ご覧いただきありがとうございます。ツイッターのフォロワーを増やし中です。ぜひフォローお願いします。

僕がお世話になっるNPO法人クラージュ

 

【青少年に明るい未来を】

 

NPO法人クラージュは、少年院等の矯正施設に収容された青少年が、退院後円滑に社会復帰できるよう、彼らに適切な生活環境を提供することを主たる目的とし設立致しました。

 

再び社会に出て、これから着実な人生を歩んで行こうとする青少年に、私たちの活動によって、彼らが将来遭遇するであろう困難に打ち勝つための勇気を持って欲しい。そのような思いから、法人の名称を、勇気を意味するフランス語であるクラージュとしました。

 

どうか皆様の深いご理解と熱いご支援をお願い致します。

 

 

【特定非営利活動法人クラージュの活動内容】



少年院等の矯正施設に収容された青少年のほとんどは、退院後、家族や知人の下で社会復帰することになりますが、中には適当な引受人がない者もいます。そんな彼らが、退院後、直面するのが、身元保証、住居の確保、心のケア等です。
1.住居の斡旋
2.就労支援サポート
3.心のケア
以上をサポートするのが、クラージュの活動です。


1:住居の斡旋
2014年1月、クラージュは青少年育成の為、東京・杉並にケア施設(寮)を設置しました。寮名は「至誠館」。吉田松陰の言葉で「誠を尽くせば、願いは天に通じる」という意味の四字熟語「至誠通天」からつけられた名称です。定員20名。
寮ではひとつ屋根の下、規則正しい生活をし、皆一緒に食事をし、温かい団らんを持ち、寮生がまるで家族のように過ごせる生活環境も提供したいと考えております。
【 至誠館 〒165-0027 東京都中野区野方2-54-5 】


2:就労支援サポート(訓練、斡旋)
社会復帰の第一歩が働くということです。一所懸命働いて、その結果報酬を得て生活の糧にする。そんな経験によって、彼らは周囲の人たちに対して、きっと感謝の気持ちや愛情を持つようになるはずです。クラージュは彼らの働きたいという気持ちを大切に、就労に至る相談、職業訓練、職場斡旋などの支援サポートをしています。


3:心のケア
社会の一員として幸せな人生を送り、立派な社会人として巣立って欲しい。それがクラージュの願いです。しかし、それに至るまでは数々の困難があるでしょう。困難に打ち勝つ勇気が持てるように、クラージュは心のケアも忘れません。クラージュ理事のひとり、明星大学 人文学部心理学科 竹内康二准教授の下、万全のケアを心がけています。

 

 

【就労支援について】


クラージュは青少年のために、職業訓練、職業斡旋などの就労支援を行っております。しかしながら、彼らを取り巻く職場環境は十分なものとはいえません。
彼らに職場のご提供やご紹介をいただけませんでしょうか?クラージュと就労を御支援頂ける方々とが一体となって、未来の社会を支える人材を育成したいと思います。どうぞ、就労の御支援をお願いいたします。

 

実際に僕がクラージュで生活した感想を書きましたので興味ある人は読んでみてください。

NPO法人クラージュで生活した感想