ご覧いただきありがとうございます。ツイッターのフォロワーを増やし中です。ぜひフォローお願いします。

【元非行少年実録】非行少年が非行をする原因4選

みなさん、お疲れ様です!おはようございます!こんにちは!こんばんは!

もちゆうです!!

今回は”非行少年が非行をする原因4選”を紹介します。

僕の経験談を交えながら書いていきますので僕の簡単な経歴も書いておきます。

 

高校を3ヶ月で中退
15歳で暴走族に入る
15歳で喜連川少年院に入る(1年半)
17歳で東北少年院に入る(1年間)
19歳で久里浜少年院に入る(1年間)
現在は更生してトップ営業マンに

 

広告

非行をする原因は環境

森の中にある階段

 

非行少年が非行をする原因は環境であることが大きいです。

僕が非行に走った理由として環境が大きかったです。

そして環境が変わった今は更生して真面目に生活を送れています。

 

どんな環境が少年を非行に走らせるのか

 

少年を非行に走らせる環境とは大きく分けると5種類です。

 

・親が子供に甘い

・周りに非行少年の友達が多い

非行が当たり前の状況になっている

・すでに1度でも非行をしている

・少年に向き合ってくれる人が誰もいない

 

この中でも特に大事なところいくつかをピックアップして解説します。

 

周りに非行少年の友達が多い

非行少年の多くが周りに非行を一緒にする友達がたくさんいます。

また、非行をしていると仲良くしてくれる友達も普通の人がいなくなってしまい、残るのは一緒に非行をする友達だけとなります。

なので非行がより加速してしまうのです。

 

少年に向き合ってくれる人が誰もいない

向きってくる人はとても大事です。

非行を繰り返して行くと誰も少年と向き合ってくれなくなります。

これでは少年は孤独になる一方です。

なので非行仲間のところへ行ってしまうのです。

 

非行少年をこれ以上非行に走らせないための環境の作り方

 

先に言っておきますが非行少年を非行に走らせないようにするための環境作りは大変です。

絶対に親だけの力では無理で、仕事をしているのなら職場の人、学校へ行っているのなら学校の人の協力が必要になります。

 

・非行仲間と切り離す

・仕事や学校へ行かせる

・自立させる

・親子の会話をする

・どんな行動も見逃さないようにする

 

基本的に上記のことができていれば非行をしない環境作りができます。

もっと詳しく知りたい人は専用の記事を用意したので合わせて読んでみてください。

 

【元非行少年実録】非行少年が更生するための環境作り

 

非行をする原因は愛情不足

プレゼント

 

非行をする原因として親の愛情不足が大きいと言われることが多いです。

そして親のしつけがなっていなかったともよく聞きます。

どちらも非行に走る原因ではありますが、親の愛情不足が大きいです。

 

非行をする少年は片親が多い

 

これは僕の実体験ですが、僕が昔付き合っていた非行仲間のほとんどが片親でした。

両親がいると非行仲間は少なかったです。

では片親だとなぜ非行に走りやすいのか理由をいくつか書きます。

 

・片親だと子供に目が届きにくい

・片親だと子供と接する時間が少なくなる

・片親だと子供の少しの変化が気づきにくくなる

 

主な理由は上記の通りです。

こちらに関しても詳しい記事を用意したので合わせて読んでみてください。

 

【元非行少年 実体験】非行少年の家庭環境の実態

 

少年との会話を増やすことで愛情不足を軽減させる

 

愛情不足をゼロにするのは到底無理です。

非行に走っていない家でも愛情が不足している家も多くあります。

決して完璧は無理なのです。

なので完璧にしようとせずに参考程度にしてください。

 

・1日の報告をし合う

・仕事の悩みを自ら聞いてあげる

・とにかく自分から話しかける

・一緒に出かける

 

この中でも大事な部分をピックアップして解説します。

 

1日の報告をし合う

1日の報告をし合うのはとても大事なことです。

子供がどんな状態なのか確認できるし、子供の考え方を知ることもできます。

何より、小学校の頃とかにやっていた事だと思います。

宿題がどうとか、学校で先生に怒られたとか、同じような事です。

子供と親の距離を縮めるのに大事な事です。

 

一緒に出かける

子供と一緒に出かける時間が無いと言う人も無理してでも作ってください。

どんな非行少年であっても親と出かけるのは好きです。

なので子供と一緒に出かけて、親子の時間を十分に作ってください。

 

非行をする原因は周りとの劣等感

劣等感

 

非行少年は普通の人よりも劣等感を感じやすいです。

なので周りと比べると自分が劣っていると思ってしまい、その劣等感を隠すために非行に走ることがあります。

 

なぜ非行少年は劣等感を感じると非行に走るのか

 

非行少年は普通の人よりも感受性が豊かです。

また、自分と周りの人を比べてしまうことが多いです。

それによって劣等感を感じてしまい、その劣等感を隠すために非行に走ることがあります。

劣等感を感じると非行に走る理由としては

 

・周りの人より劣っているのが嫌い

・劣っているのを隠すために自分を強く見せたい

・劣っているのを隠すために目立ちたい

 

基本的には上記の理由で非行少年は劣等感を感じて非行でそれを隠そうとします。

感受性が豊かな面がやはり大きいかもしれません。

 

劣等感をバネに変えてあげる

 

劣等感はとても強いバネになります。

僕自身も強い劣等感を感じていましたが、そのおかげで強いバネができて営業マンとしても成功できました。

そして劣等感をバネに変えることができると人生が180度変わるのでぜひオススメです。

その劣等感をバネに変える方法をぜひ教えてあげてくださいい

 

・劣等感は悪いことではないと認識させる

・劣等感を感じるなら周りを見返すと教える

・劣等感を感じないと成長できないと教える

 

劣等感にを克服するには難しいところがありますが、ぜひ教えてあげてください。

劣等感を強さに変えられたら一生使えるので根気強く教えるべきです。

 

非行をする原因は大人への反抗

バスケットボール選手

 

大人への反抗も非行に走る原因の1つです。

大人への反抗と聞いてもピンとこないと思うので詳しく解説します。

 

大人に反抗する理由

 

そもそも反抗する理由なんてものはありません。

でも反抗してしまうのです。理由は

 

構って欲しいからです。

 

非行少年は基本的に寂しがり屋で、一人で居たりするのが苦手です。

なので自分に目を向けてもらうために非行に走って大人を困らせるのです。

少年院では実際に教官を困らせようとする少年が多かったです。

みんな自分に目を向けてもらいたいのです。

 

非行をしなくても見てるのを伝える

 

非行少年は非行をして自分に目を向けるようにします。

なので非行をしなくてもちゃんと見てるというのを伝える必要があります。

伝え方はなんでもいいです。

 

手紙でも言葉でもラインでも、なんでもいいのでしっかり伝えてあげましょう。

 

これも愛情に繋がります。

 

その他の方法で、非行少年次第ですが仕事なんかを頑張って職場の上司などに認めてもらえると自分い目を向けてくれると感じます。

すると仕事にのめり込み、非行から自然と足を払います。

ちなみに僕は営業の仕事だったので契約を取れば取るほど周りに認めてもらえたので非行のことなんて考える暇もなくひたすら仕事に熱中していました。

 

もちゆうの感想

今回は非行少年が非行をする原因について4つ紹介しました。

どれも実体験を元に書いてあり、足りないところは周りの元非行少年に聞いて書きました。

なのでぜひ実践してみてください。

必ず役立つはずです。

 

そして非行する原因を潰してもまた新たに原因が出てきてしまったりもします。

これは根気強く取り組んでいくしかありません。

最終的には突き放すのも手だと思います。

いつまでも親の目の届くところでは少年も甘えてしまうのでどうしてもダメな時はぜひ躊躇するかもしれませんが突き放してみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでくれてありがとうございます。

よかったらシェアもお願いします!!

女性が夕日に向かって天を仰いでいる
最新記事をチェックしよう!
広告