ご覧いただきありがとうございます。ツイッターのフォロワーを増やし中です。ぜひフォローお願いします。

【元非行少年】日本にもある裏カジノの実態

みなさん、お疲れ様です!おはようございます!こんにちは!こんばんは!

もちゆうです!!

今回は日本にもある裏カジノの実態について紹介します!!

広告

1.裏カジノとは?

日本ではカジノが禁止されていて現在の日本ではカジノは表向きはありません。でも中にはそれでもカジノに行きたいと思っている人もいます。そこで出来たのが裏カジノです。(海外旅行の時とかにやれよ!って話なんですが。笑)

 

裏カジノはほとんどの人が知っているように違法です。運営している人はもちろん、裏カジノへ行っている人も違法で取り締まりの対象になります。

 

裏カジノにも種類があり海外とかにあるディラー(ゲームを進める人)が目の前にいる通称本カジとインターネットを通じて海外のカジノとビデオでつないでパソコンの画面を通じて賭けをするインターネットカジノ通称インカジの2種類があります。

 

また、裏カジノの胴元は基本は暴力団です。なので裏カジノに行く人は暴力団に資金をあげているのと一緒であり、暴力団の繁栄に手を貸していることになります。

 

僕が知っているのはインカジのみなのでインカジについて紹介します。友人からの情報なので裏カジノに行っている人からすると「そこ違うよ!」とツッコミたくなるかもしれませんがツッコンだら裏カジノに行っていることがバレてしまうので黙って読んでいてください。笑

 

※絶対に裏カジノには行かないでください。あなたの人生は終わります。

 

 

2.裏カジノのシステムは?

僕が今回紹介するのは池袋にある裏カジノです。ちなみにネットで検索しても出てきません!当たり前ですけど。笑

 

ではどうやって場所を知るのかというと、よくキャバクラのキャッチのお兄さんがいますよね?「お兄さん今日はキャバクラどうですか?」みたいな感じで話し掛けてくる人です。そんな感じで「お兄さん今日は裏(裏カジノ)の方はどうですか?」と話し掛けきます。

 

そしてそのキャッチのお兄さんに「行きたい」と言えば何か電話をしてその後に裏カジノに案内されます。裏カジノに着くと身分証を確認されます。顔写真付きの身分証か健康保険書です。多分警察官かどうか見分けるために確認するようです。身分証がなければ中には入れません。

 

身分証の確認が終わると中に案内されます。中は満喫のような感じで1つ1つの席にパソコンが置いてあり、仕切りがあります。そのブースがだいたい20個近くあります。24時間営業です。

 

裏カジノの中は飲み物は飲み放題で食べ物も食べ放題です。ただアルコール類はないようです。ちなみに入場料とかも払いません。

 

席に着くとピンポンがあり、それを押すと店員さんがきてくれてその店員さんにお金を渡します。するとパソコンの画面に渡した金額がチャージされます。紹介のチャージは3000円のボーナス付きです。ちなみに1万円からのようです。

 

できるゲームは、バカラ・ブラックジャック・ルーレット・ポーカーなどなどで基本的にカジノにあるゲームはどれでもできます。

 

賭け金はゲームによって違いますがどれも1万円あればある程度は遊べます。

 

ちなみにイカサマはありません。中国の方とネットでつながっていて本物のディラーがカジノの進行をしているので裏カジノのお店がイカサマをすることはできません。

 

カジノを終えると次は儲かったなら出金です。これはチャージの時と同じようにピンポンを押せば店員さんがきて「終わります」と言えば出金してくれます。そして最後にお店を出るときにスタンプカードをくれます。入店するたびにスタンプを押してくれて貯まると3000円分のチャージができたりします。

 

 

3.どんな人が裏カジノにいるの?

裏カジノに来る人は普通のサラリーマンから大学生、女の人もいて普通のパチンコでは満足できないギャンブラーが多く通っています。

 

有名人も通っている!なんてのを聞くこともありますが有名人はいないようです。それはそうですよね、だって通ってたらすぐに週刊誌とかにリークされます。だいたい有名人はそんなオープンなところではなく会員専用みたいなところに通うはずです。

 

中には24時間裏カジのでゲームしている人もいるようです。いったいいくらお金を使っているのか聞きたいです。笑

 

映画とかで見る暴力団風の人が裏カジノに来て勝っている人から恐喝したりとか、ヤミ金業者が入り口で待っていてお金が無くなった人も見つけてお金を貸し付けたりとかはないようです。みんな普通にカジノで遊んで儲かったり負けたりしながら帰って行くようです。

 

 

4.裏カジノにはまった人のその後

裏カジノにはまった人の話を聞けたのでSさん(32歳)を紹介しますね!

 

Sさんは普通のサラリーマンで裏カジノに通って2年ぐらいのようです。最初は友人に誘われて裏カジノへ行くことになったようです。初めて行った裏カジノで1万円が10万円になり、しかもたったの30分程度だったようです。その1回ではまってしまったSさんは次から一人でも行くようになってしまいました。

 

2度目もSさんは1万円から初めて7万円くらいまで儲かったようです。それでSさんは「俺にはカジノの才能がある」と思ったようで週に3回通うようになっていきました。もちろん勝ち続けるなんてのは無理な話で次第にSさんは負け続けていきます。

 

気づくと2年で消費者金融からの借金が1000万まで膨れ上がったようです。そもそも1000万もなぜ借りれたのかは持ち家があったからそれを担保に借りたようです。今では家も差し押さえられて会社もクビになりアパートで一人暮らしをしながら毎日ハローワークに通っているようです。

 

「家族はいなかったので家族に迷惑がかからず、まだよかった」とSさんは言っていました。

 

パチンコ依存症の人が社会問題になっているのに裏カジノなんて余計問題ですよね。そしてパチンコと違い何十万という額を一瞬で負けるし24時間営業なのであっという間に転落していきます。

 

 

5.もちゆうの感想

今回は裏カジノ実態について紹介しました。

 

もしもこの記事を見て裏カジノへ行きたいと思った人がいたらぜひ海外へ行けば合法的に本場のカジノが楽しめるので海外旅行の際に行ってください。

 

僕はシンガポールでルーレット、韓国でブラックジャックをしましたがめちゃめちゃ楽しかったで。人生で一度は経験した方がいいと思います。オススメです。

 

でも、裏カジノのは絶対に行かないでください。暴力団に資金を渡しているのと同じなだし、犯罪です。絶対にやめましょう。もしも行っている人がいるのであればやめてください。人生終わります。

 

カジノはたまに行くから楽しいのであってカジノがある国でも外国人しか入れないカジノもあります。日本でもカジノ法案がありますが、外国人のみにしないとパチンコのように依存者を作り社会問題に発展するはずです。

 

最後にもう一度言いますが絶対に裏カジノへは行かないでください!

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

コメントで質問も受け付けてます!

よかったらシェアもお願いします!!

最新記事をチェックしよう!
広告

裏社会事情の最新記事8件