ご覧いただきありがとうございます。ツイッターのフォロワーを増やし中です。ぜひフォローお願いします。

少年院での筋トレは辛いのか?【元非行少年】

みなさん、お疲れ様です!おはようございます!こんにちは!こんばんは!

もちゆうです!!

今回は”少年院での筋トレは辛いのか?”について書いていきます!

 

ちなみに僕は少年院に3回入っていて、3ヶ所の少年院を経験しています。

なので全て実体験をもとに書いた内容となっています。

気になる人はぜひ最後まで読んでみてください。

少年院での筋トレがどれほど辛いかわかると思います。

3分ほどで読める記事となっているので最後までお付き合いください。

 

 

広告

少年院ではどんな筋トレをするのか?

ダンベル

 

少年院でどのような筋トレをするのか筋トレの種類や回数を書いていきます。

また、筋トレをする時間も決まっていて、自由に筋トレする時間もあるのでそこについても書いていきます。

 

 

少年院でやる筋トレの種類や回数

 

少年院でやる筋トレの一覧を用意しました。

※少年院によって内容が全く違います。

 

腕立て伏せ100回
腹筋100回
リズムスクワット300回
花火100回
擦り上げ100回
背筋100回
おんぶしてスクワット100回
体幹トレーニング3分程度

 

だいたいこんな感じです。

どれも回数が3桁というのがほとんどです。

また、外国の刑務所などでは器具を使って筋トレができますが、日本の少年院では器具を使って筋トレはできません。

全て自重のみです。

 

軍隊並みの筋トレで、回数も時間もめちゃめちゃ多いです。

こんなに筋トレをしたら自然とマッチョになります。

なので少年院に入った非行少年はみんな体が引き締まっています。

少年院の中で体がたるんでる少年は新人だと一目でわかります。

 

 

少年院では筋トレの時間がどれくらいあるのか?

 

少年院での筋トレの時間は多くあります。

少年院によって違いますが、僕が最後に入った日本で一番悪い少年が集まる久里浜少年院を例に紹介します。

久里浜少年院について知りたい人は記事を用意したので読んでみてください。

 

【元非行少年実体験】久里浜少年院とはどんなところ?

 

筋トレの時間は大きく分けると2つあります。

以下で1つずつ書いていきますね。

 

1つ目が、みんなで筋トレをする時間です。

体育の時間です。

これは集団で筋トレをして、先生が決めたメニューをみんなでやります。

この時間にやる筋トレが上記で書いたようなメニューとなっています。

だいたい40分程度となっています。

 

2つ目が、自主的にできる筋トレの時間です。

自主体育と久里浜少年院では呼ばれています。

この時間は筋トレをしてもいいし、しなくてもいい時間です。

メニューは自分で好きな筋トレをできます。

意外と多くの少年が筋トレをしています。

だいたい30分程度となっています。

 

40分や30分丸々筋トレの時間だったりするのでみんなどんどんマッチョになっていきます。

これだけ筋トレをしてたるんだままの体の少年がいるわけありませんよね。笑

少年院を出る頃にはみんな腹筋が割れていたり、腕が太くなっていたりして体が引き締まっています。

 

 

少年院での筋トレは最初はついていけない

腹筋をする女性

 

少年院での筋トレは最初は絶対についていけません。

不摂生な生活を送ってきた非行少年が多くいますから少年院でいきなり上記のようなメニューをこなすのは難しいのは想像できると思います。

ではついていけないとどうなるのか書いていきます。

 

 

少年院で筋トレについていけないとめちゃめちゃ怒られる

 

最初は筋トレについていけないのは当たり前のことですが、筋トレについていけないと怒られてしまいます。

これは少年院に入った少年がみんな通る道です。

では僕が1番はじめに入った日本一厳しい少年院である喜連川少年院を例に書いていきます。

喜連川少年院について知りたい人は記事を用意したので気になる人はぜひ読んでみてください。

 

日本で一番厳しい喜連川少年院にとはどんなとこ?

 

喜連川少年院ではこのような感じです。

※先生もいじめている訳ではなく、指導の1つなのでご了承ください。

 

腕立て100回とかできないのが当たり前です。

途中でできなくなってしまって潰れてしまうと、先生からこんな感じで怒られます。

 

「〇〇〜」

「もっと真剣にやれー!!」

「まだできるだろ!!諦めるなー!!!」

 

こんな感じで怒られます。

熱血指導といった感じですね。

もう一度言いますが、熱血なだけで決していじめている訳ではありませんので。

 

 

少年院で筋トレについていけなかった僕の場合

 

初めての少年院では僕は筋トレにまったくついていけませんでした。

なのでめちゃめちゃ怒られました。

こんな感じです。

 

もちゆう!!もっとできるだろう!!」

「もっと本気出せ!!!」

 

これを筋トレの時間のたびに言われ続けます。

もちろんムカつきますが、言い返すことができず『ちくしょ』って思いながら筋トレをしています。

なのでさらに筋トレに力が入っていきます。

すると段々とみんなと同じようにできるようになっていきます。

 

 

少年院でめちゃめちゃキツイ筋トレをする理由

ダンベルをもつ女性

 

ではなぜ少年院でこんなにも怒られながら辛い筋トレをするのでしょうか?

それにも非行少年を立ち直させる意図があります。

書いていきますね。

 

少年院で辛い筋トレをめちゃめちゃする理由

 

少年院で筋トレをする理由は以下の通りです。

 

健全な体には健全な心が宿る

 

この考えのもと少年院では指導しています。

なのでめちゃめちゃ辛い筋トレをします。

 

少年院に入ってくる少年はみんな不摂生な生活を送っています。

夜型の生活であったり、寝る時間が不規則だったり、好きな物しか食べずに栄養バランスが偏っていたり、タバコやお酒を吸ったり飲んだりしています。

なのでまずは健全な体を作るためにも筋トレをします。

 

 

少年院の筋トレで僕が得たもの

 

僕は先日このようなツイートをしました。

 

 

上記に書いたように、これだけ辛い筋トレをしているので何かしら得るものあると思います。

では実際に僕が少年院で筋トレをして得たものをいくつか書いていきます。

 

少年院の筋トレで得たもの

・引き締まった体

・諦めない気持ち

・負けん気

・折れない心

・本気でやることの大切さ

・努力をすれば結果が出ることを知った….etc

 

主に上記のようなものを得ました。

少年院での筋トレはめちゃめちゃ辛いですがその分得るもの多いです。

筋トレ1つとっても少年院では非行少年の立ち直りに大切なものとなっています。

 

 

少年院で筋トレをした感想

筋トレをする男性

 

少年院に3回入っている僕ですが実際に少年院で筋トレをしてきた感想を最後に書きたいと思います。

興味のない人がぜひ飛ばしてください!

 

 

少年院で筋トレをした感想

 

少年院で筋トレをしてみて得るものは多かったです。

上記でも書きましたが多くのものを得られます。

僕は少年院の生活の中で1番得るものが多いのが筋トレだったと思っています。

 

腕立てが30回くらいしかできなかったのに段々と50回、60回とできる回数が増えていき、やればできるんだと自信がつきました。

これは今の生活でもかなり活きています。

特に仕事面やこうしてブログを書くときに活きています。

 

たかが筋トレですが、されど筋トレです。

ちなみに今でも筋トレは続けていて、今は毎日ジムに通っています。

おかげでかなりマッチョになりました。笑

 

 

もちゆうの感想

 

今回は少年院の筋トレ事情について書きました。

なかなか辛いですが、少年院での筋トレは楽しくもありました。

少年院での筋トレを経験したことがある人が少ないとは思いますが、ぜひ1度は経験してもらいたいです。

経験することは不可能ですが。笑

それほど楽しいし、勉強になります。

僕は今日もジムに行って頑張ります。笑

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

よかったらシェアもお願いします!!

最新記事をチェックしよう!
広告