ご覧いただきありがとうございます。ツイッターのフォロワーを増やし中です。ぜひフォローお願いします。

金庫泥棒からフレンチレストランのシェフ兼店長になるまで

みなさん、お疲れ様です!おはようございます!こんにちは!こんばんは!

もちゆうです!!

今回は金庫泥棒からフレンチレストランのシェフ兼店長になるまで!!宮崎くんを紹介します!!

広告

1.過去


簡単に自己紹介お願いします

 

1995年静岡県で生まれました。

 

6歳の時に父親と母親が離婚をし、おかあと兄弟二人、四人で18歳まで静岡で生活していました。

 

小学校4年生までは真面目に生活してましたが、小学校5年生になり、兄貴の友達とつるむようになり、万引き、バイクの無免許運転・窃盗を始めた。

 

中学校に上がり、先輩に誘われて兵庫県に家出をしたり、大麻を吸ったりして約10回以上の補導をされました。

 

高校へは行かず、最初は友達のパパの友達の紹介で居酒屋のバイトをし、そこから解体屋、足場屋、ラーメン屋の仕事も全て1年未満で辞めました。

 

仕事をしているかたわら16歳からお金欲しさに自販機荒らし、おやじ狩り、金庫泥棒、空き巣をしていました。

 

 

どうして少年院に入ったの?

 

金庫泥棒、空き巣で逮捕され、多摩少年院に入りました。

 

金庫泥棒は、お店や事務所に侵入し、金庫を盗み車に乗せて山へ運びバールでこじ開けました。重い金庫は持ち運べないのでその場で解体しこじ開けた。1日で一番稼いだ額は約250万ほどでした。

 

空き巣は、夜中にガラスをバールで割って家に侵入し金品を盗みました。当時は、家の住人が起きていればバールで殴ろうと考えていました。1歩間違えれば、強盗殺人になっていたかも知れない….汗

 

強盗殺人しなくて、本当に良かったと心から思いますね….

 

少年院で大変だったこと

 

少年院に入ると個室に2週間いれられるんですけど、それが一番辛かったですね。少年院に入ったことがなく審判(少年の場合だと、裁判ではなく審判と呼ぶ)の結果、少年院送致と言われた事を受け止められなかったし、こんな社会と切り離され孤独で生活すると思うとすごく辛かった。

 

あと、個室で生活している時に内観(自分を見つめ直す課題)という課題を教官に与えられて、自分のしてきた事を見つめ直していると、自分がしてしまったことの後悔や人の気持ちを考えずにしてきた行動に対し自己嫌悪に陥り、自分のしてきた事だったけど辛かった。

 

 

少年院で学んだこと

 

1つ目は、いろいろなことに対するありがたみに気付けた。

 

家族と離れて生活することによりこれまで家族と過ごしてきた時間が大切だったんだなと気づいた。

 

また、社会にいる時はご飯とかが当り前に食べれていたが、少年院に入り決まった時間にしかご飯が食べれず、空腹の時でもなにも食べられずご飯をお腹いっぱいに食べれるありがたみに気づいた。

 

2つ目は、後先を考えれるようになった。

 

社会にいる時は後先考えず捕まるつもりで非行をしていたが、少年院に入り自分が非行をすることにより悲しむ人がいると気づいて、後先を考えられるようになった。

 

 

2.現在


どんな生活をしている?

 

非行の少年の時はやることがなさすぎて非行を繰り返していたが、今はジムに通ったりキックボクシングをしたりして熱中できることを見つけた。

 

他にも、NPO法人クラージュに入りたくさんの海外旅行に連れて行ってもらったり、社会的に成功している人と接し自分の小ささを知り、視野が広がった。

NPO法人クラージュとは

 

また、守るべき人ができたり心許しあえる仲間ができたりして、充実した生活をおくっています。

 

 

仕事は何してるの?

 

現在はフレンチのお店のシェフ兼店長として働いています。

 

来てくれたお客さんに美味しいお酒と美味しい料理を提供し、気持ちよく帰ってもらうことを心がけています。

 

また、他のフレンチレストランに食べに行ったり、ワインの勉強をして美味しい料理を提供できるように日々勉強しています。それがシェフとしての役割だと僕は思っています。

 

店長としての役割は、従業員を一人前の社会人にすることだと僕は思っています。なので、日々人育てることに対しても勉強と努力をしています。

 

 

昔を振り返ってみてどう思う?

 

本当に愚かな人間だったと思います。

 

目先ことしか考えず、欲しいものがあれば盗むし、ムカつけば殴っていた。自分の思い通りにいかない人を暴力で支配して言うことを聞かせていた。

 

今思えばもっと違うやり方があるし、違う考え方もあった。ただ、当時はその方法しか知らずにたくさんんの人を傷つけたと思っている。

 

 

非行をしている時としていない時はどっちの方が楽しい?

 

していない時。

 

非行をしていなくても生活出来るし、仕事を頑張れば旅行などのイベントをより楽しめたり、仕事をすることで得られる達成感が心地よい。

 

他にも、捕まるというリスクがなくお金を稼げて彼女との安定した生活を送れる楽しさに気付けた。

 

また、非行をしている時は簡単にお金を稼げていたが今は地道に努力しないと成長できないと知った、でも、地道に努力を続ければいつか報われると思っている。またそお努力も楽しい。

 

 

非行をしたことで足枷になっていることは?

 

ありません。

 

自分が非行をしたことによっての劣等感は無いし、逆に逮捕されて少年院に入ってNPO法人クラージュに入れて良かった。このまま捕まらずに非行を繰り返していたら今頃刑務所にいたと思う。

 

また、非行を繰り返したことで遠回りだったが学ぶことが多く今後の人生に活かせると思っている。

 

 

3.将来


将来どんな仕事をしたい?

 

将来は今のお店のようなフレンチ料理屋を経営したいです。

 

ゆくゆくは店舗展開をして、多くのお店を出していきたい。そして、自分と同じような元非行少年を立派な社会人を育てていきたい。

 

 

将来の一番の夢は?

今の彼女と幸せな家庭をきづいていき3人の子供と共に暮らしたいと思っている。

 

子供が親の手を離れたら海外でゆくっりと彼女と生活をしていきたい。

 

 

それは昔から思っていた?

昔から思ってはいなかった。

 

非行少年時代は世界観が狭く地元で非行をしながら生活をしようとずっと思っていた。でも、NPO法人クラージュに来て2年ぐらい経ってから色々なところに行ったことで、海外に住んだり、たくさん旅行をしたいと思うようになった。

 

 

4.非行少年に一言


最後に更生しようと頑張ってる人たちに一言お願いします!

 

どんなことでも挑戦して失敗を恐れずに色々なことを吸収して欲しい。また、今がどんな状況でも過去のことを引きずらずに将来を前向きに生きて欲しい。

 

そうすれば、絶対に幸せになれる!!

 

あとは非行に逃げないで欲しい。辛いから非行に逃げてしまったりするかもしれないが一緒に考えてくれる人がいるからその人を大事にし、一歩立ち止まって冷静に考えて欲しい。

 

 

5.もちゆうの感想


今回は金庫泥棒からフレンチレストランのシェフ兼店長になるまでと言う題名で宮崎くんを紹介しました。

 

彼のように努力してここまで上り詰めた人は尊敬できます!!

 

 

彼の働いているこんにちワインのURLを載せておきますのでぜひ来てください!!

こんにちワイン

hikousyounennkousei

 

最後に宮崎くんのオススメの本を紹介します。

 

宮崎くんはもともと本を読むことが一切なかったでの本を読むことが苦でしたが、彼はこの本を読み本の面白さを知って人生観が変わったそうです。

 

ぜひ読んでみてください!!


夢をかなえるゾウ文庫版

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。 

コメントで質問も受け付けてます!!

よかったらシェアもお願いします!

hikousyounennkousei
最新記事をチェックしよう!
広告