ご覧いただきありがとうございます。ツイッターのフォロワーを増やし中です。ぜひフォローお願いします。

鑑別所に入った子供に親ができる事【少年院に入らない方法】

みなさん、お疲れ様です!おはようございます!こんにちは!こんばんは!

もちゆうです!!

今回は”鑑別所に入った子供に親ができる事”について書いていきます。

 

この記事を書いている僕もちゆうは鑑別所に3回入っています。

なので鑑別所での生活については熟知しています。

そんな僕が実体験を元に書いていきます。

 

子供が鑑別所に入ったけどどうすればいいか分からない

鑑別所に入った子供に何ができるのか知りたい

鑑別所に入った子供に協力できる事は何か知りたい

子供が少年院に入らないようにするにはどうしたらいいの?

そんな疑問を持っている人に向けて書きました。

この記事を読むと

鑑別所に入った子供に親は何をしてあげるべきか

鑑別所に入った子供に親が協力できる事

子供が少年院に入らないように親ができる事

が分かります。

だいたい3分程度で読める記事となっているので最後までお付き合いください。

 

 

広告

鑑別所に入った子供に親ができる事

 

まず始めに鑑別所に子供が入ってしまった場合に親が子供にできる事をまとめました。

ここでは

鑑別所に入った子供に親はどんな事ができるのか

鑑別所に入った子供に親はどんな事をしてあげるべきか

が分かります。

 

鑑別所に入った子供に親はまずは手紙を書く

 

普段手紙を書く人は少ないと思います。

ましてや子供に手紙を書くとなると恥ずかしかったり、何を書いていいか分からなかったりすると思います。

しかし、鑑別所に子供が入ってしまった場合に親が子供とコンタクトを取る方法は後で紹介する面会と手紙を送るの2つしかありません。

なのでまずは手紙を書く事をオススメします。

その理由としては

 

文章を通してだといつも言えない事が言える

鑑別所に入っている子供はとても孤独を感じているので親からの手紙がとても嬉しい

上記の理由によっていつも聞き入れない内容もしっかりと聞き入れてもらえる

子供の素直な気持ちを聞くいい機会になる

子供の面倒をしっかりと見ると言う裁判官へのアピールにもなる【この辺りは”鑑別所に入った子供が少年院に入らないように親ができること”で説明します。】

 

上記の理由によって子供に対しては必ず手紙を書いた方がいいです。

書く内容は普段話せない事や今後の生活について、非行の反省についてなどを書いた方がいいです。

子供に考えるいいキッカケにもなるし、親と子供の距離も縮まりやすくなります。

手紙を書こうと思っている人は【鑑別所にいる人に手紙を送る時に気をつける事】を読んでみてください。

 

鑑別所に入った子供に親は面会に行く

 

先ほども書いたように鑑別所に入っている子供に親がコンタクトを取る方法は手紙、面会です。

そして手紙は子供の顔を見る事はできませんが、面会なら子供の顔を見る事ができます。

なので絶対に面会は行ってあげるべきです。

面会に行ってあげるべき理由もまとめました。

 

面会に行ってあげる事で子供モチベーションも上がる

子供は親と普段真面目な会話ができないので普段話せない事も話せる

子供が心の内を素直に話せる

自分は親に見捨てられていないと子供が認識できる

面会に行く事で反省を促せる

 

などが主な理由です。

面会に関しても手紙に関してもそれぞれ理由はあると思いますので自分なりの理由でいいと思います。

自分なりに理由があればぜひ面会も手紙も行ったり、書いてあげるべきです。

そして面会でもいい機会なので普段話せない内容を話すべきです。

面会に行こうと思っている人は【鑑別所での面会で気をつける事】を読んでみてください。

 

広告

鑑別所に入った子供に親が協力すべき事

 

鑑別所に入った子供に親が出来る事は分かってもらえたと思います。

次は鑑別所に入った子供に親が協力すべき事についてまとめていきます。

ここでは

親が協力できる事

どんな事を協力すべきか

が分かります。

 

鑑別所に入った子供の親は調査官の面接や弁護士の協力に応じる

 

子供が鑑別所に入ると調査官と呼ばれる人から面接に応じるように言われます。

その時にできる限り協力してあげるべきです。

面接に応じるのはもちろんですが、子供の今後の指導方針などを考えて話せた方が絶対にいいです。

その辺は後で詳しく説明します。

 

また子供が鑑別所に行くと必ず弁護士がつきます。

それは国選弁護人なのか、私選弁護人なのかは人それぞれですが、弁護士が付くと弁護士から親に対してコンタクトがあります。

その際は必ず応じて弁護士に協力してあげるようにしましょう。

全てにイエスと言う必要はないですができる限りは協力すべきです。

 

鑑別所に入った子供に親はなるべく差し入れをしてあげるべき【必要な範囲内で過度はダメ】

 

必ず差し入れをする必要はありませんが必要であれば差し入れをすべきです。

その理由をまとめました。

 

差し入れをしてもらえる事で親に対して感謝の気持ちが生まれるから

差し入れをする事で親に見捨てられていないと感じる事ができるから

必要な物品がある事で鑑別所の生活が満たされるから

そして頑張れるから

 

などが主な理由です。

しかし始めにも書いたように過剰に差し入れする必要はありません。

必要な物を必要なだけ差し入れすればいいのです。

差し入れしようと思っている人は【鑑別所に差し入れできる物、できる人】を読んでみてください。

 

鑑別所に入った子供を親は責めてはダメ

 

鑑別所に子供が入ってしまった場合に親ができる事、協力できる事は分かってもらえたと思います。

次は”子供を責めてはダメ”と言う事について書いていきます。

ここでは

鑑別所に入った子供を責めてはダメな理由

鑑別所に入った子供にどう接すべきか

が分かります。

 

鑑別所に入った子供を責めてはダメな理由

 

早速理由をまとめました。

 

親が子供を責めてしまうと子供の居場所が無くなってしまう

鑑別所に居るだけで孤独なのに親にまで責められるとさらに孤独を感じてしまう

それによって全てを投げ出してしまう

 

などが主な理由です。

子供が悪い事をしたのは事実ですが親が子供を責めてしまうと心の拠り所が無く、子供もどうしていいか分からなくなったり、孤独を感じてしまいます。

なのでなるべく責めない方がいいです。

『ではどうしていくべきなのか?』と言う質問を来そうなので次にまとめました。

 

子供が鑑別所に入ってしまった場合に親は子供にどう接するべきか

 

責めてはダメと先ほど書きました。

なのでどう接するべきかをまとめていきます。

 

とにかく一緒になって、今後二度と悪い事をしないようにどんな生活を送るか、交友関係や仕事はどうするかなど社会に出た後の事を一緒になって考えてあげる事が一番大事です。

もうやってしまった事は仕方のない事です。

それに対していつまでもあれこれ言っても無駄なので今後どうするか、対策を考えていくべきです。

なので子供を責めるのではなく一緒に考えてあげてください。

すると子供も素直になってくれるはずです。

 

そして子供が非行に走るのは子供だけの責任ではありません。

子供が非行に走る原因はほとんどが親に原因があります。

それを忘れずに愛情を持って接していくべきです。

それに加えて自分自身でも反省してく必要があります。

 

鑑別所に入った子供が少年院に行かないように親ができる事

 

では最後に『子供が少年院へ行ってしまう可能性がある』と思っている親に向けて子供を少年院に行かさない方法をまとめました。

ここでは

子供を少年院に行かさないようにするにはどうすればいいか

が分かります。

※ここで紹介する事が全て正しいとは言い切れないのであくまで参考程度にしてください。一応僕の体験談を元にまとめています。

 

子供が少年院に行かないようにするために親はどうすべきか

 

子供が少年院に行かないようにするために親ができる事をまとめました。

 

調査官との面接の際に今後の子供の指導方針を言えるように考えておく

子供に反省を促し、親として指導している姿勢を見せる

面会などに積極的に行き親として子供の面倒を見る姿勢を見せる

裁判所から呼び出しがあった時は必ず応じて今後のどうするかを話せるようにする

審判の際に親として子供をどう指導するか言えるようにする

 

などが主に親ができることです。

全て正しいとは言いませんがほぼ当たっていると思います。

一番大事なのが”親として子供をどう指導していく”が重要になります。

社会に出ても今まで通りに子供を好き勝手させたり、まともに面倒を見なかったりすれば再び非行に走る可能性が高くなるので社会に戻すべきではないと裁判所は判断します。

なので親がどうしていくかがかなり重要なポイントとなります。

事前の面接も含めてしっかりと今後の指導方針を言えるようにした方が少年院にいく可能性はかなり低くなるはずです。

 

広告

もちゆうの感想

 

今回は鑑別所に入った子供に対して親ができる事、すべき事などをまとめて来ました。

この記事を最後まで読んでくれた方ならすでに分かってもらえていると思いますが、大事のは親です。

子供の身の振りは全て親次第で決まると言っても過言ではありません。

自分のお子さんです。

ぜひしっかりと向き合ってください。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

よかったらシェアもお願いします!!

最新記事をチェックしよう!
広告