ご覧いただきありがとうございます。ツイッターのフォロワーを増やし中です。ぜひフォローお願いします。

【元非行少年 実録】大麻とは?

  • 2019年3月20日
  • 2019年3月30日
  • 大麻

みなさん、お疲れ様です!おはよIうございます!こんにちは!こんばんは!

もちゆうです!!

今回は大麻とは何かについて紹介します!

広告

1.大麻とは何でできているの?

大麻と聞いて一番初めに思い浮かべるのがこの形の葉っぱだと思います。

Cannabis

よく見ますよね?でも実際大麻を使う人はこの葉っぱを使う人は少ないです。

大麻はアサの花を乾燥させて作られた物です。葉っぱじゃなくて花なの?って思う人が多いかもしれません。でもそうなんです。

大麻の花にはTHC(テトラハイドロカンナビノール)という成分が多く含まれていて、このTHCという成分がキマる成分なのです。

THCについての記事を用意しましたので気になる人は読んでみてください。

大麻に含まれるTHCとは

大麻の花を乾燥させた物をパイプなどを使って煙で吸ったり、食べたりして使います。

また、大麻と聞くと隠語を思い浮かべる人もいるかもしれません。日本ではガンジャ葉っぱなんて呼ばれ方が主流です。海外ではハシシと呼ばれています。

こうやってカッコイイ隠語が大麻にはついているので大麻をカッコイイ物だと思って使用する人もいます。でも絶対にダメです!!

もし大麻の使い方が木になる人がいたら下の記事を用意しましたので読んでみてください。

大麻の使い方4選【元非行少年】

 

2.大麻を使った時の作用とは?

大麻を使った時の作用は多くあります。人によってはどれかが表れないということもあります。

大まかな作用は記事を用意しましたので読んでみてください。

大麻の作用8選【元非行少年 実録】

大麻にも種類がある!?

大麻にはアッパー系とダウナー系の2種類があります。基本的にはダウナー系です。

アッパー系は言葉のニュアンスどうりハイテンションになります。でも日本での流通は非常に少ないです。

ダウナー系は全部が面倒になり、家に引きこりたくなります。もちろん高揚感も得られますが眠くなったりして、動くのが嫌になります。

人によって作用は違うので一概には言えません。

 

 

3.日本にも大麻がたくさんあるとは?

大麻は外国で採取されるのがほとんどですが日本にもあります。

北海道の方に行くと通称『どさんこ』と呼ばれる大麻が自生しています。ただ質が悪くそれを商用目的で利用する人や自ら吸う人は少ないようです。

また大麻は七味にも含まれています。こちらの記事に詳しく書いています。

大麻は七味にも入っている!?

大麻を育てた人から聞いた話

大麻が大好きで自宅の押し入れで栽培して逮捕された人から聞いた話を紹介します。

大麻1年草で1年間かけて成長します。トマトと一緒ですよね。

基本的に大麻は雑草なので生命力が強く、育てるのは簡単なようです。

大水耕栽培という栽培方法で育てており、1日で約2リットルぐらいの水が必要になり、水に色々と液体を混ぜて育てていき。一番は愛情が大事のようです。

また大麻は受粉させては意味がないので受粉させないように雄しべを刈り取る必要があり、受粉していない雌しべにはTHCというキマる成分がたくさん含まれているようです。

 

4.大麻は違法です!!

大麻は合法な国がいくつかありますが日本では違法です。絶対にやらないでください。

どうしても大麻をやりたい方は合法な国へ行ってやってください。

よく大麻はタバコよりも依存性がないとか、タバコの方が体に悪いと聞きますが、これは事実です。

でも日本の法律では禁止されており、一度でも法を犯すと犯罪をすることへの抵抗感がなくなります。

なので大麻をやっていくうちに大麻つながりで知り合った人から覚醒剤を勧められ、犯罪をすることへの抵抗感が薄れたことによって覚醒剤に手を出してしまう。なんてことも聞きます。

絶対に大麻に手を出すのはやめてください。犯罪です!!

 

5.もちゆうの感想

今回は大麻にとは何かについて書きました。

この記事を読んでくれたら大体の大麻の事情について知ることができたと思います。

この記事で大麻に関心を持った人もいるかもしれません。どんなことが起こるのか気になった人がいるかもしれません。

ぜひ合法の国へ行って大麻をやってください。

最後まで読んでくれてありがとうございます。

よかったらシェアもお願いします!!

最新記事をチェックしよう!
広告

大麻の最新記事8件