ご覧いただきありがとうございます。ツイッターのフォロワーを増やし中です。ぜひフォローお願いします。

少年院への差し入れについて【元非行少年】

みなさん、お疲れ様です!おはようございます!こんにちは!こんばんは!

もちゆうです!!

今回は”少年院への差し入れについて”を紹介します!

僕自身も元非行少年で少年院には3回入りました。

その際の差し入れはとても嬉しい物でした。

しかし、差し入れにも規則があってなんでもかんでも差し入れ出来るわけではありません。

なのでこの記事を読んで何が差し入れできて、何が差し入れできないのか確認してから少年院に差し入れしてください。

また、誰でも差し入れできるわけもありません。

自分は少年院に差し入れできるのかどうか、確認してみてください。

では書いていきます!!

 

 

広告

少年院に差し入れできる人

プレゼント

 

少年院に差し入れできる人は決まっています。

誰でも差し入れできるわけではないので、どんな人が差し入れできて、どんな人が差し入れできないか書いていきます。

ぜひ自分は差し入れできる人なのか照らし合わせてみてください。

 

 

少年院に差し入れできる人

 

少年院に差し入れできる人は決まっていてます。

 

それは原則として3親等以内です。

 

3親等以内とは

両親・配偶者(婚姻者)が1親等、お爺ちゃんお婆ちゃん・兄弟が2親等、両親の兄弟(叔父or叔母)および両親の親(曾祖父母)が3親等となります。

その他、いとこは4親等なので差し入れはできません。

 

その他で差し入れできる人は少年院の更生に必要不可欠な人です。

例えば、通っている学校の先生や社会に出たらお世話になる会社の人などです。

その他は原則として差し入れはできません。

 

 

差し入れできない人

 

差し入れできない人は基本的に上記以外の人になります。

友人や後輩が差し入れすることはできません。

 

彼氏・彼女が差し入れはできるの?
彼氏や彼女に差し入れすることは基本的にできません。(結婚していれば1親等なので差し入れできます。)

しかし、例外はあります。

それは少年院に許可を取る事ができれば差し入れ可能です。

その方法について下で説明します。

 

許可を取る方法(少年院収容者側)

少年院収容者が少年院に入って1週間くらいで差し入れ・手紙・面会リストみたいなのを作成します。

それを少年院側に提出して、許可がおりて初めて差し入れができる仕組みになっています。

 

許可を取る方法(社会にいる彼氏・彼女側)

社会にいる彼氏・彼女側が許可を取る方法は、少年院収容者に向けて差し入れをする事です。

すると少年院収容者は教官に差し入れが来たことを知らされて、その差し入れの相手は誰か聞かれます。

そして「教官が差し入れが欲しければ許可申請を出しなさい」と少年院収容者に言って少年院収容者が許可申請を少年院側に出して許可がおりれば差し入れができます。

 

その他手紙や面会については記事を用意したので気になる人は読んでみてください。

 

【元非行少年実録】少年院にいる人と手紙のやりとりをする方法

 

【元非行少年実録】少年院の面会で気をつけること4選

 

 

少年院に差し入れできる物

プレゼント

 

差し入れできる人が決まっているように差し入れできる物も決まっています。

なんでもかんでも差し入れできるわけではありません。

少年院側が決めた物しか差し入れできません。

それ以外の物は少年には届かないので気をつけください。

 

 

差し入れできる物

 

差し入れできる物を一覧でまとめました。

自分が差し入れしたい物が差し入れできるかどうか確認してみてください。

※少年院によって差し入れ可能な物が違うので少年院に確認してみてください。

 

差し入れできる物

・パンツ

・タオル(フェスタオル)

・靴下

・お金(5000円以内)

・写真(1度に5枚以内)3親等以内が写っている物のみ

・本(1度に3冊まで)漫画も可

・宗教関係の物

 

基本的に上記の物が差し入れ可能です。

 

 

差し入れ出来ない物

 

差し入れできない人は上記の物以外ですが、よく間違ってしまう物をピックアップして書いていきたいと思います。

 

差し入れできない物

・スマホ

・服

・ズボン

・シャンプーなど

・コスメ

・ノート

 

この他にも差し入れできないものは沢山あります。

もしも気になる人は少年院に直接問い合わせてください。

 

 

差し入れの際に気をつけたいこと

プレゼント

 

差し入れする際に気をつけたいことをまとめました。

どんな事を気をつけるべきかこれを読んでから差し入れしてみてください。

また、差し入れの方法もまとめました。

 

 

気をつけたいこと

 

差し入れの際に気をつけたいことがいくつかあります。

それは以下の通りです。

 

差し入れの際に気をつけたいこと

・大量に差し入れない(金額や数量など)

・写真を差し入れる際には写っている人

・少年に悪影響な物は差し入れない

・差し入れできるか分からないものは少年院に直接確認する

 

上記を気をつけて差し入れしてみてください。

とにかく分からないことは少年院に直接電話して問い合わせることをオススメします。

また、コメント欄でもお答えしますのでぜひ気軽にコメントください。

 

 

差し入れする方法

 

差し入れする方法は2通りです。

 

・面会の際に差し入れる

・郵送で差し入れる

 

このどちらかです。

多いのは面会の際に差し入れする人が多いです。

しかし、差し入れする物が多いと運んでくるのが大変なので個人的には郵送がオススメです!

 

 

少年院に差し入れする際に手紙を添えた方がいい

ギフト

 

少年院に差し入れをする際に手紙を添えるべき理由を書いていきたいと思います。

差し入れの方法やルールだけを知りたかった人は以上で終わりです。

よければ他の記事も読んでみてください。

 

 

差し入れの際に手紙を添えた方がいい理由

 

差し入れの際は必ず手紙を添えた方がいいと思います。

『差し入れの物を郵送するだけだらいいか。』

とならず少しでもいいので手紙を添えてあげてください。

ちなみに差し入れの際に手紙を添えた方がいい理由は以下の通りです。

 

差し入れの際に手紙を添えた方がいい理由

・少年院で頑張るためのモチベーションになる

・少年院の中は孤独なので単純に嬉しい

・差し入れと一緒に手紙があると手紙の内容が心に響きやすい

・『ありがとう』という気持ちがより一層出る

・差し入れだけだと少し寂しい

・手紙を貰えること自体が嬉しい

 

上記の理由で差し入れの際は手紙を添えた方がいいと思います。

あくまで僕が思った事ですが、僕自身差し入れを貰った時に手紙を添えてあるととても嬉しかったので間違いないと思います。

 

差し入れに添える手紙ほどいつも言えない事を書くべき

 

差し入れの際の手紙ほどいつもは恥ずかしくて言えない事を書くべきです。

理由は以下の通りです。

 

差し入れをもらうととても嬉しくなり、手紙の内容も心に残りやすくなるからです。

 

僕も今でも覚えている内容は差し入れの際に一緒に添えてあった手紙の内容です。

少年院を出て現在は2年以上になりますが今でも覚えているのでやはり効果はあると思います。

 

なので普段なら恥ずかしくて言えない事を手紙に書いて差し入れに添える事をオススメします。

必ず相手に伝わるはずです。

そして、その手紙で変わるきっかけになるかもしれません。

ぜひ差し入れの際は手紙を添えてあげてください。

 

 

もちゆうの感想

今回は少年院への差し入れについて書きました。

少年院に差し入れを考えている方がこの記事を読むかと思います。

もしも少年院に入っている少年の事で悩んでいたらぜひいつでもご相談ください。

ツイッターからDMかお問い合わせフォームからメールをいただければいつでも相談に乗ります。

ぜひお気軽にご相談ください。

少しでもあなたの力になれたら嬉しいです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

よかったらシェアもお願いします!!

最新記事をチェックしよう!
広告