ご覧いただきありがとうございます。ツイッターのフォロワーを増やし中です。ぜひフォローお願いします。

ビジネス書を読んでもお金持ちになれない【1万冊本を読んで考えた】

みなさん、お疲れ様です!おはようございます!こんにちは!こんばんは!

もちゆうです!!

今回は”ビジネス書を読んでもお金持ちになれない【1万冊本を読んで考えた】”を紹介します。

 

以前に僕はこんなツイートをしました。

このツイートについて深掘りしていきます。

 

 

広告

ビジネス書を読んでもお金持ちになれない理由

本棚に本が並んでいる

 

ビジネス書を読み漁っている人は多いと思います。

そしてランキングで1位を取るのはビジネス書です。

でも一向お金持ちは増えません。その理由を書いていきます。

 

ビジネス書を読み漁って成功の裏技を探している

 

ビジネス書を読んだことのある人なら分かると思いますが成功の裏技みたいなのは書いてありません。

でも、成功の裏技を探すかのようにビジネス書を読み漁る人が多いです。

それはなぜか?

 

・成功している人は何か特別なやり方をしている

・成功している人の考え方を真似れば自分も成功できると思っている

・人生にもゲームで起こるようなバグがあるのではないかと思っている

 

もちろん上記以外にビジネス書を読み漁る理由がある人もいると思います。

その理由が成功の裏技探しになっていないか考えてみてください。

成功に裏技はありません。いつまでも裏技を探していても成功できません。

 

ビジネス書を読んで満足している

 

ビジネス書を読んで満足している人も多いと思います。

ビジネス書を読み終えた後にこんなことを思いませんか?

 

・読み切った達成感があるな

・よし明日から頑張ろう

・やっぱり成功している人はすごいな

・刺激になるな

・面白い考え方だな

 

上記のようなことを思うことは間違いではありません。

ただ、せっかくお金をかけてビジネス書を買ったのにもったいないなと思います。

それは、ビジネス書を読み終えるのゴールになってしまっているからです。

本来はビジネス書を読んだあとの行動が大事なのです。

読んでも成功はできません。読んで行動して初めて成功するのです。

 

そもそもビジネス書を買って満足している

 

これは本を買っただけお金の無駄です。

よく何かの勉強を始めるときに参考書を買って満足してしまい、勉強が全く進まないなんて人がいると思いますがそれとまったく同じです。

ビジネス書を買ってこんなことになっていませんか?

 

・ビジネス書を買って読んだ気になる

・読んでいないビジネス書が本棚にある

・目次を見ただけで読んだ気になる

・100ページくらいしか読まない

・ほとんど読んでもないのにその本を友達にオススメする

 

ビジネス書は不思議で買っただけで読んだ気になったり、本屋さんで軽く立ち読みをしただけで読んだ気になったりします。

もちろん合わないと思ったら読むのをやめて次の本を買ってもいいと思いますが、毎回それでは本を読んでも何も身に付かなくなってしまいます。

 

ビジネス書を買い漁るのをやめよう

本が宙を舞っている

 

ビジネス書を買って読んだ気になっているなどと先程は言いましたが、そもそもビジネス書は読み漁る必要はありません。

ビジネス書を何十冊も買うよりも成功したりお金持ちになるためにもっと有意義な方法があります。

 

ビジネス書を買い漁るくらいなら技術書を買うべき

 

ビジネス書を買うくらいなら技術書を買うべき理由は以下の通りです。

 

・ビジネス書よりも技術書の方がお金を稼げる

・ビジネス書よりも技術書の方が自己投資できる

・ビジネス書よりも技術書の方が身に付く知識が増える

 

大きく言うと上記の理由によりビジネス書よりも技術書の方がいいです。

プログラミングの技術書でもいいし、投資の技術書でもいいです。

ビジネス書よりもお金に必ず直結します。

 

それでもビジネス書が欲しいなら思想書か自伝を買うべき

 

それでもビジネス書が読みたいのなら思想書か自伝を買うべきです。

思想書には書いた人の考え方がたくさん詰まっています。

また、自伝ならその人の生き方が細かく書いてあり、どんな考え方で生きてきたか、どんな行動をしてきたか書いてあります。

自伝は特にそうですが、大きなことを成し遂げた人しか自伝を基本的に書かないので成功の考え方が詰まっています。

オススメの本は下記で紹介します。

 

本を1万冊読んできたもちゆうのオススメの本3選

 

本の紹介なので興味ない人はぜひ飛ばして次の章を読んでください!

 

圧倒的にオススメの本は

スティーブ・ジョブズの自伝です。

スティーブ・ジョブズは言わなくても知れているアップルの創始者です。

あそこまで大きな企業を作り上げたジョブズの考え方や行動についてはかなり勉強になります。

もしもクリエイティブな生き方をしたい人、何かを成し遂げる情熱を持ちたい人にはオススメです。

上下巻あるので上巻だけ載せておきます。

 

次にオススメなのがデール・カーネギーの”道は開ける”と言う本です。

これは有名な本で知っている人も多いかもしれま。

この本は多くの人にオススメしたいです。

もしも何か目標を持っている人がいれば、この本はあなたに目標を達成する勇気と情熱を与えてくれるはずです。

この本を読んだあなたは今からでも行動したくなるはずです。

 

 

最後に紹介するのは”成功はゴミ箱の中に”という本です。
この本はレイ・クロックと言う人の自伝になります。
名前の聞いたことのない人がいるかもしれませんが、マクドナルドをほとんどの人が知っていると思います。
そのマクドナルドを創業したのがこのレイ・クロックです。
本当に成功したい人は必ず読むべき本になります。
この本を読むと今までの仕事に対する考え方が大きく変わります。
仕事に本気になれない人、転職を考えている人にはオススメです。

ビジネス書を捨てて行動しよう

空白の本

 

結果として僕が言いたいのはビジネス書を捨てて行動することです。

ビジネス書を何十冊も読んでも行動しなくては昨日も今日も明日も変わりません。

なので大事なのは行動です。

 

ビジネス書はモチベーションをあげるもの

 

ビジネス書はモチベーションアップにはとても良本です。

でもモチベーションアップしても行動できなければ意味ありません。

モチベーションをアップさせてすぐに行動に移しましょう。

こんな感じです

 

1、ビジネス書を読み終える

2、モチベーションが上がる

3、読んだビジネス書を捨てる

4、圧倒的な行動力で行動する

 

ビジネス書を捨てて行動するか成功する

 

当たり前のことですがビジネス書を読んでそのままの人が多いの最後に書いておきます。

読むだけで成功していれば成功者は世の中に溢れています。

ビジネス書を読んで行動する人はほんの一握りです。

なのでビジネス書をいくら読んでも成功しない人が多いのです。

 

言い換えればビジネス書を読んで行動すれば一握りの人間になれる

ビジネス書を読んで行動するだけで一握りの人間になれます。

それは多くの人がビジネス書を読むだけで終わっているからです。

行動するだけでも希少価値の高い人間になれます。

 

行動すれば明日は変わるが、行動しなければ明日も今日と同じ

ビジネス書を読んでも行動しなければ明日は今日と同じです。

つまり、何も成長しないのです。

少しでも明日を変えたいのなら行動することが大事です。

 

もちゆうの感想

今回はビジネス書について書いてきました。

今までに1万冊以上の本を読んできましたが、正直ビジネス書に書いてある内容はどれも同じような内容です。

その中でもどのビジネス書にも共通しているのが行動することです。

あなたが今から行動して明日を変えられることを願っています。

最後まで読んでくれてありがとうございます。

よかったらシェアもお願いします!!

最新記事をチェックしよう!
広告