少年に質問したり、少年の親に質問します。

『今回の事件についてどのように考えいるか』

『今後どのように子供を指導していくか』

などです。

 

そして次に裁判官が少年や親に対して質問をします。

『被害者についてどのように思っているか』

『被害者への弁償はどのように考えているか』

など具体的な内容を聞かれます。

そして質問が終わると処遇が言い渡されます。

審判で出される処遇、の内容をまとめました。

 

保護観察

保護観察処分とは、社会に出て決められた規則を守りながら更生を目指すという処分です。

規則としては仕事をするなどの更生するのに必要な規則が決まっています。

そして、保護司と呼ばれる地元のおじさんなどに月に2回ほど面接をしてもらいます。

ちなみに保護観察中に非行をしてしまうと少年院に入る可能性が高くなります。

 

試験観察

試験観察とは、一度社会に戻して更生できるのか試してみて後日処分を判断するという方法です。

試験観察中に非行をすれば間違いなく少年院に入ることになります。

保護観察と同じで規則がいくつか決まっています。

簡単に言うと保釈みたいな感じです。

 

少年院送致

少年院送致とはある一定の期間少年院で生活を送り更生を目指す処分です。

期間は人それぞれ違い、非行の度合いやその少年の凶悪性などで決まります。

全て裁判官が決めるので自分でどうこうできる事ではありません。

 

検察官送致

検察官送致とは、大人と同じ裁判を受けることを言います。

大きな事件を起こすと検察官送致になることがあります。

検察官送致されるとほぼ懲役刑が確定します。

 

上記のどれかの処遇が選ばれます。

だいたいの少年が初めてなら保護観察で2回目だと試験観察や少年院送致が多いです。

しかし、人を殺してしまったりなど犯罪の内容があまりにも悪質だと検察官送致になります。

どの判決になるかは僕自身も分からないし、裁判官が決める事なのでなんとも言えません。

更に言うと万引きでも少年院に行く人もいるし、逆に傷害事件を起こしても少年院に行かない人もいます。

 

最後に審判の際少年院に行くか、保護観察になるか、大事になる項目をまとめました。

※これからが全てクリアしているからと言って必ず保護観察になるとは言えませんのでご了承ください。

 

少年が更生できる家庭環境であるか

家族が少年を指導していく意思があるか

家族が少年を指導できるか

少年の非行歴は浅いか

少年が反省をしているか

 

 

広告

もちゆうの感想

 

今回は鑑別所に入る期間から、鑑別所に入っている期間は何をするか、鑑別所での生活期間を終えるとどうなるのかまとめました。

この記事を最後まで読んだ方は鑑別所の大体が分かってもらえたと思います。

もし質問等ありましたらコメントやお問い合わせフォームからお問い合わせください。

なるべく全てに答えています。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

よかったらシェアもお願いします!!

大学
最新記事をチェックしよう!
広告