ご覧いただきありがとうございます。ツイッターのフォロワーを増やし中です。ぜひフォローお願いします。

少年院を出た後の生活とは【元非行少年】

みなさん、お疲れ様です!おはようございます!こんにちは!こんばんは!

もちゆうです!!

今回は”少年院を出た後の生活とは”について書いていきます!

 

僕、もちゆうは少年院に3回入っており、その中でたくさんの失敗もしてきました。

なので今回はその失敗も含めて全てを包み隠さずに書いていきます。

少年院に入って事のある人は『自分もこんな事あったなぁ〜』と思いながら見てくれれば嬉しいです。

少年院に入った事のない人は、少年院を出た後の生活ってこんな感じなのかと知っていただければ嬉しいです。

では書いていきますね!

 

 

広告

少年院を出た後の生活とは

ウミガメ

 

少年院を出た後に送っていた生活を実体験をもとに書いていきます。

僕は3回少年院に入っているので3回に分けて書いていきたと思います。

 

 

1度目の少年院を出た後の生活

 

1度目の少年院に入ったのは15歳の頃でした。

約1年半を栃木県にある喜連川少年院と言うところで過ごしました。

喜連川少年院を出たときは16歳です。

 

喜連川少年院を出てから半年後に逮捕されました。

この時の僕の生活はこのような感じです。

 

1度目の少年院を出た後の生活状況

・埼玉県で一人暮らしをしていたが、家に帰っていなかった

・地元の友達の家で生活していた

・仕事をしていなかった

・暴走族をやめたが、暴走族仲間と縁が切れていなかった

・お金を得るために犯罪を常にしていた

 

このような感じの生活を送っていました。

地元を離れて一人暮らしを始めましたが孤独に耐えられず、地元に戻ってしまい友達の家にいそうろうしていました。

そして、その友達と一緒に犯罪を犯して、お金を得ていました。

この時は、空き巣、恐喝、窃盗、無免許、傷害などなどです。

 

喜連川少年院について知りたい人は記事を用意したのでそちらを読んでみてください。

 

日本で一番厳しい喜連川少年院とはどんなとこ?

 

 

2度目の少年院を出た後の生活

 

2度目の少年院に入ったのは17歳の頃でした。

約1年を宮城県にある東北少年院と言うところで過ごしました。

東北少年院を出たときは18歳です。

 

東北少年院を出てから半年後に逮捕されました。

この時の僕の生活はこのような感じです。

 

2度目の少年院を出た後の生活状況

・埼玉で生活していたけど家に帰っていなかった

・地元の友達の家で生活していた

・仕事をしていなかった

・昔の暴走族仲間とつるんでいた

・お金を得るために犯罪を常にしていた

 

このような生活を送っていました。

1度目の少年院に入った後の生活とほとんど同じような生活を送っていました。

この時は後輩を連れて全国を回って窃盗をしていました。

内容については犯罪講座になってしまうので詳しくは書きません。

そして19歳で逮捕されて3度目の少年院、久里浜少年院に入ることになりました。

 

 

3度目の少年院を出た後の生活

 

3度目の少年院に入ったのは19歳の頃でした。

約1年を神奈川県にある久里浜少年院と言うところで過ごしました。

久里浜少年院を出たときは20歳です。

 

久里浜少年院を出た後の生活はこのような感じです。

 

3度目の少年院を出た後の生活状況

・NPO法人クラージュに引きっとてもらった

・営業の仕事を始めた

・営業の仕事を始めて3ヶ月でトップになった

・昔の仲間とは一切連絡を取らずに新しい仲間ができた

・自分の経験を活かしたブログを書き始めた

・年間5回ほどは旅行へ行くようになった

 

このような生活を現在は送っています。

3度目の少年院でやった立ち直ることができました。

立ち直れたのは周りの人のおかげだと思っています。

僕一人では再び地元に帰って犯罪を犯していたと思います。

 

 

少年院を出た後の生活で大変な事

水滴のついた植物

 

少年院を出た後の生活で大変なことが多くあります。

なのでいくつかピックアップしてまとめました。

詳しく書いていきます。

 

 

少年院を出た後は孤独

 

少年院では昔の非行仲間と連絡を取ってはダメと教えられます。

これは少年院で教えてくれる通り守った方がいい事だと思います。

 

しかし、この教えを守ろうとすると必然的に友人が少なくなります。

少年院に入っている人は基本的に非行仲間しかいません。

普通に遊ぶ友人が少ないのです。

また、少年院に入ったとなれば普通の友人がいたとしても離れていくかもしれません。

なので少年院を出た後は友人が少なくなってしまいます。

 

すると孤独に感じてしまう人が多いです。

僕は地元を離れて生活をしていたので友人が一切おらず、孤独から寂しさを感じて地元に戻ってしまい、非行仲間と再びつるんでしまいました。

この孤独というのが一番少年院を出た後の生活で大変なことだと思います。

多くの少年がこの孤独に耐えられずに再び地元に戻ってしまい、再び非行をしてしまいます。

 

 

少年院に入っていた事が周りにバレたらと考えてしまう

 

少年院に入った経験のある人の多くが少年院に入っていたことがバレたくないと思っています。

それはそうだと思います。

少年院という場所はイメージがとても悪く、とんでもない非行少年が入っているところだというイメージがあるからです。

 

もちろん中には僕のように少年院に入っていた事をオープンにしてしまう人もいるかもしれません。

ですが、多くの人は少年院に入っていた事を知られたくないと思っています。

なのでこの少年院に入っていた事実を隠して生きている人が多いです。

知らないだけで実はあなたの周りにも少年院に入っていた人がいるかもしれません。

 

で隠すのがなぜ大変かと言うと、どこから情報が漏れるか分からないからです。

たまたま友人と町を歩いていたら、同じ少年院だった人と出くわすこともあります。

僕は何度も経験しています。

 

そしてバレて『へぇ〜』で終わればいいのですが、そんな簡単な話ではないと思います。

もしバレたのが職場の友人だったら職場の人にバレるのも時間の問題です。

 

自分のやってきた事の結果かもしれませんが、少年院を出た後に少年院に入っていた事を隠すのは大変な事です。

いつバレるか分からない恐怖が常にあるのです。

 

 

少年院を出た後の生き方

芽吹き

 

少年院を出た後の非行少年は色々な生き方をしています。

再び犯罪を犯してしまい刑務所に入ってしまう人、ニュースに載るような大事件を起こしてしまう人、その反面、真面目に生きている人、社会貢献している人、経営者になっている人などなど

様々に人がいます。

では、少年院を出た人がどのような考えた方で生き行くべきなのか僕自身の考え方を書きました。

 

 

少年院まで入っているんだから開き直れ!

 

僕の考え方は題名の通り”少年院まで入っているんだから開き直れ!”と思っています。

少年院に入ったことがある人はかなり少ないです。

東大に入る確率よりも低いと言われるくらいなのでかなり少ないと思います。

なので逆に貴重な経験ができたと思って開き直ってしまうべきだと思います。

開き直れると以下のような利点があります。

 

開きなる得れる利点

・周りの目を気にしなくなる

・少年院に入るぐらいまで落ちぶれたのだから、それ以上落ちることはないと思える

・基本的に怖いものがなくなる

・少年院に入ったことがいい経験だと思える

・後ろめたい事が無くなって堂々と生きられる

・つつかれても怖い事はないと思える

 

下記のような利点があります。

なので開き直ってしまった方が人生が楽に生きられます。

かなりオープンに生きていくべきかと僕は思います。

ちなみに僕は犯罪歴まで全てオープンです。

なのでつつかれる事がないので何も怖くないです!笑

 

 

少年院を出たって可能性は無限にある

 

少年院を出た人からこんな相談を受ける事があります。

 

頭を抱える女性

少年院を出た人

少年院に入った時点で人生終わりですよね?

 

僕の考え方はむしろ逆です。

少年院を出たからといって全てを諦める必要はありません。

むしろチャンスだと思います。

 

少年院に入るという経験は普通の人は絶対にしません。

でも、少年院に入ったあなたは経験しています。

つまり、周りの人よりも希少価値の高い経験をしているのです。

なので怖気付く必要はないと思います。

もっと堂々として、立ち直ればいいと僕は思います。

 

この”少年院を出たって無限に可能性はある”と言う根拠をもっと詳しく説明した記事がありますのでもし良かったらそちらの記事を参考にしてください。

 

【元非行少年 実録】元非行少年でも無限の可能性がある

 

 

少年院を出た後に後悔しない生き方を送る方法

夕日をバックに飛び跳ねる女性

 

では最後に少年院を出た後でも後悔しない人生を送る方法を書いていきます。

少年院を出た人の多くが生きずらいと思っているはずです。

自分のやった事の結果なので仕方ないかもしれません。

でも、少年院に入っていた人でも自由に生きる権利はあります。

なので後悔せずに生きる方法を書いていきます。

 

 

少年院に入っていたとしてもやりたい事はやる

 

たとえ少年院に入った経験があったとしても自分のやりたい事はやるべきです。

人生は一度きりしかありません、なのでやりたいことをやらないと損をしてしまいます。

 

少年院に入っていたからできない、少年院に入っていたから時間がない….etc

こんな事を言っていたら人生終わってしまいます。

やりたい事、目標があるならチャチャっと達成しちゃいましょう。

 

 

少年院上がりは言い訳

 

何かと少年院上がりだから、と言い訳をして自分のやりたい事を諦めてしまう人に出会います。

少年院に入るくらいバカだから、勉強してこなかったら、頭が悪いから….etc

でも実際はやれば人間なんでもできます。

 

僕がこうしてブログを書いているのも調べまくって、勉強しまくってそして書いているのです。

何も知らない状態からでもこうして多くの人に発信できます。

なので最初から少年院上がりだからと言う理由で諦めるのはただの言い訳です。

僕にもできたのですから、あなたにもできるはずです。

ぜひ頑張ってください!!

 

 

もちゆうの感想

 

今回は少年院を出た後の生活について書きました。

後半は少年院を出た後の生活と言うよりも、少年院を出た後にどんな考え方をして生活をするかをメインで書きました。

全て僕の実体験をもとに書いているので全て信頼性があると思います。

僕はあなたが自分の夢を実現できる事を願っています。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

よかったらシェアもお願いします!!

最新記事をチェックしよう!
広告