ご覧いただきありがとうございます。ツイッターのフォロワーを増やし中です。ぜひフォローお願いします。

鑑別所に収容される期間が延長されることはあるのか?実体験

みなさん、お疲れ様です!おはようございます!こんにちは!こんばんは!

もちゆうです!!

今回は”鑑別所の収容期間は延長されるのか”について書いていきます。

 

この記事を書いている僕もちゆうは鑑別所に3回入っています。

なので鑑別所での生活については熟知しています。

そんな僕が実体験を元に書いていきます。

 

鑑別所に収容される期間はどれくらい?

鑑別所に収容された場合延長されることはあるのか?

事件が大きいけど鑑別所の収容期間が伸びる事はあるの?

そんな疑問を持っている人に向けてこの記事を書きました。

この記事を読むと

鑑別所の収容期間

鑑別所に収容された場合に期間が延長される事はあるのか

鑑別所の収容期間が延長される場合

が分かります。

だいたい3分程度で読める記事となっていますので最後までお付き合いください。

 

 

広告

鑑別所に収容される期間とは

 

まず始めに鑑別所に収容される期間を知らないと延長されるかどうかも分からないと思うので鑑別所に収容される期間をまとめました。

知っている人はぜひ飛ばしてください。

ここでは

どれくらい鑑別所の入るのか

が分かります。

 

鑑別所に収容される期間

 

鑑別所に収容される期間は原則2週間です。

しかしほとんどの少年が延長されて4週間収容される事になります。

なので鑑別所の収容期間は4週間だと思ってもらえれば間違いないです。

ちなみに僕は3回鑑別所に入りましたが2週間で鑑別所を出た人を見た事は1度もありません。

 

『4週間以上入ることもあるのか?』と言う疑問を持っている人もいると思います。

そんな人はあとで詳しく説明していくので最後までお付き合いください。

 

だいたいの事はここで説明しましたが、鑑別所で生活する期間についてもっと詳しく知りたい人は記事を用意したのでそちらを読んでください。

鑑別所にはいつまでの期間収容されるのか

 

広告

鑑別所の収容期間は延長されるのか

 

鑑別所に収容される期間が分かってもらえたところで次は実際に延長される事はあるのか、について焦点を当てて書いていきます。

ここでは

鑑別所に収容される期間は2週間延長される

鑑別所には最長で8週間入る

が分かります。

 

必ず2週間は延長される

 

これは先ほども書きましたが必ず2週間は延長されます

どんな軽犯罪であっても、必ずです。

ではなぜ2週間延長されるのでしょうか理由をまとめました。

 

少年の状態を知るため

少年の家庭環境などを調査するため

少年に適正な処遇を下すため

 

主に上記の3つの理由によって2週間延長される事になります。

鑑別所は少年に罰を与える施設ではなく、あくまで少年を調査する施設なので調査するために時間を必要とします。

なので罰を与えるために延長する訳ではありません。

 

鑑別所には最長で8週間入ることがある

 

鑑別所には最長で8週間入ることがあります。

これは少年の調査に時間がかかる場合です。

例えば、昔有名になった凶悪事件である酒鬼薔薇聖斗の神戸児童連続殺傷事件で逮捕された少年Aなどは調査に時間を必要としたので8週間は収容されていたと思います。

 

このように凶悪な事件で少年が心に異常がある場合は収容期間を延長して調査する必要があったりします。

なので万引き、窃盗、恐喝、傷害などで逮捕されて鑑別所に収容された場合は8週間入る事はなく4週間です。

また、鑑別所に入った回数も関係なく3回入っても4回入っても8週間も収容されるとはありません。

 

鑑別所の収容期間が延長される場合とは

 

では実際に鑑別所に収容される期間が延長される場合とは何か書いていきます。

ここでは

鑑別所に収容される期間が8週間になる場合

上記以外で収容される期間が伸びる場合

が分かります。

 

鑑別所に収容される期間が8週間になる場合

 

鑑別所に収容される期間が3週間になる場合はかなり少ないです。

と言うよりも僕自身3回鑑別所に入りましたが1度も見たことが無いです。

ちなみに8週間に延長される理由としては

 

事件の内容があまりにも大きすぎる(殺人など)

精神的に疾患がある

身体的に疾患がある

 

などが主な理由です。

基本的には大きな事件を起こさない限り8週間に延びることは無いと思います。

 

上記の理由以外で鑑別所にいる期間が延びる場合

 

先ほど説明した理由以外でも鑑別所にいる期間が延びる場合があります。

それは再逮捕です。

 

再逮捕とは鑑別所に送られる事になった事件以外にも犯罪を犯しており、再び警察に逮捕される事です。

この場合は鑑別所で取り調べを受けるのではなく、留置所に入れられて警察の取り調べを受ける事になります。

警察の取り調べが終わると再び鑑別所に入れられ、また一から鑑別所での生活を送る事になります。

つまり、2週間鑑別所で生活を送っていて再逮捕された場合は、その2週間はリセットされてまた始めからになります。

 

なので複数事件を起こしてしまった人は一番初めの警察の取り調べて全て素直に言うことが大事です。

罪が重くなりそうだからと言って絶対に隠してはいけません。

 

広告

もちゆうの感想

 

今回は鑑別所での生活が延長されることはあるか、について書いてきました。

この記事を最後まで読んでくれた人なら分かってもらえたと思いますが、基本的に2週間は延長されて合計で4週間、鑑別所で生活する事になります。

ですが4週間を超えて鑑別所に入る人は再逮捕された人か、事件が大きすぎる人になります。

これが分かってもらえたら幸いです。

そしてこの記事をきっかけに少しでも鑑別所について知ってもらえたら嬉しいです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

よかったらシェアもお願いします!!

最新記事をチェックしよう!
広告