ご覧いただきありがとうございます。ツイッターのフォロワーを増やし中です。ぜひフォローお願いします。

少年院を出た後どんな仕事に就ける?

みなさん、お疲れ様です!おはようございます!こんにちは!こんばんは!

もちゆうです!!

今回は”少年院を出た後どんな仕事い就ける?”について紹介します。

僕自身も元非行少年で少年院には3回入りました。

そんな僕の経験を活かして記事を書いていきます。

僕の実体験は最後に書いてありますのでぜひ読んでみてください!!

 

 

広告

少年院を出た後の仕事に制限はない

スーツを着てネクタイを締めている男性

 

よく聞く話ですが少年院を出ると仕事が制限されるとか、好きな仕事ができないなんて言われます。

しかし、これは90%間違いです!!

その理由をこれから書いていきます。

 

 

少年院を出た人が仕事に就くのに制限がない理由

 

先に1つだけ言っておくことがあります。

それは少年院を出た人が少年院の教官や刑務所の教官になるのは難しいところがあります。

そういう仕事以外の話になりますのでご了承ください。

 

少年院を出た人が仕事に就くのに制限がない理由は簡単です。

 

前科が付いていないし、努力すればなんでもできるからです。

 

たったこれだけの理由です。

もし大学卒業資格が必要な仕事に就きたいのであれば高認(高校卒業程度認定試験)を取れば一切問題ありません。

そしてセンター試験を受ければいいだけです。

なので大学卒業が必要な仕事であっても就くことは可能です。

その他、高等技術が必要な仕事でも必死に学べばなんでもできます。

なので少年院を出たからと言って仕事に制限はないのです。

 

もっと詳しく書いた記事があるので気になる人はそちらを読んでみてください。

【元非行少年 実録】元非行少年でも無限の可能性がある

 

 

少年院を出ていても好きな仕事に就こう

 

少年院に入っていたからと言って自分の好きな仕事に就くのを諦めてはもったいないです。

自分のやりたい仕事、やりがいを感じる仕事、なんでもいいです。

イヤイヤ仕事をするのはやめましょう。

 

好きな仕事に就く方法はあとで紹介しますのでここでは省略します。

 

 

少年院をで得た資格を活かせる仕事に就けるか?

机の上に広がっている本

 

少年院では多くの資格が取れます。

その理由は少年院を出た後に資格を持っていると仕事に就くのがスムーズだからです。

しかし、少年院で取った資格を活かせるのか疑問に思っている人もいるかもしれません。

そんな人はぜひ続きを読んでください。

それ以外の人は飛ばしてください。

 

 

少年院で取れる資格

 

僕は少年院でそれほど資格を取らなかったのであまり種類は知りませんが、僕の知る限りで資格を一覧でまとめました。

少年院でどんな資格が取れるのか知らない人もいると思うので一応書いておきます。

知っている人は懐かしいな….

と思いながら一覧を適当に流し見てください。

 

・アーク溶接

・ガス溶接

・小型建機

・電気工事士

・第3種電気主任技術者

・危険物乙4

・玉掛け

・高認(高校卒業程度認定試験)

 

少年院によって取れる資格は違いますが、だいたいこれぐらいだと思います。

僕もこの中のいくつかを取りました。

あまり今回の記事には関係ないのでここで終わりますね!

 

 

これだけ資格を取れるけど仕事に関係ない

 

少年院に入ると多くの資格が取れますが、正直資格を取ってもあまり意味はありません。

資格がどうしても必要な仕事は限られています。

 

資格よりも必要なのは就きたい仕事の知識をどれだけ持っているかです。

資格はあくまで証明でしかありません。資格ばかりに頼るのはダメです。

 

よく少年院に入っていた人の話を聞くと資格を活かせる仕事に就きたいと聞きますが、資格は正直いらないともいます。

その理由を書いていきます。

 

・資格を持っていないくても好きな仕事に就ける

・資格が全てではない

・資格は机上の理論でしかない

・資格でその人の技術が決まる訳ではない

・資格があっても知識がない人がいる

・資格よりもどれだけ知識があるかが重要

 

上記の理由で資格は正直いりません。

それよりも就きたい仕事の知識を身に付けるのが重要です。

 

 

少年院を出て好きな仕事をする方法

机に向かってパソコンで仕事をしている

 

少年院を出ていても好きな仕事に就きたい人が多くいると思います。

そんな人のために好きな仕事に就く方法を書きました。

 

 

まずは目標を持つ

 

目標がないと今、何をしていいか分かりません。

なので目標設定が大事になります。

目標設定の方法は

 

・まずは自分が将来どうなりたいか想像する

・そのためにどんな仕事をすべきか考える

・その仕事をするために必要な知識を調べる

・調べたら知識を手に入れる

 

この流れで目標を設定していきます。

重要なのは目標を細分化して今の自分が目標のために何をするべきなのか具体的にすることが重要です。

これができないと何かしたいけど何もできないという、もどかしい生活を送ることになります。

 

 

次に圧倒的な努力

 

目標を設定した次にやることは単純です。

圧倒的な努力です。

努力の度合いは僕が言うまでもありませんが、とにかく毎日やり続けることです。

そうすれば必ず目標を叶います。そして好きな仕事に就けるはずです。

オススメの方法は

 

仕事帰りに飲み言ったりせず自分の目標のためにひたすら時間を使うことです。

そして、毎日10分でもいいので毎日積み重ねることです。

 

これがオススメの方法です。

文字で書くと簡単に見えますが実際にやって見ると気分が乗らない日とかは難しいです。

時々息抜きを入れながら頑張ってみてください。

 

そして非行少年は特にそうですが、周りの人が必死に勉強しているときに非行ばかりをして勉強のために時間を使ってこなかったので周りの人との差が大きいです。

なので余計に努力が必要になります。

しかし、圧倒的に努力すれば必ず自分の好きな仕事に就けるし、人生も楽しくなります。

 

 

少年院を出た後の僕の仕事

営業マン

 

これは例に僕のことを書くだけなので気にならない人はぜひ飛ばしてください。

少しでも参考になればいいと思っています。

 

 

昔の僕

 

昔の僕は根っからの非行少年でした。

15歳から少年院に入り始めて、合計で3回、4年間少年院に入っていました。

真面目に仕事を始めたのは20歳になってからです。

 

暴走族にも入り、喧嘩、恐喝、窃盗、無免許、ほとんどの悪いことはやってきました。

これが昔の僕で仕事を真面目にやろうと思ったことはありませんでした。

 

 

現在の僕

 

そして現在の僕は営業の仕事をしています。

営業の仕事を始めて3ヶ月でトップとなりもう2年以上はトップをキープしています。

そして今はこうして非行少年に向けてブログを書く毎日です。

 

なぜトップになることができたのかと言うと、毎日仕事が終わってから必死に営業の勉強をしていたからです。

みんなが遊びに出かけている時に必死に本を読んで、youtubeをみて勉強していました。

これが今の結果に繋がってきます。

 

結局はこうやって努力をしないと結果は出ません。

ネット知識がほとんど無かった僕でもこうしてブログを書けるのも必死に調べて勉強したからです。

全て必死になってやることが大事になってきます。

 

僕が大事にしている言葉で

 

”為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり”

 

と言う上杉鷹山という昔の人の言葉があります。

この言葉の通りどんな事もやればできるのです。

できないのはやらないからだと僕は思っています。

 

 

もちゆうの感想

 

今回は少年院を出た後の仕事について記事を書きました。

少し脱線している内容もありますが、大事な事なので書きました。

この記事を読み終えたあなたが”今からでもやってやるぞ!”という気持ちになってくれたら嬉しいです。

少年院を出ていても不可能はないです。

やればなんでもできます!

ぜひ挑戦してください!!

最後まで読んでくれてありがとうございます。

よかったらシェアもお願いします!!

机の上に置いてあるパソコン
最新記事をチェックしよう!
広告