ご覧いただきありがとうございます。ツイッターのフォロワーを増やし中です。ぜひフォローお願いします。

【元非行少年実録】少年院の運動会ってどんなの?

みなさん、お疲れ様です!おはようございます!こんにちは!こんばんは!

もちゆうです!!

今回は”少年院の運動会ってどんなの?”について書いて行きます。

そもそも少年院で運動会があるの!?と驚いている方もいるかもしれません。

しかし、どこの少年院でも運動会というのは絶対にあります。

一般に公開して運動会をやっている訳ではないので知らない人が多く気になる人も多くいるかもしれません。

なので少年院に3回はいった僕が少年院での運動会について詳しく書いていきます。

最後までお付き合いください!!

 

 

広告

少年院で行われる運動会とは?

運動会に飾ってある国旗

 

少年院で行われる運動会とはどんな内容かまず書いていきます。

少年院という閉鎖的な場所でどのように非行少年たちが運動会をやっているのか知れればいいと思います。

 

 

どんな競技があるのか?

 

少年院の運動会なので喧嘩になりそうな騎馬戦とかはありません。

しかし、内容は小学校や中学校とほぼ変わりはありません。

少年院の運動会の競技一覧を説明と共に書いていきます。

※少年院によってそれぞれ競技の内容が違います。ただほとんど同じような感じです。

 

少年院の運動会の競技内容

・100メートル競争

・リレー

・障害物リレー

・出し物(踊りや音楽に合わせて筋トレなど。)

・ムカデ競争(二人三脚の人数が多やつで約20人くらい)

・親子競技(親子で協力して競技をやる)

・大縄跳び(約20人くらい)

 

このような感じの内容になっています。

小学校や中学校とほとんど同じような内容の競技だと思います。

 

 

少年院の運動会は一般公開されていないのか?何か制限はあるか?

 

少年院での運動会は一般公開されていません。

運動会を見に来れるのは少年院に入っている子供の保護者か来賓の人のみとなっています。

来賓の方も非行少年の更生に携わっている、矯正局の職員や更生保護女性会(地域で非行少年の更生の手助けをしている人たちの集まり)などとなっています。

 

禁止事項としては親が手料理を持ってくることは禁止されています。

理由は以下の通りです。

 

・親がこない少年もいるので不公平になってしまう

・親が手料理を持ち込んで少年が食べてしまうと少年院として衛生管理ができない

・料理以外の不要な物を少年院の中に持ち込んでしまう恐れがある

・少年院で禁止している食べ物も持ち込まれてしまう(生モンなど)

 

上記の理由によって親の手料理を持ち込むことはできません。

なので親と一緒に昼ごはんを食べる時間はありますが、昼ごはんは少年院側が用意した弁当となっています。

ちなみに、親が自分の弁当のおかずを一緒に食べている子供にあげるのも禁止です。

制限はこれくらいです。

 

 

少年院の運動会では非行少年も必死!?

運動会をする子供の姿

 

少年院の運動会をこんな風に想像する人がいるかもしれません。

非行少年の集まりだからみんなダラダラやって適当なんでしょ。

練習も真面目にやる人なんていないでしょ?

こう思っている人はぜひこの先を読んでください。

 

 

非行少年も必死に運動会をやっている

 

先ほど書いたように非行少年のイメージからすれば運動会なんてしっかりやる人いないだろう、と思う人が多いかもしれません。

しかし、実際は全く違います。

みんな必死になって運動会をします。

練習も本気でやっていて、絶対に優勝しようとみんな必死です。

そしてみんな運動会が大好きです。

 

ではなぜ必死になって運動会をやるのか?

よく見る非行少年の姿とは真逆な理由を書いていきます。

 

・運動会は親もくるのでいい姿を見せたい

・いい意味で争いが好き

・少年院の行事の中で一番のビックイベント

・練習を必死にやるので本番で輝きたい

・みんなで協力して優勝したいと思っている

 

みなさんのイメージの非行少年とは真逆だと思います。

教官に指導されているから必死に運動会をやるのではなく、自主的に進んで運動会を必死になってやります。

これは普段見れない非行少年の姿だと思います。笑

 

 

少年院の運動会は楽しい

 

※ここは僕が少年院で経験した運動会の感想を書いていくだけなので興味ない人は飛ばしてください!

 

少年院での運動会はめちゃめちゃ楽しいです。

今ですらもう一度やりたいと思っています。

なぜなら、練習から本気で誰一人としてふざけたり、適当にやってりする人がいないからです。

 

僕は小学校と中学校の運動会には出たことがありますが、練習をふざけている人や面倒くさそうにやっている人がいたと思います。

ちなみに僕はその一人でした。笑

 

そんな人が少年院の運動会では一人もいないので本気の勝負という感じがして楽しいです。

みんなで優勝できた時はものすごい喜びました。

教官もこの時はみんなで抱き合って喜んでくれます。

怖い教官とかが喜んでいる姿を見ると面白いです。笑

 

そんな感じで小学校や中学校の運動会より断然楽しかったです。

 

 

少年院の運動会で喧嘩はないのか?

大玉転がし

 

少年院という場所なのでトラブルはつきものです。

そんな中、喧嘩があったりして運動会がぶち壊しになったりしないか。

と疑問に思う人もいるかもしれません。

そんな人のために書きました。

 

 

熱くなるがみんな正々堂々と運動会をやっている

 

非行少年の特徴として熱くなりやすいのがあげられます。

負けず嫌いだったり、1番になりたかったり。

すると競技によっては熱くなり、喧嘩にまで発展しそうに思いますが、そんなことはありません。

ヤジを飛ばしたりすることも絶対にありません。

ちなみにヤジを飛ばしたりしたら規則違反とみなされます。

すると少年院にいる期間が伸びてしまいます。笑

少年院の規則についてもっと詳しく知りたい人は記事を用意したのでそちらを読んでください。

 

少年院に3回入ったもちゆうが答える厳しすぎる少年院の規則

 

 

少年院で運動会がある理由

障害物リレーをする子供

 

そもそも少年院でなぜ運動会があるのでしょうか?

年齢層が高い(18から20歳ぐらい)少年院でも運動会はあります。

運動会という年齢でもないのに少年院では運動会があります。

そこには非行少年が更生する意図があります。

その意図について書いていきます。

興味ない人はぜひ飛ばしてください。

 

 

少年院で運動会がある理由

 

少年院で運動会がある理由を箇条書きでまとめました。

以下の通りです。

 

・周りと力を合わせる力を養う

・運動会を通して少年同士の絆を深める

・何かに一所懸命になる楽しさを知るため

・日頃お世話になっている来賓の人たちにみてもらうため

 

一番の理由としては

 

・周りと力を合わせる力を養う

 

というのが一番の理由です。

非行少年は周りの人と協力する力、協調性が足りていない人が多いです。

なので運動会というのは周りと協力することが大事になるので協調性が養われます。

一人行動が好きだった少年が運動会を通して、周りと協力する力を身につけて少年院での生活も改善さたりしています。

 

運動会1つでもこれほどの意図があって少年院ではやっています。

意外と奥が深いかなと個人的には感じます。笑

 

 

もちゆうの感想

 

今回は少年院の運動会について書きました。

少年院は閉鎖的な場所なので世間に運動会がどのような行われているのか知らない人も多いと思いこの記事を書きました。

ほとんど小学校や中学校で行われている運動会と変わりはありませんが、少年院では非行少年の更生に役立たせるためにこの運動会をやっています。

 

そして少しでも少年院のことについて知っていただけたら嬉しいです。

よかったら少年院の記事は他にもあるので気になる人はぜひ読んでみてください。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

よかったらシェアもお願いします!!

最新記事をチェックしよう!
広告