ご覧いただきありがとうございます。ツイッターのフォロワーを増やし中です。ぜひフォローお願いします。

少年院の喧嘩事情

みなさん、お疲れ様です!おはようございます!こんにちは!こんばんは!

もちゆうです!!

今回は”少年院の喧嘩事情”につて書いていきます。

 

”少年院” ”喧嘩” このキーワードを見て何を思いますか?

多くの人が『少年院では喧嘩だらけだろうなぁ』とか『少年院なんて入ったら殴られたりするんだろうなぁ』とか思かと思います。

 

先に言っておきますが、少年院では喧嘩は一切ありません!

ましてや殴り合うことなってありえません!

 

この記事の結果がわかったところで先に進めていきます。

だいたい3分程度で読める記事なので最後までお付き合いください。

 

 

広告

少年院では喧嘩がないの!?

男女の喧嘩

 

少年院で喧嘩はないと冒頭で書きました。

その理由も含めて詳しく書いていきたいと思います。

そして喧嘩だけでなくていじめもないか書いていきます。

 

 

少年院で喧嘩がない理由

 

少年院で喧嘩がない理由は以下の通りです。

 

少年院で喧嘩がない理由

・喧嘩すると規則違反になり、少年院にいる期間が延びる

・喧嘩しても何も得がない

・喧嘩するほど暇じゃない

・そもそもみんな仲がいい

・喧嘩するほど子供じゃない

 

この中で1番の理由が

 

喧嘩すると規則違反になり、少年院にいる期間が延びる

少年院の中ではもちろん非行少年が集まっているので規則が厳しく決まっています。

その中に喧嘩をしてはダメみたいな規則があります。

この規則を破ると少年院にいる期間が短くて半月、長いと2ヶ月ほど延びることになります。

少年院をみんな早く出たいと思っているので無駄な喧嘩をしたりはしません。

 

 

少年院でいじめはあるのか

 

『喧嘩が無いのはわかったけどいじめはあるでしょ?』

なんて思っている人もいると思うので一応書いておきます。

 

少年院ではいじめもほとんどありません。

しかし、ほとんどなので少しはあります。

でもいじめと言っても殴られたりとか、食べ物を取られたりとか、意地悪いことをされたりとか、いたずらされたりとか、はありません。

 

実際は、少し言葉がきつかったりとか、何かした時に嫌な顔されたりとか、いじめのうちに入らないことをされるくらいです。

ひどいと先生が仲介に入って仲直りさせられます。

なのでほとんどいじめはありません。

 

少年院でのいじめについて記事を用意したので詳しくはそちらを読んでください。

 

【元非行少年実録】少年院ではいじめが全くない理由

 

 

少年院の先生と喧嘩はあるのか

ムエタイ

 

『少年同士の喧嘩は無いのはわかったけど、先生との喧嘩はあるんじゃないの?体罰とか….』

って思う人もいるかもしれません。

僕自身、少年院に入る前は体罰とかあって、何かすると少年院の先生に殴られたりすると思っていました。

しかし、そんなことも一切ありません。

詳しく書いていきます。

 

 

少年院の先生と喧嘩がない理由

 

少年院の先生と喧嘩がない理由は以下の通りです。

 

少年院の先生と喧嘩がない理由

・先生との信頼関係ができている

・教育者として立場がある

・少年院も学校と同じで体罰なんてあると大きな問題になる

・少年院の院長(一番偉い人)と話す期間があっ、その時に何かれば言われてしまう

・すると懲戒免職になってしまう

・懲戒免職になると一生公務員として働けなくなる

・そもそも先生はみんな優しい

・先生は少年のことを一番に考えている

・少年が立ち直るのに体罰がいらないことを先生は知っている

 

上記の理由で先生との喧嘩はありません。

みんな少年は悩み事があると担任の先生に相談するし、何かあれば担任の先生を頼ります。

なので先生との関係が上手に作られているので喧嘩をしたり、体罰を受けるようなことは絶対にありません。

どの先生もとても優しいです。

 

 

でも少年院の先生と衝突もある

 

実際は先生と喧嘩はなくても衝突はあります。

というのも何でも言えるのも先生で、何でも相談できるのも先生です。

お互いに心を開ける関係なので衝突はどうしてもうまれます。

 

喧嘩にはなりませんが、少年院を出た後のことや、家族のこと、友人のこと、将来のことなどなど衝突する要素はたくさんあります。

しかし、先生は絶対に否定はしません。

でも人生の先輩として有益なアドバイスをくれます。

そして少年はそれをなるべく受け入れようとします。

これは信頼関係ができているからこそできることだと思います。

 

 

少年院で喧嘩はあるけど少し違う

白鳥の喧嘩

 

実際に少年院の中で少年同士で喧嘩もあります。

もちろん殴り合いの喧嘩はありません。

ではどんな喧嘩があるのか書いていきます。

 

 

どんな喧嘩があるのか

 

少年院での喧嘩は基本的にあっても口喧嘩です。

殴り合ったりはしません。

僕は少年院に3回入っていますが、喧嘩をしたところを見たのは1度ぐらいです。

それも殴り合いではなく、ソフトボールの練習中に怒った少年がバットで殴りかかろうとして先生に止められたぐらいです。

それ以外は見たことがありません。

 

ではどんな喧嘩かと言うと、先生が間に入ってお互いに気の済むまで言い合うくらいです。

これは僕も何度も経験したことありますが、必ず先生が間に入るので間違っても殴り合いの喧嘩にはなりません。

お互いに溜まっている不満を言葉でぶつけ合う程度です。

ほぼ口喧嘩のような感じです。

 

 

少年同士で言い合いをした後はどうなるのか

 

実際に少年同士で言い合いをした後はどうなるのか、書いていきます。

少年同士で言い合いをした後は必ず仲直りするように先生が仕向けます。

必ずです。

 

そのまま言い合いをして別れてしまっては、いきなりどこかで殴り合いの喧嘩が始まったりすることもあるだろうし、二人とも気まずい関係のまま生活を送らなくてはいけなくなります。

なので必ず仲直りさせられます。

お互いに納得し合って、今後は普通に接し合うことを約束して終わります。

 

たまに、喧嘩別れみたいな感じで終わることもありますが、基本的には仲直りします。

少年同士も狭い環境の中でギクシャクして生活するのは大変だからだと思います。

 

 

もし少年院で喧嘩したらどうなるのか

カンガルー

 

仮にも喧嘩をしてしまったらどうなるのか書いていきます。

ほとんど見たことはありませんが、話は聞いたことがあるのでその辺りを詳しく書いていきます。

でもほとんどないので安心してください。

 

 

もし喧嘩をしてしまったらどうなるのか

 

では実際に殴り合いの喧嘩をしてしまったらどうなるのか書いていきます。

 

まず規律違反です。

少年院の規律には”他の少年に暴行を加えてはいけない”と言う規律があります。

まずこの規律の違反です。

 

規律違反をすると、謹慎処分になり少年院にいる期間が延びてしまいます。

それに加えて、もしも殴った相手の少年が被害届を出すとするともう一度警察に逮捕されてしまいます。

すると再び裁判をしなくてはいけないので、また1から少年院の生活を送ることになります。

人を殴るというのはそれほどのリスクがあります。

なのでみんなどれだけムカついても絶対に殴ったりはしません。

 

 

もちゆうの感想

 

今回は少年院では喧嘩があるのかについて書きました。

『少年院では喧嘩ばかりでしょ』

なんて思っている人は考え方が変わったのではないかと思います。

本当に全く喧嘩が少年院ではなく、むしろみんな仲がいいです。

仲良く体育をしたり、仲良く行事に取り組んだりしています。

また、自分のことで精一杯の人が多いのでいちいち喧嘩なんてしている暇ありません。

 

少しでも少年院の印象が変わってくれたら嬉しいです。

ぜひ他の記事も読んでみてください。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

よかったらシェアもお願いします!!

喧嘩
最新記事をチェックしよう!
広告