ご覧いただきありがとうございます。ツイッターのフォロワーを増やし中です。ぜひフォローお願いします。

【元非行少年実録】非行少年が更生する方法

みなさん、お疲れ様です!おはようございます!こんにちは!こんばんは!

もちゆうです!!

今回は非行少年が更生する方法を紹介します!

実際に僕も元非行少年で過去はどうしようもありませんでした。

しかし今は更生して真面目に働いて普通の生活を送っています。

そんな僕の過去と現在の違いです。

 

過去の僕


・元非行少年だった
・暴走族に入っていた
・少年院に3回入った

 

現在の僕


・トップ営業マンになった
・安定した生活を送れている
・非行をしなくてもお金を得れている

広告

非行少年が更生する方法

Sea

 

非行少年が更生する方法はいくつかあります。

それを1つずつ紹介していきます。

全部僕の実体験を元に書いていますので信憑性はあります。

基本的に以下の2つを変えれば非行少年は更生します。

 

環境を変える

 

非行少年の環境はこんな感じです。

どれか1つでも当てはまるはずです。

 

・周りに非行少年しかいない

・非行をするのが当たり前の環境

・仕事をしないor続かない

・親に甘えている

・自立できていない

 

これが大まかな非行少年の環境です。

この環境を変えれば非行少年は更生します。

環境を変える具体的な方法に関しては記事を用意しましたので読んでみてください。

【元非行少年実録】非行少年が更生するための環境作り

 

定職に就かせる

 

非行少年の特徴として仕事に就いていない非行少年が多いように感じます。

また、定職に就いていたとしても仕事が長続きしない非行少年が目立ちます。

そんな非行少年を定職に就かせる方法は以下の通りです。

 

・好きな仕事をさせる

・親元から離す

・寮付きの会社に入れる

・NPOなどを上手に活用して寮などに入れる

 

好きな仕事をさせるのは難易度が高く感じますがそれ以外は難易度は簡単です。

決心さえできれば今すぐにでも行動できるはずです。

一番大事なのは親元から離すのが大事です。

理由は以下の通りです。

 

・親元にいると親に甘えてしまう

・働かなくても生活できる

・衣食住が保証されている

 

これらの理由によって非行少年は親に甘えてしまい、仕事をしなくなっも生活できる状況ができてしまいます。

なので親元から離して生活をさせて自分でお金を稼がないと生きていけない状況を作るのが非行少年が定職につくのに大切になります。

 

なぜ非行少年は非行をするのか?

 cloud

 

非行少年が非行をする理由は大きく分けると2つあります。

1個ずつ紹介していきます。

 

環境が悪い

 

環境には2種類あります。

 

・家庭環境

・その他の人間関係の環境

 

家庭環境

家庭環境が悪いと非行少年になりやすい傾向があります。

実際に僕の知り合いの元非行少年は9割ぐらいが片親です。

でも親と仲のいい元非行少年もいました。

 

その他の人間関係

その他の人間関係は家族以外の人のことです。特に友人のことを言います。

非行少年が非行をする理由で一番大きいのが友人関係です。

どんな友人が周りにいるかでその人の考え方などが決まります。

ちなみに僕の周りには非行少年しかいなくて普通の真面目な人は一人もいませんでした。

 

犯罪に依存している

 

僕もそうでしたが捕まる度に次はもうやらないと決心していました。

でも社会に出ればそんな決心も簡単に崩れていきました。

そして結果3回も少年院へ入ることになりました。

 

つまり

犯罪を繰り返す=犯罪依存症

 

犯罪をやめたくてもやめられないのです。

これは薬物依存症と同じです。

犯罪依存症にいては記事を用意しましたので読んでみてください。

 

本当に犯罪はやめられないのか?犯罪依存症を克服

 

どんな非行少年も更生するのか?

Woman walking in the snow

 

これは絶対に言えます。

どんな非行少年も確実に更生します!

更生しない非行少年なんていません!

上記の理由について書いていきます。

 

非行少年は生まれながら非行少年ではない

 

生まれながら非行少年の人は絶対にいません。

生まれた時はみんな同じです。

 

・歩けない

・泣く

・話せない

 

非行少年だけ生まれながら”非行をする”という能力が与えられるわけはありません。

非行少年が非行をするのは育ったきた環境のせいです。

 

僕が2度目の少年院で教官から聞いたいい言葉があるので紹介しておきます。

 

 

非行少年にも無限の可能性がある

 

非行少年にも無限の可能性があり、一度捕まったりしても可能性が無くなることはありません。

現代の日本では十分に元非行少年も活躍できる環境になっています。

でも大事なことが2つあります。

 

・夢を諦めない

・人生に目標を持つ

 

この2つを忘れずに生活できればどんな非行少年も必ず自分の思い通りの人生を遅れます。

仕事面に関してもそうです。

努力すれば就けない仕事をないのです。

それでもこんなことを思う人もいるかもしれません。

 

本当に僕にも可能性があるのか?

散々非行を繰り返してきたのにやりたい仕事ややりたい事ができるの?

 

そんな人のために記事を用意しました。

読んでみて下さい。

 

【元非行少年 実録】元非行少年でも無限の可能性がある

 

非行少年が更生するために周りの人ができること

Autumn leaves

 

では非行少年のために具体的に何ができるのか書いていきたいと思います。

非行少年も一人では決して更生できないので周りの助けが必要になります。

それを忘れないでください。

 

孤独にさせない

 

「非行少年を家から追い出して一人暮らしをさせたり寮に入れた方がいい」

と僕は最初に言いました。

ただ、僕も経験があるのですが、見知らぬ土地へ行くと仲間がいません。

なのでめちゃめちゃ孤独です。

すると元の非行仲間と遊ぶようになってしまいます。

その理由をいくつかあげます。

 

・人間はそもそも孤独に弱い

・休日に遊ぶ相手がいない

・SNSを見れば周りの人は楽しそうにしている

・職場と自宅の往復の毎日で刺激がない

 

これらの理由により孤独に負けて地元に帰ってきてしまい、再び非行仲間の元へ帰ったしまいます。

ちなみに僕は地元を離れて戻って非行をするというのを3回繰り返しました。

なので孤独にならないように親などの周りの人が密に連絡を取る必要があります。

また寮付きの就職先はとても有効です。

周りに人がいるので新たな仲間ができやすいです。

 

お金の援助をしない

 

お金を援助してはいけない理由はいくつかあります。

以下にあげるのが理由です。

特に大事なのは詳しく書きます。

 

・自立できない

・甘えてしまう

・お金の使い方を覚えない

 

お金の使い方を覚えない

更生して普通の生活を送る上で大事なのがお金との付き合い方です。

ここで失敗してしまう人の多くがお金がなくて追い詰められて犯罪へと走ってしまうのです。

なので、お金の使い方を覚えるためにも決してお金の援助をしてはいけません。

 

僕の場合

 

僕の場合はこんな感じで周りに協力してもらいました。

 

・NPO法人クラージュに入ったことで仲間ができた

・仕事も与えてもらった

・生き方を教えてくれる人がいた

・安定して給料をもらえた

 

これらの理由によって仲間ができて今の安定した生活を送れています。

結局は周りの協力がないと僕もここまで来れませんでした。

やはり人は一人では生きていけないのですね。

 

もちゆうの感想

今回は非行少年が更生するために大事なことを書いてきました。

この記事に書いてあることはどれも大事ですがその中でも孤独にならないというのがとても大事になってきます。

なので孤独にならないように配慮をしてあげると更生へとスムーズに進むと思います。

最後まで読んでくれてありがとうございます。

よかったらシェアもお願いします!!

最新記事をチェックしよう!
広告