ご覧いただきありがとうございます。ツイッターのフォロワーを増やし中です。ぜひフォローお願いします。

【元非行少年実録】少年院で取れる資格

みなさん、お疲れ様です!おはようございます!こんにちは!こんばんは!

もちゆうです!!

今回は”少年院で取れる資格”について書いていきます。

僕は合計で3回少年院に入りました。その中で多くの資格を取ることができました。

また、資格を取ることは技能を取得すると言う意味以上に多くのことを感じることができます。

その辺も書いていければいいと思っています。

最後までお付き合いください。

 

 

広告

少年院で取れる資格とは

噴水

 

少年院で取れる資格はたくさんあります。

僕も全国の少年院を知っているわけではないので全ての資格を書くことは不可能ですが知っている書いていきたいと思います。

 

 

少年院で取れる資格一覧

 

少年院で取れる資格一覧を書きいました。

こんな資格も取れるのか、と驚くような資格もあると思います。

ざっと眺めてみてください。

 

・ガス溶接

・漢字検定

・アーク溶接

・珠算検定

・半自動溶接

・電験3種(第3種電気主任技術者)

・小型車両建設器械

・消防設備士(乙種)

・玉掛け

・電気工事士(1種、2種)

・危険物取扱者(乙種第四類)

・簿記(2級、1級)

・ワープロ検定

・3級整備士(自動車)

・情報処理技能検定

・高認(高校卒業程度認定試験)

 

これらになります。

まだ他にもあるかもしれませんが、少年院で取れる王道な資格はこれらです。

意外な資格もあったと思います。笑

 

 

取れる資格は少年院によって違う

 

これだけの資格があり、少年院によってどの資格が取れるか違ってきます。

例えば、僕は電気工事士(第1種、第2種)と言う資格を持っています。

これは宮城県仙台市にある東北少年院と言う少年院でしか取ることができません。

 

他にも、少年院に居ながら通信制の高校へ通うことができます。

これは栃木県さくら市にある喜連川少年院と言う日本で1番厳しい少年院でやっている活動です。

こうして、少年院によって取れる資格が違ってきます。

 

しかし、自分が取りたい資格があるからと言って、自分で行く少年院を選べるわけではありません。

あくまで資格を取るために少年院は行くのではなく更生するために少年院に行くのです。

喜連川少年院について気になる人は記事を用意したので読んでみてください。

 

日本で一番厳しい喜連川少年院にとはどんなとこ?

 

なぜ少年院で資格が取れるのか

岩に打ち付ける波

 

それではなぜ少年院でこれだけの種類の資格が取れるのでしょうか?

これには理由があります。

その理由を書いていきます。

 

 

少年院で資格が取れる理由

 

少年院で多くの資格が取れるのには理由があります。

それは以下の通りです。

 

・資格を取ることによって社会に出た時にスムーズに仕事に就くため

・資格を取ることで成功体験を積む

・資格を取るために勉強することで努力することを知る

・資格を取って将来仕事に困らないようにする

 

これらの理由で少年院では資格を取ることに力を入れています。

特に

 

・資格を取ることによって社会に出た時にスムーズに仕事に就くため

 

この理由が大きいです。

社会に出て仕事に就けないと非行に走る可能性が高くなるので資格を取ることに少年院は力を入れています。

 

 

資格を取るためにお金はどこから出ているか

 

資格を取るために受験料や講習料などは税金から出ています。

中には自腹で受講料を払わなくてはいけない資格もありますが、ほとんどの資格は税金から払われています。

 

なんでこんな事を書くかと言うと、社会に迷惑をかけてきたのに社会によって支えられているのが現状だからです。

みんなさんが頑張って稼いだお金で資格の勉強をして資格を取ることができます。

それを少年院に入っていた人は感じてもらいたいです。

 

社会にいる人は自腹で教材を揃えて、自腹で講習をうけたりして必死に勉強して資格を取ります。

しかし、少年院に入っている少年はお金を払わずに資格の試験を受けれたり、無料で教材を使うことができます。

これは絶対に忘れてはいけないことだと僕は思っています。

僕自身も助けてもらったので。

 

 

少年院では多くの少年が資格を取る

手の形をした噴水

 

少年院に入ってくる少年のほとんどが資格を取って社会に出て行きます。

少年院の中で資格を取る事を強要されていないのになぜ少年達は資格を取るのか書いていきます。

 

 

少年院で少年はなぜ資格を取るのか

 

資格をみんな取りたがります。

人気の資格は人数制限があるくらいです。

ここまで資格を取りたがる理由は以下の通りです。

 

・少年院の中ではやることがないので資格の勉強をしたがる

・少しでも知識をつけようとしている

・資格を取ると他の少年に頭がいいと認められるから

・資格を取ると少年院での成績が良くなるから

・本当に欲しい資格だから

・社会に出て仕事に就くため

・教官に取った方がいいと勧められたから

 

この中で多い理由は

 

・少年院の中ではやることがないので資格の勉強をしたがる

・資格を取ると他の少年に頭がいいと認められるから

 

この2つだと感じます。

 

 

みんな資格を取るために必死に勉強している

 

資格を取る理由はなんであれ、みんな必死に勉強しています。

今まで勉強と無縁の生活を送ってきたのになぜ資格を取るために必死に勉強するのかと言うと

 

わからない事がわかった瞬間が楽しいからです。

 

だからみんな必死になります。

勉強をしてこなかったのでみんなが知っているようなことも知らず、数学とかは小学生レベルの人もいます。

なので少しでも何かわかるとそれが楽しくなり、さらに資格の勉強に力を入れるようになります。

 

みんな1つでも多く学ぼうと必死になっています。

そうして資格試験に合格して、成功体験を積んで行くのです。

今まで自分は落ちこぼれだと思っていたのに、資格を取る事ができて自分に自信ができます。

それが社会に出て活きてきます。

 

 

少年院を出た後みんな資格を活かした仕事に就いているのか

水滴

 

人それぞれ違う道を歩んでいるのでみんながどんな仕事に就いているのかはわかりませんが、僕のわかる範囲で書いていきます。

 

 

資格を活かした仕事に就く人は少ない

 

多くの人がそうですが、資格を取ったからと言ってその仕事に就く人は少ないです。

なぜなら、その資格を活かせる仕事がわからなかったり、資格が強みになっていなかったりするからです。

もちろん中には資格を活かして、仕事に打ち込んで充実した生活を送っている人もいます。

 

ではなぜ資格を活かした仕事に就いていない人が多いのかと言うと、みんなやりたい仕事は別にあるからです。

なので資格は資格で持っていて、その資格と関係のない仕事をやっています。

言い方を変えると資格に縛られずに自分の可能性を活かせる仕事を見つけていると言う事です。

 

せっかく取ったのにとは思いますが、資格は成功体験を積むためのものだったとしても損はないと思います。

逆に資格を活かして仕事に就くよりも意味のあるものを手に入れられていると思います。

 

 

もちゆうの感想

 

今回は少年院で取れる資格について書きました。

色々な資格が取れるのでびっくりした人も多いかもしれません。

逆に「こんな資格僕も少年院で取ったよと」言う人もいるかもしれません。笑

そんな人はぜひコメントください!!

 

みんなさんが思っている以上に少年院の教育は充実をしています。

世の中から非行少年や犯罪者を少なくしようと毎日必死に働いている教官もいます。

少しでも世の中が非行少年の更生に協力してくれれば非行少年も少しは減って行くと思います。

ぜひ非行少年の現状についても気にしてみてください。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

よかったらシェアもお願いします!!

最新記事をチェックしよう!
広告