ご覧いただきありがとうございます。ツイッターのフォロワーを増やし中です。ぜひフォローお願いします。

犯罪者という生き方を卒業【少年院に3回入った分かったこと】

みなさん、お疲れ様です!おはようございます!こんにちは!こんばんは!

もちゆうです!!

 

この記事を書いている僕もちゆうは少年院に3回入りました。

そしてこの記事は僕が実際に犯罪者として生きてきた過去を振り返っていきます。

 

 

・これまでどんな生活を送ってきたのか

・なぜ犯罪を犯したのか

・なぜ立ち直れたのか

 

 

そんな事に絞って書いていきます。

少しだけお付き合いください。

 

 

広告

僕、もちゆうの過去

 

『誰だよこいつ!』

なんて思う人が多いと思うので僕がどんな人か過去から現在に至るまでをまとめました。

NG一切なしです。

 

誕生〜中学生まで

 

僕が生まれてから中学生までにどんな生活を送っていたか書いていきます。

かなりリアルで、ショッキングな内容となっているので心して読んでください。

 

 

1996年2月10日に静岡県富士市にて誕生

→その後両親が離婚し親父のもとに引き取られる

→3歳の頃突然、母親が僕を迎えに来て母親と僕の2人暮らしが始まる

→母親が僕を引き取るもまともな子育てができなかった(当時母親は風俗で働いていたらしい)

→5歳の頃母親が突然いなくなる

→その後母方のお婆ちゃんに引き取られて殴る蹴るの暴行を受ける

→それを知った母方のひいお婆ちゃんが僕を引き取る

→その後突然消えた母親が僕を引き取り、京都へ行き母親の新たな結婚相手の義父と生活を始める

→小学校2年生くらいまで生活するも再び母親が消えてしまう

→その後母方の叔母に引き取られ東京で生活を始める

→そこでも虐待を受ける(灯油を書けられて火をつけられそうになったり、真冬にベランダに出されて枕1つだけで寝ろと言われたなどなど)

→それを見かねた父親が僕を引き取りにくる

→その後山梨県にある養護施設で生活を始める

→小学校から中学生まで万引き喧嘩をひたすら繰り返す

→中学3年生で親父に引き取られ養護施設を出る

 

 

中学生まではザッとこんな感じです。

 

『本当かよ!?』

『嘘くせ』

 

なんて声も聞こえてきそうです。

でも本当に僕はこんな感じの人生を送ってきました

 

高校生〜現在まで

 

中学を出た僕は一応高校へは行くことができました。

しかしここからが荒れた生活を送る事になります。

 

 

高校へ入学

→高校に入って1ヶ月でタバコがバレて自宅謹慎1週間

→謹慎が解けて半月後に再びタバコがバレて無期限の自宅謹慎

→無期限の謹慎中にバイクの窃盗、レジ(お店で使うお金が入っているやつ)の強盗

→高校退学(この時高校へ入学してだいたい3ヶ月くらい)

→高校退学した後、暴走族に入る(15歳)

→暴走族に入り、喧嘩、恐喝、窃盗、無免許運転、集団暴走などの数々の犯罪を繰り返す

→15歳の冬に初めての逮捕

→喜連川少年院に入る(ちなみに審判の際に親父は「少年院に入れてくれ」と裁判官に言った)

→約1年半、喜連川少年院での生活を送った後、出院(17歳)

→喜連川少年院を出院後、暴走族をやめるもの再び喧嘩、恐喝、窃盗などで逮捕

→東北少年院に入る(17歳)

→約1年、東北少年院で生活を送った後、出院(18歳)

→東北少年院を出院後、5ヶ月ほどは仕事をするも、会社の社長と喧嘩になり会社を辞める

→その後、窃盗団を作り全国を周り逮捕

→久里浜少年院に入る(第2種少年院送致、昔で言う特別少年院送致、19歳)

→約1年、久里浜少年院で生活を送った後、出院(20歳)

→久里浜少年院を出院後、現在もお世話になっているNPO法人クラージュに引き取ってもらう

→クラージュの子会社で営業の仕事を始める(21歳)

→営業の仕事を始めて3ヶ月でトップ営業マンとなる

→同じ境遇の人に希望を与えたいと思いブログ運営を開始(22歳)

→各種メディアに出演(23歳)

→現在に至る

 

 

色々と起きすぎたので、少し割愛しながら重要なところだけまとめました。

 

僕がこうして過去をさらけ出すのは、自慢でも、承認欲求でもありません。

ただ僕の過去を書いて『こんな人も実際にはいるよ』と知ってもらいたいです。

 

両親がいて、毎日当たり前のようにご飯が食べられて、頼れる人がいる、そんな人からすると漫画のような人生を僕は送っているかもしれませんが、現実です。

ただ知ってもらいたくて書きました。

 

広告

なぜ犯罪を犯したのか?犯罪をする理由

 

僕の過去が分かってもらえたと思います。

なので次は僕が犯罪を犯してしまったのか書いていきます。

 

犯罪を犯した理由を2つに分けました。

それぞれ説明していきます。

 

お金が全てだと思っていた

 

当時の僕の考え方は『金が一番、金さえあればなんでも手に入る』そう思って、犯罪を繰り返していました。

 

当時の僕の大切なものランキングをまとめました。

 

 

1位:お金

2位:楽しさ

3位:仲間

圏外:家族

 

 

このようにお金が何よりも大切だと思っていました。

しかし、17、18歳の子供が大金を稼ぐのは不可能に近いです。

そこで目つけたのが手っ取り早く稼げる犯罪でした。

 

しかも、当時は暴走族つながりで周りには悪い仲間しかいませんでした。

そして日常的に犯罪が行われていたので犯罪を犯す事に抵抗がなく、逆に周りの悪い仲間から犯罪を誘われたりしました。

なので犯罪をいつでも犯せる環境が整っていたのです。

 

俺は犯罪者として生きていくと決めた

 

初めて少年院に入った時は『二度と少年院になんて入りたくない!』そう強く思っていました。

ただその気持ちも長く続かず、合計で少年院に3回入ることになります。

 

そして2回目の少年院に入ったぐらいからある事に気付きました。

『俺は大人になっても刑務所に入ったりするだろう。一生犯罪者として生きていくしかない』

そう気付きました。

 

なので2回目の少年院を出た後も窃盗団を作って全国を周っていたのですが、仕事と同じでした。

『一生犯罪者として生きていく覚悟はできた。だったら短期間で大金を稼いでやる』

そう思っていました。

 

犯罪を犯して生きていく、そんな人生が僕の人生だと本気で思っていました。

 

少年院に3回入った僕が立ち直ったきっかけ

 

こんな僕でも立ち直るチャンスが訪れます。

ここでは僕が立ち直れた理由を大きく分けて2つに絞って書いていきます。

 

人生を変える出会いと、僕に訪れた大きなチャンス

 

『人生を変える出会いなんてよく聞く話じゃん』

なんて思うかもしれません、しかし人生が変わる時は出会いが大きいです。

 

そんな僕に訪れたチャンスは3回目の少年院を出た後です。

僕は少年院を出ても身元を引き受けてくれる先がありませんでした。

なので以前から知っていたNPO法人クラージュに引き受けをお願いしました。

そこで僕の人生が変わりました。

 

クラージュでは年に3回ほど国内、海外と旅行へ出かけます。

そんな初めての海外旅行、自分の小ささを知りました。

 

僕は地元からほぼ出たことはありません。

唯一あるのは窃盗団を作った時くらいです。

そんな僕がいきなりの海外旅行です。

 

言葉も通じない、文化も違う、習慣も違う、ご飯も違う、自分よりヤバイ人もいる…

僕は『これが世界か!!』

と感動しました。

 

そこで気付いたのです。

僕の生きてきた世界はどれほど狭かったのか…と

自分の小ささ、世界の広さ、すごい奴がたくさんいる、世界には楽しいことが溢れている、そんな希望を僕は初めての海外旅行で感じたのです。

 

そして夢を持ちました。

『絶対に海外に住んでやる!』

そう強く心に決めました。

 

その頃には犯罪なんて頭になく、旅行に仕事、遊びと忙しく生活していました。

そもそも”犯罪をする”こと自体を忘れていたのです。

 

失うものの多さに気付いた

 

そんな感じで忙しい生活を送っているとふと気付いたのです。

『犯罪を犯すと、僕には失うものがたくさんある』

つまり守るべきものができたのです。

 

『家族』『自由』『立場』『お金』『彼女』『仲間』

全て失ってはいけない大事なものです。

 

この時に僕はさらに気付いたのです。

『お金よりももっと大事にすべきものがある!』と。

 

それから僕が自分に誓ったことがあります。

『同じような境遇の人に希望を与えよう!』

これが僕の人生で、償いだと思いました。

なので現在はブログを中心に発信に力を入れて、無料で数多くの相談に乗っています。

 

チャンスは平等、でもチャンスをつかむのは自分次第

 

最後に僕が今までの経験で大事だと思った事を書いて終わります。

 

題名をを読めば分かるように、チャンスは平等です。

しかし、チャンスをつかむかどうかは自分次第です。

 

例えばこんなチャンスがあります。

 

 

誰かにかけられた言葉

親に怒られたこと

仲間に言われた言葉

失ったもの

得たもの

 

 

これ以外にもたくさんチャンスはあります。

しかし、自分がそのチャンスをつかめる環境、状態、考え方になっているかどうかです。

 

斜に構えて、世間の恨み、親の恨み、などなどを言ったり思っていてはいつまでもチャンスはつかめません。

そもそもチャンスに気付けません。

 

なので大事なのは、過去の事(例えば虐待された事など)をいつまでも根に持たず、一度割り切ってしまう事です。

過去は過去、今は今、いつまでも過去にこだわっていても先には進みません。

むしろ後退する一方です。

 

だから、チャンスをつかんで自分の人生を変えるためにも過去は全て捨て去るべきです。

周りの人から足を引っ張られる人生なんて自分の人生ではありません。

自分の人生を生きるべきです。

 

なので過去を全て捨てて、新しい自分を生きよう!

 

広告

もちゆうの感想

 

今回は僕自身の事について書いてきました。

同じような経験をした人もいれば、『本当に?』と疑いたくなるような非現実的な人もいるかもしれません。

ちなみに僕の彼女は『漫画みたい。笑』って言ってました!

人それぞれ大変な事はあるかもしれませんが、少しでも皆さんの明日からの活力になれば嬉しいです。

そして、よかったらコメントで感想も教えてください!

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

よかったらシェアもお願いします!!

最新記事をチェックしよう!
広告