ご覧いただきありがとうございます。ツイッターのフォロワーを増やし中です。ぜひフォローお願いします。

飛び込み営業でインターホンを確実に突破する方法

こんにちはもちゆうです。

 

この記事を書いている僕もちゆうはトップ営業マンとして月収100万円を超えました。

以下が証拠画像です。

 

そしてこの記事は

 

・インターホンを突破する方法を知りたい

・インターホンで断られてばかり

 

そんな疑問などを持っている人に向け書きました。

少しだけお付き合いください。

 

 

広告

飛び込み営業でインターホンを突破する方法3選

 

まずは飛び込み営業でインターホンを突破する方法をまとめました。

次の通りです。

 

・インターホンを押す前から玄関に出てきてもらう事だけを考える

・とにかく「玄関先までお願いします」と言い続ける

・粘り過ぎない【3回断られてたら諦める】

 

詳しく説明していきます。

 

インターホンを押す前から玄関に出てきてもらう事だけを考える

 

1つ目はとにかく玄関に出てきてもらう事だけを考えると言う話です。

インターホンを押す前から『絶対に契約を取るぞ!』とか『絶対に家の中に入るぞ!』とか考えないと言う事です。

 

インターホンを押す前から契約の事や家の中に入る事を考えても意味がありません。

そんな無駄な事を考えずにインターホンではとにかく玄関に出てきてもうら事だけを考えます。

まずはこの”インタホーンを押すときは玄関に出てきてもらう事だけを考える”と言う事を徹底してください。

 

とにかく「玄関先までお願いします」と言い続ける

 

2つ目は「玄関先までお願いします」と遺言い続ける方法です。

次に例をまとめました。

 

・「〇〇という者です。〇〇で来ました。玄関先までお願いします。」

・「〇〇の案内できました。玄関先までお願いします。」

・「1、2分程度で終わるので玄関先までお願いします。」

 

とにかく一言話終えたら最後に「玄関先までお願いします」と言うようにしましょう。

例えばお客さんに「うちはいらないから」と言われた場合でも「すぐ終わりますので玄関先までお願いします」と言うよう断わられても返答の際には「玄関先までお願いします」と必ず最後に言うようにしてください。

これだけでインターホンを突破できる可能性がかなり上がります。

 

粘り過ぎない【3回断られたら諦める】

 

3つ目は”諦める事も大事”と言う話です。

インターホンでいつまで粘っても玄関に出てきてくれないお客さんは多いです。

なので無駄に粘って時間を費やすよりも次のお宅に訪問した方が効率的です。

 

目安として3回断られたら諦めて次のお宅に訪問するようにしてください。

それ以上粘っても玄関先に出てきてくれる可能性は薄いです。

むしろしつこいと警察を呼ばれたり、お客さんに怒られたりしてしまって時間を無駄に使う事になってしまいます。

インターホンでは効率を重視すべきです。

 

もちゆう
インターホンでいくら粘っても無理なときはすぐに次のお宅に訪問しましょう。そういうお宅は飛び込み営業が嫌いですから。

 

広告

飛び込み営業でインターホンで絶対に言ってはダメな事2選

 

次にインターホンで言ってはダメな事をまとめました。

以下の2点を意識してください。

 

・訪問の目的や会社名を言ってはダメ

・インターホンでは一言一言区切って話す

 

詳しく説明していきます。

 

訪問の目的や会社名を言ってはダメ

 

1つ目はインターホンで訪問の目的や会社名を言っては絶対にダメです。

理由は次の通りです。

 

・訪問の目的はを言うと営業マンが来たとお客さんにバレてしまう

・会社名を言うと営業マンが来たとお客さんにバレてしまう

・訪問の目的を言うとお客さんは聞く気が失せてしまう

・会社名を言うとクレームが増えてしまう

 

などが主な理由です。

なのでインターホンでは訪問の目的や会社名を言わないようにするべきです。

もちろん聞かれたら答えるべきですがなるべく濁して答えた方がいいです。

 

インターホンでは一言一言区切って話す

 

2つ目はインターホンでは一言一言区切って話すべきです。

結論から書くと長ったらしく話をしないと言う事です。

理由は次の通りです。

 

・インターホンで長く話しても何も伝わらない

・インターホンで長く話してもお客さんは話しに飽きてしまう

 

なので「〇〇でお伺いしました。」「〇〇の件でお話があります。」などとにかく一言一言区切って話していく必要があります。

するとお客さんの耳にも話が届きやすいです。

 

もちゆう
一言一言区切って話すだけでかなり効果があり、玄関先まで出てきてくれる確率が格段と上昇するので徹底した方がいいです。

 

飛び込み営業でインターホンを突破したらやるべきこと

 

最後にインターホンを突破したらやるべき事をまとめました。

次の通りです。

 

・とにかくニコニコと対応する

・玄関先に出てきてもらったら会社名を名乗ってすぐに雑談

 

詳しく説明します。

 

とにかくニコニコと対応する

 

1つ目に紹介するのがとにかくニコニコとしている事です。

お客さんがどんな怪訝そうな顔をしていても、お客さんがどんなに不審そうな顔をしていてもニコニコと笑顔で対応する事です。

このニコニコと対応する利点は次の通りです。

 

・強張った顔の人がいきなりきたらお客さんはかなり身構えるから

・無表情よりもニコニコとしていた方がいい

・ニコニコしていた方が悪い人に見られない

 

などの利点があります。

もちろん中にはニコニコしている事が不審に感じてしまう人もいるかもしれませんが、多く人はニコニコしていれば心を開いてくれます。

ただコツとして常にニコニコとしてる事です。

 

玄関先に出てきてもらったら会社名を名乗ってすぐに雑談

 

2つ目は会社名を名乗ったらすぐに雑談をする事です。

飛び込み営業の出だしのトークは次のような感じです。

 

ピンポーン

→はい。どちらさんですか?

→〇〇と言う会社の者です。

→はい…

→〇〇についてお話に来ました。

→大丈夫です。

 

みたいな感じで話も聞いてもらえずに多くの人が断れます。

ここで話を聞いてもらう方法があります。

それが”会社名を名乗った直後に玄関先から見えた物をニコニコしながら突っ込む”と言う方法です。

 

玄関先から見える物は何でもいいです。

お客さんが飼っているペットが見えたらペットの話なんか最高ですね。

その他にも小さいお子さんがいればお子さんの話何でもいいので会社名を名乗ってすぐに営業トークを始めるではなくニコニコしながら驚いたような感じで「えっ!可愛いワンちゃんですね!!何歳ですか?」みたいな感じで玄関先から見える物に突っ込んでください。

 

そしたら少しづつ話を広げていき話が盛り上がったところで営業トークを始めてください。

すると玄関先で断られる確率が50%くらいは減ります。

 

合わせて読みたい

こんにちはもちゆうです。 この記事を書いている僕もちゆうはトップ営業マンとして月収100万円を超えました。以下が証拠画像です。 そしてこの記事は ・第一印象を良くさせるコツの方法を知りたい・[…]

 

広告

もちゆうの感想

 

今回は飛び込み営業でインターホンを突破する方法をまとめました。

どの方法も僕が実際に使って実証済みの方法です。

そしてどの方法も必ず結果が出ます。

なので必ず実行してください。

 

誰でもトップ営業マンになれる完全マニュアルを用意しました。

100部は1980円で売ります。その後は4980円に値上げする予定です。

マニュアルの購入はこちらから≫トップ営業マンになるためのマニュアル【完全版】

僕がトップ営業マンとして年収1000万円稼いだ極意が全てここに詰まっています。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

よかったらシェアもお願いします!!

最新記事をチェックしよう!
広告